専ら軸馬 穴馬 2021 データ 血統 予想

【2021 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:2021

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

富士ステークス(2021)の予想です。

昨年からG2へ格上げされたマイルCSの前哨戦。
昨年は12頭立てと少なかったですが、今年はほぼフルゲート、各路線から好メンバーが揃ってくれました。

展開としては、逃げたレースで3勝を上げるバスラットレオンがレースを引っ張っていくとみています。ガンガン飛ばして逃げる馬ではないですが、他にも先行馬はまずまず揃った印象なので、平均ペース以上には流れると想定しました。
金曜日の雨がどれくらい残るか、傾向は読みづらいものの、展開としてはやや差し馬有利な流れになるとみて、末脚堅実なあの馬を中心に置いて勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

富士ステークス(2021)のデータ分析です。

本日は、該当馬は少ないながらも出走があればほぼほぼ馬券になっている複勝率50.0%の好走データについて取り上げたいと思います。
まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

菊花賞(2021)のデータ分析です。

先週の秋華賞同様、今年は阪神開催となります。そんな秋華賞は全てが期待通りとはいかなかったですが、過去のデータからいくつか連動はあったと思います。
ということで今週の菊花賞も同様に、京都開催時の過去10年から注目したいデータを3つほど見ていきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は富士ステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アルジャンナ牡456.0kgC.ルメール
サトノウィザード牡556.0kg戸崎圭
サンライズオネスト牡456.0kg丸山
ザダル牡556.0kg石橋脩
ソーグリッタリング牡756.0kg三浦
ソングライン牝352.0kg池添
タイムトゥヘヴン牡354.0kg柴田善
ダーリントンホール牡456.0kg横山武
ダノンザキッド牡354.0kg川田
ハッピーアワー牡556.0kg
バスラットレオン牡355.0kg坂井
フォルコメンセ556.0kg大野
ボンセルヴィーソ牡756.0kg
マイラプソディ牡456.0kg武豊
ラウダシオン牡457.0kgM.デムーロ
ロータスランド牝454.0kg田辺
ワグネリアン牡657.0kg福永

以上17頭が登録。全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は菊花賞(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アサマノイタズラ牡357.0kg田辺
アリーヴォ牡357.0kgM.デムーロ
エアサージュ牡357.0kg藤岡佑
オーソクレース牡357.0kgC.ルメール
グラティアス牡357.0kg松山
シュヴァリエローズ牡357.0kg
ステラヴェローチェ牡357.0kg吉田隼
セファーラジエル牡357.0kg鮫島駿
タイトルホルダー牡357.0kg横山武
テーオーロイヤル牡357.0kg菱田
ディープモンスター牡357.0kg武豊
ディヴァインラヴ牝355.0kg福永
トーホウバロン牡357.0kg
ノースザワールド牡357.0kg和田竜
ハギノピリナ牝355.0kg藤懸
マカオンドール牡357.0kg浜中
モンテディオ牡357.0kg横山和
レッドジェネシス牡357.0kg川田
ロードトゥフェイム牡357.0kg丹内
ワールドリバイバル牡357.0kg津村
ワイドエンペラー牡357.0kg藤岡康
ヴァイスメテオール牡357.0kg丸山
ヴィクティファルス牡357.0kg池添
ヴェローチェオロ牡357.0kg

以上24頭が登録。

フルゲート18頭立てで、
テーオーロイヤル
ノースザワールド
ハギノピリナ
マカオンドール
ワイドエンペラー
トーホウバロン

の6頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

秋華賞(2021)の予想です。

土曜日は良での開催となりましたが、天気予報通り、関西は夜から雨が降ってきました。
日曜日の午前中には止む予報となっていますが、それでも雨は残るでしょうから、稍重くらいで考えていきました。
また土曜日の結果からは、まだまだ先行有利な馬場に映りました。

レースを引っ張っていくのはおそらくエイシンヒテンも、ペースのカギを握るのはソダシだとみています。エイシンヒテンのすぐ後ろ、2、3番手で競馬を進めていきそうで、これまでの走りからは、残り1000m~800mあたりから早めに動いていき、徐々にペースが上がっていく流れを想定しました。
瞬発力よりかは持続力勝負になるとみて、長く良い脚が使えそうな馬たちを中心に選んでいきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ