専ら軸馬 穴馬 2021 データ 血統 予想

【2021 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:軸馬

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京都新聞杯(2021)の予想です。

登録は18頭ありましたが、最終的には11頭。少頭数立てとなりました。
中京は開幕週なので馬場は読みづらい印象も、頭数が少ないので縦長の隊列にならない限りは、枠や馬場による優劣は少ないとみています。

3強といった前日オッズになっているものの、各馬オッズほど大きな力差はないように思えるので、人気馬を中心に置きつつ、穴馬も狙っていきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

新潟大賞典(2021)のデータ分析です。

本日は、数字上2頭に1頭が好走しており、出走があれば必ず馬券になっている好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は京都新聞杯(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アナレンマ牡356.0kg
エスコバル牡356.0kg藤岡康
ゲヴィナー牡356.0kg岩田望
サイモンメガライズ牡356.0kg
サトノマジェスタ牡356.0kg
ディープモンスター牡356.0kg武豊
ディオスバリエンテ牡356.0kg
トーホウバロン牡356.0kg
ハートオブアシティ牡356.0kg
フォルテデイマルミ牡356.0kg
ブレークアップ牡356.0kg団野
プルミエロール牡356.0kg
マカオンドール牡356.0kg浜中
ルペルカーリア牡356.0kg福永
レッドジェネシス牡356.0kg川田
レンツシュピッツェ牡356.0kg
ワイドエンペラー牡356.0kg藤岡佑
ヴェローチェオロ牡356.0kg西村淳

以上18頭が登録。全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は新潟大賞典(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アッシェンプッテル牝553.0kg
キングニミッツ牡851.0kg
サトノエルドール牡554.0kg菅原明
サトノソルタス牡655.0kg秋山
サンレイポケット牡655.0kg鮫島駿
ダノンマジェスティ牡655.0kg和田竜
トーセンスーリヤ牡656.0kg横山和
ニシノデイジー牡555.0kg勝浦
ハッピーアワー牡554.0kg
バイオスパーク牡657.0kg丸山
バスカヴィル牡753.0kg
ヒュミドールセ555.0kg吉田豊
ボッケリーニ牡557.0kg吉田隼
ポタジェ牡456.0kg
マイスタイル牡757.0kg横山典
ムイトオブリガード牡757.0kg酒井

以上16頭が登録。全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はNHKマイルカップ(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アナザーリリック牝355.0kg津村
エリザベスタワー牝355.0kg
グレイイングリーン牡357.0kg武藤
グレナディアガーズ牡357.0kg川田
ゴールドチャリス牝355.0kg田中勝
シティレインボー牡357.0kg三浦
シュネルマイスター牡357.0kgC.ルメール
ショックアクション牡357.0kg田辺
スペシャルドラマ牡357.0kg石川
ソングライン牝355.0kg池添
タイムトゥヘヴン牡357.0kgM.デムーロ
ダディーズビビッド牡357.0kg
ニシノアジャスト牡357.0kg大野
バスラットレオン牡357.0kg藤岡佑
ピクシーナイト牡357.0kg福永
ホウオウアマゾン牡357.0kg武豊
ランドオブリバティ牡357.0kg石橋脩
リッケンバッカー牡357.0kg横山武
ルークズネスト牡357.0kg
レイモンドバローズ牡357.0kg浜中
ロードマックス牡357.0kg岩田望
ワザモノ牡357.0kg
ヴィアルークス牡357.0kg
ヴィジュネル牡357.0kg内田博
ヴェイルネビュラ牡357.0kg戸崎圭

以上25頭が登録。

フルゲート18頭立てで…
ヴィジュネル
グレイイングリーン
スペシャルドラマ
ダディーズビビッド
ニシノアジャスト
ワザモノ
ヴィアルークス

の7頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

天皇賞春(2021)の予想です。

土曜日の阪神は良でスタート。午後から雨が降り10RのストークSでは稍重に変わりましたが、勝ち時計は1:33.1。降った時間が僅かだったこともあり、時計も上がりも速い結果で、ほとんど影響はなかったように映りました。
本日の予報は傘マークがついていますが、降水確率はそこまで高くないので、ほとんど降らないとみて、良馬場での開催になるとみています。

今年は京都ではなく阪神開催。大きく違うと感じるのは、最後の直線。
京都開催→直線の長い外回り、坂のない平坦コース
阪神開催→直線の短い内回り、最後に坂があるコース
直線の距離は短くなるものの、長い距離を走った最後に坂がありますので、よりスタミナが求められる舞台だと思います。
スピード持続に長けた馬や、周りがバテた時でもジワジワと加速できる馬たちが活躍すると想定して、各馬選んでいきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ