専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:芝2000m

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は札幌記念(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイスバブル牡757.0kg水口
アラタ牡557.0kg横山武
アンティシペイト牡557.0kg横山和
ウインマリリン牝555.0kg松岡
グローリーヴェイズ牡757.0kgC.ルメール
ケイデンスコール牡657.0kg古川吉
サトノクロニクル牡857.0kg斎藤新
ジャックドール牡457.0kg藤岡佑
ソダシ牝455.0kg吉田隼
ハヤヤッコ牡657.0kg池添
パンサラッサ牡557.0kg吉田豊
フィオリキアリ牝555.0kg
フォワードアゲンセ557.0kg
マカヒキ牡957.0kg武豊
ユーバーレーベン牝455.0kgM.デムーロ
ユニコーンライオン牡657.0kg坂井
レッドガラン牡757.0kg岩田康

以上17頭が登録。
フルゲート16頭立てで、
フィオリキアリ
フォワードアゲン

の2頭が抽選対象(1頭/2頭)となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

小倉記念(2022)の予想です。

<馬場想定>
同舞台で行われた土曜日の10R、柳川特別(3歳以上 2勝クラス)は1:58.5で決着。
芝レースは時計が速く、前が止まりにくい、先行有利な馬場に映りました。
明日もお天気は変わらずなので、同様の馬場で考えていきました。

<展開予想>
シフルマンショウナンバルディのどちらかがレースを引っ張っていきそう。
どちらも飛ばして逃げたいタイプではないですが、前日の先行有利な馬場傾向からは前の意識が高くなるとみて、平均ペース~ややハイペースに流れると想定しました。
馬場傾向からは先行馬に注目したいところも、今の高速馬場が合いそうなあの馬を中心に勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

小倉記念(2022)のデータ分析です。

本日は、過去の好走馬の4割が該当。出走のあった8年中7年で馬券になっている複勝率48.0%の好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は小倉記念(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アーデントリー牡654.0kg中井
イロゴトシ牡552.0kg
ウインリブルマン牡451.0kg
エターナルヴィテス牡649.0kg田中勝
カテドラル牡657.0kg団野
カデナ牡857.5kg今村
シフルマン牡656.0kg西村淳
ショウナンバルディ牡657.0kg松若
ジェラルディーナ牝454.0kg福永
スーパーフェザーセ754.0kg川須
タガノディアマンテ牡656.0kg北村友
タガノパッション牝450.0kg
ダブルシャープ牡756.0kg
ヒュミドールセ656.0kg藤岡康
ヒンドゥタイムズセ656.5kg
ピースオブエイト牡353.0kgC.ホー
プリマヴィスタ牡553.0kg高倉
マリアエレーナ牝454.0kg松山
ムジカ牝551.0kg横山典
モズナガレボシ牡555.0kg荻野極

以上20頭が登録。
フルゲート18頭立てで…
イロゴトシ
エターナルヴィテス

の2頭が抽選対象(1頭/2頭)。

ムジカ除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

函館記念(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の函館は午後から雨が降り、終日稍重での開催となりました。
メインの函館2歳Sは1:11.8での決着。時計も上がりもかかる馬場でしたね。
明日は曇時々雨の予報。昼頃の降水確率が50%となっていますので、土曜日と同じくらいの雨が降る可能性はありそう。
良~稍重くらいで考えていきました。

<展開予想>
内に入ったジェネラーレウーノがレースを引っ張っていきそう。前走は久々に前向きさが出ていたように映りましたので、今回も同じような競馬になるとみています。平均ペースくらいを想定しました。
後半にかけてのロングスパート勝負になるとみて各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

函館記念(2022)のデータ分析です。

本日は、今年も活躍馬が続いてほしいと期待したい複勝率46.7%の連続好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

カテゴリー

↑このページのトップヘ