専ら軸馬 穴馬 2021 データ 血統 予想

【2021 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:芝1600m

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

フェアリーステークス(2021)の予想です。

同舞台で行われた土曜日のメイン、ニューイヤーSは1:33.2。日曜日の10R若潮ステークスは1:32.9での決着でした。昨年末~金杯週にかけては時計がかかる馬場でしたが、今週はまずまず時計が出ていますね。また先週と比べると、差しも効く馬場に映りました。

当初は先行有利の馬場になると思っていたので、先行馬を中心に組み立てていこうと思っていましたが、この土・日の馬場傾向からは差し馬を狙いたいというところで、あの実績馬を順当に評価しつつ勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

シンザン記念(2021)の予想です。

先週同舞台で行われた京都金杯は、インから鋭く伸びたケイデンスコールが勝利。またラチ沿いを逃げたエントシャイデンが3着に粘り込みました。開幕週らしい内めが有利な馬場だったと思います。
土曜日の中京芝は4レースあり、どのレースも先行馬の活躍していました。今週も変わらずといった印象を受けましたね。

今回は確たる逃げ馬が不在なので、ペースは読みづらいですが、ペースに関わらず馬券外になるイメージが持てなかったあの馬を軸馬に。現在の馬場を味方につけれそうな馬たちを相手に置いて勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

今週は3連休に合わせて、月曜日までの3日間開催。本日は重賞レースがありませんので、中山メイン、ニューイヤーステークス(2021)の方に参加したいと思います。


前日からオッズを追いかけていますが、1番人気は単勝オッズ6倍台。現時点(06:30)でも、単勝オッズ10倍未満の馬が7頭と、かなり割れたオッズとなっています。
オッズの通り、どこからでも入れそうなので軸馬はかなり悩みましたが、最終的にはひとつの好走データから1頭選んでいきました。
ではまず軸馬の方から挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はシンザン記念(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
オプティミスモ牝354.0kg
カスティーリャ牡356.0kg松山
ククナ牝354.0kgC.ルメール
セラフィナイト牡356.0kg丸山
ダディーズビビッド牡356.0kg武豊
トーカイキング牡356.0kg和田竜
バスラットレオン牡356.0kg坂井
ピクシーナイト牡356.0kg福永
ファルヴォーレ牡356.0kg吉田隼
ブルーシンフォニー牡356.0kg田辺
マリアエレーナ牝354.0kg川島
ルークズネスト牡356.0kg
ルース牝354.0kg池添
レゾンドゥスリール牡356.0kg川田
ロードマックス牡356.0kg岩田望
ワザモノ牡356.0kg

以上16頭が登録。全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はフェアリーステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アトミックフレア牝354.0kg酒井
オプティミスモ牝354.0kg藤井勘
カラパタール牝354.0kg横山武
クールキャット牝354.0kg津村
グロリユーノワール牝354.0kg野中
シャドウファックス牝354.0kg大野
タイニーロマンス牝354.0kg内田博
テンハッピーローズ牝354.0kg福永
ニシノエルサ牝354.0kg
ネクストストーリー牝354.0kg杉原
ビップエレナ牝354.0kg
ファインルージュ牝354.0kgC.ルメール
プリティインピンク牝354.0kg山田
ベッラノーヴァ牝354.0kg丸山
ホウオウイクセル牝354.0kg丸田
ラストリージョ牝354.0kg柴田大
ルース牝354.0kg
ルチェカリーナ牝354.0kg

以上18頭が登録。

フルゲート16頭立てで、ラストリージョ以外は全て1勝馬。
鞍上が決まっていない馬は回避の可能性がありそうですね。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京都金杯(2021)の予想です。

今年は京都ではなく中京開催。昨年暮れの中京はまずまず時計がかかる馬場でした。一旦補修は入ったとは言え、そこまで時間は経っていないので、馬場が劇的に良くなるとは思えず。蓋をあけてみないとわからないですが、昨年と同様、フラットな馬場をイメージして予想していきました。

メンバーを見渡すと確たる逃げ馬は不在。脚質からはボンセルヴィーソがハナを切りそうな感じもしますが、枠的には他の馬が主張してもおかしくなさそうかなと。いずれにしても、ここで思い切った逃げに出る馬はいないと思うので、ハイペースは除外しました。ミドルペースかややスロー気味を想定して、各馬選んでいきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ