専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:芝1200m

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

函館スプリントステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日のメイン、同舞台で行われた函館日刊スポーツ杯は1:08.0での好時計での決着でした。
開幕週なので、勝ち馬に関しては先行馬の活躍が目立っていたものの、前が止まらないということはなく、展開次第では差し馬が2、3着に好走する、そんな馬場に映りました。
明日は晴れ時々曇りの予報で、雨の心配はないので、同様の馬場で考えていきました。

<展開予想>
昨年の函館スプリントSの勝ち馬で、これまで逃げて結果を出しているビアンフェが今年もハナを主張していきそう。前半33秒台で逃げが続いている馬ですし、その後ろにつけたい先行馬もまずまず揃った印象なので、今回も同じくらいのペースになると、ハイペースを想定しました。
土曜日の結果からは、先行馬だけではなく差し馬も活躍があるとみて各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

函館スプリントステークス(2022)のデータ分析です。

本日は、どこまで続いていくのか気になっている5歳馬に関する注目データについて取り上げたいと思います。

以下で挙げていくデータは、札幌開催となった昨年を含む、過去10年分となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は函館スプリントステークス(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アスタールビー牝654.0kg
イーサンパンサー牡656.0kg
キタイ牝654.0kg丹内
キャプテンドレイク牡556.0kg藤岡康
キルロードセ757.0kg菊沢
コロラトゥーレ牝854.0kg荻野琢
シゲルピンクルビー牝454.0kg和田竜
シャンデリアムーン牝654.0kg斎藤新
ジュビリーヘッド牡556.0kg横山和
タイセイアベニール牡756.0kg鮫島駿
ダイメイフジ牡857.0kg菱田
ナムラクレア牝350.0kg浜中
ビアンフェセ557.0kg藤岡佑
ビップウインク牝554.0kg吉田隼
ファーストフォリオ牝554.0kg武豊
プルパレイ牡352.0kgM.デムーロ
ペプチドバンブー牡756.0kg松田
ボンセルヴィーソ牡856.0kg池添
ライトオンキュー牡758.0kg古川吉
レイハリア牝454.0kg松岡
ローレルアイリス牝554.0kg川又
ヴェントヴォーチェ牡556.0kg西村淳

以上22頭が登録。
フルゲート16頭立てで、
イーサンパンサー
キタイ
シャンデリアムーン
ビップウインク
ファーストフォリオ

の5頭が抽選対象(1頭/5頭)。

アスタールビー
コロラトゥーレ

の2頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

葵ステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
先週の結果からは先行馬の前残りもあれば外差しも届く、展開を重視したいフラットな馬場に映りました。
Aコースを使われたから今週で最終週。ガラッと変わることはないとみて、同様の馬場で考えていきました。

<展開予想>
逃げ馬・先行馬・多数いますので、どの馬が逃げてもそれなりに先行争いは激しくなりそう。前半からペースは上がっていくとみてハイペースを想定しました。
中団~好位で脚を溜めた馬が活躍するとみて、各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は葵ステークス(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アネゴハダ牝354.0kg吉田隼
イチゴキネンビ牡356.0kg
ウインマーベル牡357.0kg松山
ウインモナーク牡356.0kg松岡
ウラカワノキセキ牝354.0kg藤岡康
オタルエバー牡356.0kg
カイカノキセキ牝354.0kg鮫島駿
カジュフェイス牡356.0kg秋山真
キミワクイーン牝354.0kg内田博
グランアリエル牡356.0kg
ケイアイオメガ牡356.0kg藤懸
コムストックロード牝354.0kg
コラリン牝354.0kg池添
シゲルファンノユメ牡356.0kg藤岡佑
ショウナンマッハ牡356.0kg岩田康
ジャスパークローネ牡356.0kg武豊
ゼットレヨン牡356.0kg酒井
ソウテン牡356.0kg和田竜
タヤスゴールド牡356.0kg江田照
ダークペイジ牝354.0kg浜中
テイエムスパーダ牝354.0kg国分恭
トップキャスト牝354.0kg坂井
ニシノレバンテ牡356.0kg松田
ピラティス牝354.0kg横山典
ブッシュガーデン牝354.0kg富田
ブレスレスリー牝354.0kgM.デムーロ
ペプチドヤマト牡356.0kg松若
ホウオウノーサイド牡356.0kg
ヴィアドロローサ牡356.0kg横山和

以上21頭が登録。
フルゲート18頭立てで、
ウインマーベル
ヴィアドロローサ
カイカノキセキ
カジュフェイス
コラリン

の5頭が出走可能な賞金上位馬

イチゴキネンビ
グランアリエル
ピラティス
ホウオウノーサイド

の4頭が除外対象
残りの20頭が抽選対象(13頭/20頭)となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

高松宮記念(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の中京芝は小雨の良でスタート。雨が降り続き、最終レースには重となっていました。
明日は晴れ予報となっていますが、一日中降った雨は残りそうなので、回復に向かっても重~稍重くらいで考えていました。上がりも時計もかかるパワーのいる馬場をイメージしています。

<展開予想>
国内のスプリントG1と言えば、この数年はモズスーパーフレアがハナを主張して、ハイペースになるのが当たり前の流れでしたが、今回はこれといった逃げ馬がいません。一応、京阪杯で逃げたことのあるファストフォースを逃げ馬として考えていきました。
先行馬は揃っているものの、前日の雨が残る馬場で、脚元を気にしながらのレースになるかもしれませんので、ややハイペース~平均ペースくらいを想定しました。
馬場傾向は読みづらいですが、比較的前めで運べる馬が進路確保含め有利に働くとみて予想していきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ