専ら軸馬 穴馬 2021 データ 血統 予想

【2021 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:芝1200m

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はシルクロードステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
エイティーンガール牝555.0kg坂井
カイザーメランジェ牡655.0kg
クリノガウディー牡558.0kg鮫島駿
コントラチェック牝555.0kg池添
ザイツィンガー牡555.0kg和田竜
シヴァージ牡656.0kg福永
セイウンコウセイ牡858.0kg
タイセイアベニール牡656.0kg松山
ダイメイフジ牡757.0kg
ディープダイバー牡553.0kg
トゥラヴェスーラ牡656.0kg岩田康
プリモシーン牝656.0kg岩田望
マリアズハート牝553.0kg
ミッキースピリット牡554.0kg松若
モズスーパーフレア牝656.5kg北村友
ライトオンキュー牡657.5kg古川
ラウダシオン牡457.0kgMデムー
ラヴィングアンサー牡757.0kg吉田豊
リバティハイツ牝654.0kg団野
ルッジェーロセ655.0kg
ヴェスターヴァルト牡455.0kg富田

以上21頭が登録。

フルゲート18頭立てで、
クリノガウディー
マリアズハート
ディープダイバー

の3頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京阪杯(2020)の予想です。

同舞台で行われた土曜日の12R2勝クラスは1:09.1での決着。先週までの時計が出る馬場ではなくなりましたね。また外から差してくる馬も少し出てきたので、フラットな馬場になってきたという印象を受けました。

展開としてはジョーカナチャンラブカンプーロードアクアといった先行馬が揃っているので、前半からペースは上がっていき、ハイペースになると想定。先行馬たちが粘り込みを見せながらも、最後の最後に差し馬が流れ込んでくるイメージで各馬を選んでいきました。


当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は京阪杯(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アンヴァル牝554.0kg酒井
カレンモエ牝454.0kg松若
クライムメジャー牡656.0kg鮫島駿
シヴァージ牡556.0kg藤岡佑
ジョーアラビカ牡656.0kg
ジョーカナチャン牝554.0kg菱田
ジョイフル牡656.0kg川又
タイセイアベニール牡556.0kg石橋脩
トゥラヴェスーラ牡556.0kg丸山
ビリーバー牝554.0kg杉原
フィアーノロマーノ牡657.0kg吉田隼
プリディカメント牝554.0kg藤岡康
プリモシーン牝556.0kg北村宏
メイショウカズヒメ牝654.0kg西村淳
ラブカンプー牝556.0kg斎藤新
リバティハイツ牝555.0kg団野
レッドアンシェル牡657.0kg
ロードアクア牡456.0kg田中健
ロードマイウェイ牡457.0kg
※騎手は想定です。

以上19頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
クライムメジャー
プリディカメント
メイショウカズヒメ

の3頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

スプリンターズステークス(2020)の予想です。

土曜日の芝レースは良でスタート。同舞台で行われた2Rの未勝利戦は1:10.7、10Rの勝浦特別(2勝クラス)は1:08.8での決着。例年のような高速馬場ではなく、少し時計がかかっている馬場でしたね。また芝レース全体的としては、差しが決まりやすい馬場に映りました。

前走負けて強しの内容だったモズスーパーフレアを軸馬に買いたいと考えていたんですが、土曜日の競馬からは評価しづらくなりましたね。内が伸びづらく、時計がかかっている点は、昨年よりも馬場の条件が悪くなったと思います。気持ち的には買いたい・応援したい馬なんですが、今回は予想の中心には加えないと判断しました。

今年はそんなモズスーパーフレアが作る前傾ラップ、差しが効く馬場を味方につけれそう馬たちを評価して勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

スプリンターズステークス(2020)のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去10年
(※2014年新潟開催を除く)
枠別成績
成績
(1着-2着-3着-着外)
勝率 連対率 複勝率
11ダイメイプリンセス牝755.0kg秋山真一郎1-1-2-145.6%11.1%22.2%
2モズスーパーフレア牝555.0kg松若風馬
23ダノンスマッシュ牡557.0kg川田将雅0-2-3-130.0%11.1%27.8%
4キングハート牡757.0kg北村宏司
35メイショウグロッケ牝655.0kg浜中俊0-0-3-150.0%0.0%16.7%
6ライトオンキュー牡557.0kg古川吉洋
47ミスターメロディ牡557.0kg福永祐一4-2-0-1222.2%33.3%33.3%
8ダイメイフジ牡657.0kg菱田裕二
59ダイアトニック牡557.0kg横山典弘2-1-0-1411.8%17.6%17.6%
10グランアレグリア牝455.0kgC.ルメール
611ラブカンプー牝555.0kg斎藤新0-0-0-180.0%0.0%0.0%
12ビアンフェ牡355.0kg藤岡佑介
713レッドアンシェル牡657.0kgM.デムーロ1-2-1-135.9%17.6%23.5%
14エイティーンガール牝455.0kg池添謙一
815クリノガウディー牡457.0kg三浦皇成1-1-0-165.6%11.1%11.1%
16アウィルアウェイ牝455.0kg松山弘平

枠順、出走馬、斤量、騎手に加え、過去10年(※2014年新潟開催を除く)の枠別成績を挙げています。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

スプリンターズステークス(2020)のデータ分析です。

本日は、今年も継続を期待したい10年連続連対データについて取り上げたいと思います。

数は多くなりますが、まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

カテゴリー

↑このページのトップヘ