専ら軸馬 穴馬 2020 データ 血統 予想

【2020 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:産経大阪杯(2016)

産経大阪杯の予想です。

現在1番人気は、ラブリーデイ。予想オッズと変わらずですね。昨年、宝塚記念、天皇賞・秋を制覇し、昨年だけで重賞6勝。昨年、敗れたレースは2500m以上のレースで、2400mまでなら6-0-1-0と、ほぼ完璧な走りを見せています。この人気も納得がいきますね。

昨年の走りを考えれば、休み明けとはいえ、ここも勝ち負けになるだけの力はあるとみていますが、前回の展望内で挙げたように、6歳馬というところでは不安な面もあります。また今年は少頭数ながらも豪華なメンバーが揃ってくれましたので、ラブリーデイをあえて“流し”に回す形で、他の馬たちから勝負したいと思います。ではまず軸馬から。

産経大阪杯のデータ展望です。

本日は、有力馬にも関連する、注目しいたデータがいくつかありましたので、その部分を挙げていきたいと思います。データは過去10年です。

産経大阪杯のデータ展望です。

まずは登録馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アクションスター
牡656.0
アンビシャス
牡456.0横山典
イスラボニータ
牡557.0蛯名
キタサンブラック
牡458.0武豊
ショウナンパンドラ
牝556.0池添
タッチングスピーチ
牝454.0福永
トウシンモンステラ
牡656.0
ニシノビークイック
牡756.0
ヌーヴォレコルト
牝554.0岩田
マイネルラクリマ
牡856.0
ラブリーデイ
牡658.0M.デムーロ
レッドレイヴン
牡656.0
※騎手は予定となります。

以上、12頭が登録されています。
カテゴリー

↑このページのトップヘ