専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:京都

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

葵ステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
先週の結果からは先行馬の前残りもあれば外差しも届く、展開を重視したいフラットな馬場に映りました。
Aコースを使われたから今週で最終週。ガラッと変わることはないとみて、同様の馬場で考えていきました。

<展開予想>
逃げ馬・先行馬・多数いますので、どの馬が逃げてもそれなりに先行争いは激しくなりそう。前半からペースは上がっていくとみてハイペースを想定しました。
中団~好位で脚を溜めた馬が活躍するとみて、各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は葵ステークス(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アネゴハダ牝354.0kg吉田隼
イチゴキネンビ牡356.0kg
ウインマーベル牡357.0kg松山
ウインモナーク牡356.0kg松岡
ウラカワノキセキ牝354.0kg藤岡康
オタルエバー牡356.0kg
カイカノキセキ牝354.0kg鮫島駿
カジュフェイス牡356.0kg秋山真
キミワクイーン牝354.0kg内田博
グランアリエル牡356.0kg
ケイアイオメガ牡356.0kg藤懸
コムストックロード牝354.0kg
コラリン牝354.0kg池添
シゲルファンノユメ牡356.0kg藤岡佑
ショウナンマッハ牡356.0kg岩田康
ジャスパークローネ牡356.0kg武豊
ゼットレヨン牡356.0kg酒井
ソウテン牡356.0kg和田竜
タヤスゴールド牡356.0kg江田照
ダークペイジ牝354.0kg浜中
テイエムスパーダ牝354.0kg国分恭
トップキャスト牝354.0kg坂井
ニシノレバンテ牡356.0kg松田
ピラティス牝354.0kg横山典
ブッシュガーデン牝354.0kg富田
ブレスレスリー牝354.0kgM.デムーロ
ペプチドヤマト牡356.0kg松若
ホウオウノーサイド牡356.0kg
ヴィアドロローサ牡356.0kg横山和

以上21頭が登録。
フルゲート18頭立てで、
ウインマーベル
ヴィアドロローサ
カイカノキセキ
カジュフェイス
コラリン

の5頭が出走可能な賞金上位馬

イチゴキネンビ
グランアリエル
ピラティス
ホウオウノーサイド

の4頭が除外対象
残りの20頭が抽選対象(13頭/20頭)となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京都新聞杯(2022)の予想です。

<馬場想定>
開幕週となるので、単純ながら内や先行有利な馬場になるとみています。ただ、少頭数なので、そこまで枠の優劣はないと考えています。

<展開予想>
前走逃げて勝利した、最内枠のメイショウラナキラがハナを主張しそう。前走初めて逃げた馬なので、そこまで飛ばして逃げるイメージはなく、スロー~平均ペースを想定しました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は京都新聞杯(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アスクワイルドモア牡356.0kg岩田望
アップデート牡356.0kg浜中
ショウナンアデイブ牡356.0kg池添
ストップザタイム牡356.0kg古川吉
セイクリッド牝354.0kg
ゼンノインヴォーク牡356.0kg
テーオードレフォン牡356.0kg川須
ブラックブロッサム牡356.0kgD.レーン
ボルドグフーシュ牡356.0kg松田
ポッドボレット牡356.0kg福永
マイネルクリソーラ牡356.0kg
ミスターホワイト牡356.0kg吉田隼
メイショウラナキラ牡356.0kg秋山真
リアド牡356.0kg川田
リカンカブール牡356.0kg藤岡康
ヴェローナシチー牡356.0kg酒井

以上16頭が登録。
フルゲート18頭立てで、全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

天皇賞春(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の阪神芝は5レース行われ、内3レースで逃げ馬が馬券になってました。先行馬や内めをロスなく立ち回った馬の活躍が目立っていたと思います。
明日は雨のり曇の予報。雨量は読めないですが、午前中は確実に雨が降りそうなので、良~稍重くらいで考えていきました。

<展開予想>
タイトルホルダーが前走と同様、ハナを主張するとみています。前半はゆったり逃げたとしても、残り1000mくらいから一気にペースアップ。持久力勝負に持ち込むと流れになると想定しました。
後半にかけて長く良い脚を使える馬たちが活躍するとみて予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

天皇賞春(2022)のデータ分析です。

本日は、活躍の多くは人気馬になるものの、出走があれば必ず馬券になっている複勝率54.2%の好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

カテゴリー

↑このページのトップヘ