専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:予想

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

宝塚記念(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の結果からは、先行馬や内めをロスなく立ち回ったの活躍が目立っていたと思います。
日中少しかたまった雨が降りましたが、明日はほとんど降らない予報となっていますので、雨は残らないとみています。
土曜日と変わらず、先行馬にやや有利な馬場で考えていきました。

<展開予想>
逃げて連勝中、パンサラッサが積極的にハナを主張していくとみています。
近走の走りからは前半からそれなりにペースを上げて逃げそう。平均ペース~ややハイペースを想定しました。
土曜日の結果からは前が止まりにくい馬場に映りましたので、馬場を味方につけれそうなあの馬を中心に予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

天保山ステークス(2022)の予想です。

距離が1200mから現在の1400mへ変更された2013年以降のデータで気になったもの参考に予想していきました。

まずは注目しているデータを3つ挙げていきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

マーメイドステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
阪神は開幕週ということもあり、内めをロスなく立ち回った馬の活躍が目立っていたと思います。またペースが落ちついたレースが多かったことも影響してか、先行有利な馬場に映りました。
日曜日は雨の心配がありませんので、同様の馬場で考えていきました。

<展開予想>
これといった逃げ馬不在なので難しいですが、前走逃げたウインマイティが押し出される形でハナに立つと考えました。そのすぐ後ろに先行したいアイコンテーラーマリアエレーナあたりがついていきそう。
前半はゆったり、後半にかけて徐々にペースアップしていく流れで、ややスロー~平均ペースくらいを想定しました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ユニコーンステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の9R三浦特別(2勝クラス ダート1400m)は1:22.4の好時計での決着でした。
東京は土曜日の夜から深夜帯にかけて少し雨が降りそうですが、日曜日は晴れ時々曇りの予報で、全く降らないと思うので、前日の雨が残る心配はないとみています。
土曜日と同様、良い時計での決着となりそう。

<展開予想>
ジュタロウペイシャエスロードジャスティスは揉まれ弱い印象を受けますので、どの馬たちも逃げ馬ではありませんが、揉まれないために、ハナを主張する可能性があるとみています。
3頭ともに前半速いペースで好走したことがありますので、何が逃げても前半から流れていきそう。平均以上~ややハイペースを想定しました。
先行馬たちを見ながら好位~中団で脚を溜めれそうなあの馬を中心に勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

エプソムカップ(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の芝コースはスローペースが多かったこともあり、前残りの馬場に映りました。
前日の夜から日曜日の午前中にかけて雨予報となっていますので、内から荒れてくることを考えれば、土曜日よりも外差しが効いてくるとみています。
稍重~重くらいで考えていきました。

<展開予想>
前走同舞台を逃げて勝利したノースブリッジが今回もハナを主張しそう。ペースを上げて飛ばして逃げる馬ではないので前半はゆったり、スローペースを想定しました。
頭数も少ないので、ある程度固まった状態で直線の上がり勝負になるとみて予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

函館スプリントステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日のメイン、同舞台で行われた函館日刊スポーツ杯は1:08.0での好時計での決着でした。
開幕週なので、勝ち馬に関しては先行馬の活躍が目立っていたものの、前が止まらないということはなく、展開次第では差し馬が2、3着に好走する、そんな馬場に映りました。
明日は晴れ時々曇りの予報で、雨の心配はないので、同様の馬場で考えていきました。

<展開予想>
昨年の函館スプリントSの勝ち馬で、これまで逃げて結果を出しているビアンフェが今年もハナを主張していきそう。前半33秒台で逃げが続いている馬ですし、その後ろにつけたい先行馬もまずまず揃った印象なので、今回も同じくらいのペースになると、ハイペースを想定しました。
土曜日の結果からは、先行馬だけではなく差し馬も活躍があるとみて各馬選んでいきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ