専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:中山

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

皐月賞(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の中山芝は重~稍重での開催となりました。時計も上がりもかかっており、中山らしいパワーのいるタフな馬場に映りました。
また徐々にではありますが、外から伸びてくる差し馬の活躍もチラホラとありましたので、フラットな馬場になってきたとみています。

<展開予想>
前走トライアルレースを逃げて勝利したビーアストニッシドデシエルトのどちらかがレースを引っ張っていきそう。
ともに前走とは違い、外枠に入りましたので、スタートから積極的に押していく必要があり、自ずとペースは上がると思っています。平均以上~ややハイペースを想定しました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

皐月賞(2022)のデータ分析です。

本日は、過去の好走馬の3分の1が該当、出走が2頭以上となれば必ず馬券になっている複勝率43.5%の好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は皐月賞(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アスクビクターモア牡357.0kg田辺
イクイノックス牡357.0kgC.ルメール
オウケンボルト牡357.0kg
オニャンコポン牡357.0kg菅原明
キラーアビリティ牡357.0kg横山武
グランドライン牡357.0kg三浦
サトノヘリオス牡357.0kg岩田望
ジオグリフ牡357.0kg福永
ジャスティンパレス牡357.0kgM.デムーロ
ジャスティンロック牡357.0kg戸崎圭
ダノンベルーガ牡357.0kg川田
ダンテスヴュー牡357.0kg吉田隼
デシエルト牡357.0kg岩田康
トーセンヴァンノ牡357.0kg
ドウデュース牡357.0kg武豊
ナニハサテオキ牡357.0kg永野
ビーアストニッシド牡357.0kg和田竜
ボーンディスウェイ牡357.0kg石橋脩
マテンロウレオ牡357.0kg横山典
メイショウラナキラ牡357.0kg津村
ラーグルフ牡357.0kg丸田

以上21頭が登録。
フルゲート18頭立てで、
オウケンボルト
グランドライン
ナニハサテオキ
メイショウラナキラ

の4頭が抽選対象(1頭/4頭)となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ニュージーランドトロフィー(2022)の予想です。

<馬場想定>
先週から中山はBコース替わり。ペースによっては差し決着になったレースもありますが、全体としては先行馬の活躍が目立っていたいと思います。今週も同様くらいの馬場で考えていきました。

<展開予想>
1200m戦でも逃げたことがあるジャングロか、逃げて2勝を上げるリューベックのどちらかがレースを引っ張っていきそう。
先行馬はそれなりに揃っていますので、平均ペース~ややハイペースを想定しました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はニュージーランドトロフィー(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アバンチュリエ牡356.0kg横山武
エイシンシュトルム牡356.0kg石川
エンペザー牡356.0kg坂井
サーマルウインド牝354.0kg岩田康
ジャングロ牡356.0kg
ティーガーデン牡356.0kgC.ルメール
デュガ牡356.0kg
デルマグレムリン牡356.0kgM.デムーロ
ベルウッドブラボー牡356.0kg丸山
マテンロウオリオン牡356.0kg横山典
モチベーション牝354.0kg秋山稔
リューベック牡356.0kg吉田隼

以上12頭が登録。
フルゲート16頭立てで、全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ダービー卿チャレンジトロフィー(2022)の予想です。

<馬場想定>
今週から中山はBコース替わり。先週までの馬場傾向としては、内枠・先行有利な印象を受けましたので、今週も変わらずとみています。

<展開予想>
近走逃げが続いているノルカソルカがハナを主張していきそう。内にいるインテンスライトボンセルヴィーソがそのすぐ後ろにつけていくとみています。先行馬はまずまず揃っていますので、前半からそれなりに流れていきそう。平均ペース~ややハイペースを想定しました。
展開としては差し馬の活躍がありそうなんですが、コース替わりの馬場を加味すると、意外と前が止まらないとみて、比較的前めで競馬ができそうな馬たちを中心に選んでいきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ