専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ユニコーンステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の9R三浦特別(2勝クラス ダート1400m)は1:22.4の好時計での決着でした。
東京は土曜日の夜から深夜帯にかけて少し雨が降りそうですが、日曜日は晴れ時々曇りの予報で、全く降らないと思うので、前日の雨が残る心配はないとみています。
土曜日と同様、良い時計での決着となりそう。

<展開予想>
ジュタロウペイシャエスロードジャスティスは揉まれ弱い印象を受けますので、どの馬たちも逃げ馬ではありませんが、揉まれないために、ハナを主張する可能性があるとみています。
3頭ともに前半速いペースで好走したことがありますので、何が逃げても前半から流れていきそう。平均以上~ややハイペースを想定しました。
先行馬たちを見ながら好位~中団で脚を溜めれそうなあの馬を中心に勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ユニコーンステークス(2022)のデータ分析です。

本日は、昨年不発に終わったものの、出走があればほぼほぼ勝ち負けになっている連対率52.9%の好走データについて見ていきたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はユニコーンステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
イグザルト牡356.0kg
インダストリア牡356.0kgD.レーン
コンバスチョン牡356.0kg田辺
ジュタロウ牡356.0kg武豊
スマートラプター牡356.0kg石橋脩
セキフウ牡356.0kgM.デムーロ
タイセイディバイン牡356.0kg松若
テーオーステルス牡356.0kg団野
ティーガーデン牡356.0kg
ハセドン牡356.0kg横山典
バトルクライ牡356.0kg戸崎圭
ビヨンドザファザー牡356.0kg
ペイシャエス牡356.0kg菅原明
リメイク牡356.0kg福永
レッドゲイル牡356.0kg
ロードジャスティス牡356.0kg石川
ヴァルツァーシャル牡356.0kg三浦

以上23頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
イグザルト
ヴァルツァーシャル
ジュタロウ
スマートラプター
ティーガーデン
テーオーステルス
バトルクライ
ビヨンドザファザー
ペイシャエス
レッドゲイル
ロードジャスティス

の10頭が抽選対象(10頭/11頭)。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ユニコーンステークス(2021)の予想です。

土曜日のダート戦は雨の影響もあり、重での開催となりました。日曜日は朝方から止む予報となっていますので、稍重くらいには回復するとみています。

今年は1200m、1400mで逃げたことがある馬がチラホラといるので、前半からペースは速くなると想定しました。好位や中団あたりで脚を溜めた馬が有利な流れになるとみて、各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ユニコーンステークス(2021)のデータ分析です。

本日は、過去10年中8年で馬券になっている複勝率46.2%の好走データについて取り上げたいと思います。

まず過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はユニコーンステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
イグナイター牡356.0kg
オセアダイナスティ牡356.0kg
カレンロマチェンコ牡356.0kg松若
クリーンスレイト牡356.0kg田辺
ケイアイロベージセ356.0kg三浦
ゲンパチフォルツァ牡356.0kg木幡巧
サンライズウルス牡356.0kg藤井勘
サヴァ牡356.0kg石川
スマッシャー牡356.0kg坂井
ティアップリオン牡356.0kg
ピンクカメハメハ牡356.0kg
ブラックアーメット牡356.0kg津村
プロバーティオ牡356.0kgMデムーロ
ラペルーズ牡356.0kgC.ルメール
ルーチェドーロ牡356.0kg戸崎圭
ルコルセール牡356.0kg
レディバグ牝354.0kg
ローウェル牡356.0kg団野
ヴィゴーレ牡356.0kg丸山

以上19頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
レディバグ
オセアダイナスティ
ルコルセール

の3頭が除外対象となります。

カテゴリー

↑このページのトップヘ