専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 天皇賞・春

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

天皇賞春(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の阪神芝は5レース行われ、内3レースで逃げ馬が馬券になってました。先行馬や内めをロスなく立ち回った馬の活躍が目立っていたと思います。
明日は雨のり曇の予報。雨量は読めないですが、午前中は確実に雨が降りそうなので、良~稍重くらいで考えていきました。

<展開予想>
タイトルホルダーが前走と同様、ハナを主張するとみています。前半はゆったり逃げたとしても、残り1000mくらいから一気にペースアップ。持久力勝負に持ち込むと流れになると想定しました。
後半にかけて長く良い脚を使える馬たちが活躍するとみて予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

天皇賞春(2022)のデータ分析です。

本日は、活躍の多くは人気馬になるものの、出走があれば必ず馬券になっている複勝率54.2%の好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は天皇賞春(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイアンバローズ牡558.0kg石橋脩
クレッシェンドラヴ牡858.0kg内田博
シルヴァーソニック牡658.0kg川田
タイトルホルダー牡458.0kg横山和
タガノディアマンテ牡658.0kg
テーオーロイヤル牡458.0kg菱田
ディープボンド牡558.0kg和田竜
ディバインフォース牡658.0kg田辺
トーセンカンビーナ牡658.0kg藤岡康
ハーツイストワール牡658.0kgC.ルメール
ハヤヤッコ牡658.0kg武豊
ヒートオンビート牡558.0kg池添
マイネルファンロン牡758.0kg松岡
マカオンドール牡458.0kg松山
メロディーレーン牝656.0kg岩田望
ユーキャンスマイル牡758.0kg藤岡佑
ロバートソンキー牡558.0kg伊藤
ヴァルコス牡558.0kg三浦

以上18頭が登録。
フルゲート18頭立てで、全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

天皇賞春(2021)の予想です。

土曜日の阪神は良でスタート。午後から雨が降り10RのストークSでは稍重に変わりましたが、勝ち時計は1:33.1。降った時間が僅かだったこともあり、時計も上がりも速い結果で、ほとんど影響はなかったように映りました。
本日の予報は傘マークがついていますが、降水確率はそこまで高くないので、ほとんど降らないとみて、良馬場での開催になるとみています。

今年は京都ではなく阪神開催。大きく違うと感じるのは、最後の直線。
京都開催→直線の長い外回り、坂のない平坦コース
阪神開催→直線の短い内回り、最後に坂があるコース
直線の距離は短くなるものの、長い距離を走った最後に坂がありますので、よりスタミナが求められる舞台だと思います。
スピード持続に長けた馬や、周りがバテた時でもジワジワと加速できる馬たちが活躍すると想定して、各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は天皇賞春(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アリストテレス牡458.0kgC.ルメール
ウインマリリン牝456.0kg横山武
オーソリティ牡458.0kg川田
オセアグレイト牡558.0kg横山典
カレンブーケドール牝556.0kg戸崎圭
ゴーストセ558.0kg鮫島駿
シロニイ牡758.0kg松若
ジャコマル牡758.0kg横山和
ディープボンド牡458.0kg和田竜
ディアスティマ牡458.0kg北村友
ディバインフォース牡558.0kg
ナムラドノヴァン牡658.0kg内田博
マカヒキ牡858.0kg藤岡康
メイショウテンゲン牡558.0kg酒井
メロディーレーン牝556.0kg池添
ユーキャンスマイル牡658.0kg藤岡佑
ワールドプレミア牡558.0kg福永

以上17頭が登録。全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

天皇賞 春(2020)の予想です。

心配していたお天気ですが、現在の予報ではすでに雨マークも外れており、午後からの降水確率は40.0%。降ってもわずかでしょうから、良馬場での開催となると想定しています。

土曜日の京都は、馬場状態が非常に良く、時計もそこそこ出ていたので、時計の速い決着になる可能性もありそうですね。


今年の注目データとしては、記事でも取り上げた、前走3着以内の該当馬たちです。

過去10年、毎年連対中。また毎年2頭以上が馬券になっています。今年もこのデータが継続となってくれれば、人気を集めているフィエールマン(前走有馬記念4着)、キセキ(前走阪神大賞典7着)のどちらかは馬券外になる可能性があるということになりますね。

どちらか1頭しか馬券にならない、またどちらも馬券外になる可能性があるので、今年はこのGⅠ馬2頭を"流し"に回す形で、勝負していきたいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ