専ら軸馬 穴馬 2021 データ 血統 予想

【2021 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 宝塚記念

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

宝塚記念(2021)の予想です。

土曜日の阪神は少し雨が降りましたが、ほとんど影響はなく良馬場での開催となりました。
時計はそこそこ出ていた印象も、高速馬場ってほどではなかったですし、上がりも平均的に映りました。
明日は曇りの予報で降水確率は低め。ほとんど降らないとみて良馬場で考えていきました。

馬場傾向からは後方過ぎると届かない馬場に映りましたので、比較的前め、中団あたりから競馬ができそうな馬たちが有利になるとみて、各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

宝塚記念(2021)のデータ分析です。

今年はクロノジェネシスレイパパレカレンブーケドールと牝馬に人気が集まりそうですが、この3頭の相手となるのはここからではないかと注目している複勝率50.0%の好走データについて本日は見ていきたいと思います。

まず過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は宝塚記念(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤアルバセ658.0kg
アリストテレス牡458.0kg武豊
カデナ牡758.0kg松山
カレンブーケドール牝556.0kg戸崎圭
キセキ牡758.0kg福永
キングニミッツ牡858.0kg小崎
クロノジェネシス牝556.0kgC.ルメール
シロニイ牡758.0kg松若
ミスマンマミーア牝656.0kg岩田望
メロディーレーン牝556.0kg
モズベッロ牡558.0kg池添
ユニコーンライオン牡558.0kg坂井
ヨシオ牡858.0kg
レイパパレ牝456.0kg川田
ワイプティアーズ牡658.0kg和田竜

以上15頭が登録。全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

宝塚記念(2020)の予想です。

今週は全国的に雨予報ではありましたが、土曜日は良馬場でのスタートとなりました。これから深夜帯にかけて少し雨が降る予報にはなっているものの、日曜日は雨のち晴れということで、一旦止むとそこからは降らないと想定。明日も良馬場での開催は期待できるとみています。

そして土曜日の阪神は芝レースが6レースあり、どのレースも最終コーナーで、5、6番手以内につけている馬たちが多く活躍していました。

明日もこの前有利の傾向は変わらないとみていますので、脚質的に馬場を味方につけれそうな馬たちを中心に勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

宝塚記念(2020)のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去10年 枠別成績
成績
(1着-2着-3着-着外)
勝率 連対率 複勝率
11トーセンカンビーナ牡458.0kg浜中俊1-1-4-106.3%12.5%37.5%
2ペルシアンナイト牡658.0kg和田竜二
23グローリーヴェイズ牡558.0kgD.レーン1-1-2-126.3%12.5%25.0%
4アフリカンゴールドセ558.0kg藤井勘一郎
35サートゥルナーリア牡458.0kgC.ルメール0-1-1-140.0%6.3%12.5%
6トーセンスーリヤ牡558.0kg横山和生
47ワグネリアン牡558.0kg福永祐一0-4-0-120.0%25.0%25.0%
8レッドジェニアル牡458.0kg酒井学
59アドマイヤアルバセ558.0kg西村淳也0-2-0-160.0%11.1%11.1%
10メイショウテンゲン牡458.0kg松山弘平
611ラッキーライラック牝556.0kgM.デムーロ1-0-0-195.0%5.0%5.0%
12モズベッロ牡458.0kg池添謙一
713ダンビュライトセ658.0kg松若風馬0-1-1-180.0%5.0%10.0%
14キセキ牡658.0kg武豊
15スティッフェリオ牡658.0kg幸英明
816クロノジェネシス牝456.0kg北村友一7-0-2-1331.8%31.8%40.9%
17カデナ牡658.0kg鮫島克駿
18ブラストワンピース牡558.0kg川田将雅

枠順、出走馬、斤量、騎手に加え、過去10年の枠別成績を挙げています。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

宝塚記念(2020)のデータ分析です。

本日は、複勝率は決して高くはないものの、穴馬の活躍があるとすれば、このデータからではないかと気になっている好走データについて見ていきたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

カテゴリー

↑このページのトップヘ