専ら軸馬 穴馬 2020 データ 血統 予想

【2020 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: セントライト記念

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

セントライト記念(2020)の予想です。

今年は記事内でも少しふれた、ひとつのデータから軸馬を選んでいきました。

注目したのは、前走ダービー・前々走皐月賞組の該当馬です。春のクラシックに出走していた王道路線の馬たちですね。成績は【4-4-2-7】(※データは2014年新潟開催を除く、過去10年分)。

複勝率は5割強なので、めちゃくちゃ数字が良いデータではありませんが、該当馬が出走した6年全てで、連対馬が出てきています。この連対が続いている流れに期待をしています。

今年の該当馬は、人気を分け合うサトノフラッグガロアクリークの2頭。この2頭のどちらかが勝ち負けになってくれることを期待しつつ、予想を組み立てていきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

セントライト記念(2020)のデータ分析です。

本日は、データの該当馬が1頭でなければ必ず好走馬が出てきている、複勝率43.8%のデータについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はセントライト記念(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイブランコ牡356.0kg
エクセレントラン牡356.0kg柴田善
エヒト牡356.0kg
ガロアクリーク牡356.0kg川田
ココロノトウダイ牡356.0kg丸山
サトノフラッグ牡356.0kg戸崎圭
サペラヴィ牡356.0kg石橋脩
ダノンファスト牡356.0kg横山典
バビット牡356.0kg団野
ピースディオン牡356.0kg田辺
フィリオアレグロ牡356.0kgMデムーロ
フォワードアゲンセ356.0kg
マイネルソラス牡356.0kg丹内
ラインハイト牡356.0kg北村友
リスペクト牡356.0kgC.ルメール
ヴァルコス牡356.0kg三浦
※騎手は想定です。

以上16頭が登録。全頭出走可能となります。

セントライト記念(2019)の予想です。

土日の中山は先週に引き続きの馬場でしたが、月曜日は朝からずっと雨が続くようで、馬場は一変しそう。重馬場は避けられないとみていますので、ここは天気や馬場を味方につけれそうなあの馬から中心に勝負したいと思います。

セントライト記念(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アトミックフォース 牡356.0大野
アドマイヤスコール 牡356.0戸崎圭
エターナルヴィテス 牡356.0田中勝
エフェクトオン 牡356.0吉田隼
エングレーバー 牡356.0藤岡佑
オセアグレイト 牡356.0野中
サトノラディウス 牡356.0三浦
サトノルークス 牡356.0川田
ザダル 牡356.0石橋脩
シークレットラン 牡356.0内田博
ショウナンバルディ 牡356.0坂井
タガノディアマンテ 牡356.0田辺
ナイママ 牡356.0柴田大
ニシノデイジー 牡356.0勝浦
ブラッドストーン 牡356.0吉田豊
マテリアルワールド 牡356.0木幡育
ミューチャリー 牡356.0御神本
メイショウテンゲン 牡356.0池添
モズベッロ 牡356.0デムーロ
ランフォザローゼス 牡356.0福永
リオンリオン 牡356.0横山典
ルヴォルグ 牡356.0ルメール
レッドサイオン 牡356.0北村宏
※騎手は想定です。

以上23頭が登録。

フルゲート18頭立てで…
アドマイヤスコール
アトミックフォース
エターナルヴィテス
エフェクトオン
エングレーバー
サトノラディウス
ショウナンバルディ
シークレットラン
マテリアルワールド
モズベッロ
ルヴォルグ
レッドサイオン

の12頭が抽選対象(8/12)。

ブラッドストーン除外対象となります。

セントライト記念の予想です。

現在オッズは、昨年のダービー馬レイデオロの全弟であるレイエンダが単勝オッズ1倍台と、かなり抜けた人気となっています。

血統背景・3戦無敗・ルメール騎手と、人気になるだけの要素は十分にあると思いますが、初の重賞挑戦を考えれば、少し人気になり過ぎている印象。

やはりデータからは前走ダービー組が良い傾向にありますので、前回のデータ分析でも取り上げた、前々走皐月賞→前走ダービーと、クラシックに出走してきた王道路線の該当馬たちから中心に勝負したいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ