専ら軸馬 穴馬 2021 データ 血統 予想

【2021 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ステイヤーズステークス(2020)の予想です。

昨年は1番人気が2着に好走するも、6番人気が1着、11番人気が3着と波乱の結果になりました。ただ、過去10年の結果から見ていくと、昨年はレアケースで、比較的人気馬が堅実な傾向にあります。

今年は人気馬が中心のデータから軸馬を選んでいき、他の好走データと組み合わせて勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ステイヤーズステークス(2020)のデータ分析です。

本日は、軸馬はここから選んでいきたいと期待している、10年連続好走データについて見ていきたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はステイヤーズステークス(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤアルバセ556.0kg大野
アルバート牡956.0kg岩田康
オーシャンビュー牡756.0kg
オセアグレイト牡456.0kg横山典
ゴールドギア牡556.0kg田辺
サンデームーティエセ656.0kg
シルヴァンシャー牡556.0kg戸崎圭
ステイブラビッシモセ756.0kg
タイセイトレイル牡556.0kg坂井
タガノディアマンテ牡456.0kg津村
ダンビュライトセ656.0kg松若
ヒュミドールセ456.0kg吉田豊
ヘリファルテ牡656.0kg石橋脩
ボスジラ牡456.0kg横山武
ポンデザール牝554.0kgC.ルメール
メイショウテンゲン牡456.0kg池添
リッジマン牡756.0kg古川
ルミナスウォリアー牡956.0kg
※騎手は想定です。

以上18頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
ステイブラビッシモ
ヘリファルテ

の2頭が除外対象となります。

ステイヤーズステークス(2019)の予想です。

昨年は4連覇のかかったアルバートを軸馬に予想をしましたが、直前で取消となった当レース。今年はそのアルバートが同一重賞4勝という偉業かけて参戦となります。2015年~2017年までにすでに3連覇を達成しているので、実績からは最上位となりますが、今年で8歳。ピークはすでに過ぎているでしょうし、前走を叩いてどこまで一変するかは走ってみないと分からないところがありますので、相手には残しつつも、今年は登録の時点から気になっていた馬から中心に参加したいと思います。

ステイヤーズステークス(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アルバート 牡856.0マーフィー
エイシンクリック 牡556.0
オジュウチョウサン 牡856.0デムーロ
サンシロウ 牡556.0勝浦
チェスナットコート 牡556.0坂井
ネイチャーレット 牡656.0野中
ベイビーステップ 牡556.0大野
メイショウテンゲン 牡355.0池添
モンドインテロ 牡756.0ビュイック
ララエクラテール 牡756.0石橋脩
リッジマン 牡657.0蛯名
レイホーロマンス 牝654.0
ヴァントシルム 牡556.0田辺
※騎手は想定です。

以上13頭が登録。全頭出走可能となります。

ステイヤーズステークスの予想です。

現在人気の方は、史上初となる同一重賞4連覇がかかるアルバートが1倍台。7歳馬にしてこの人気はすごいことですが、実績や相手関係からはアルバートが馬券外になるイメージは想像しづらいところがありますので、ここは人気でも逆らえないというところで、アルバートを軸馬に、対抗馬・穴馬を加えた形で勝負したいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ