スプリンターズSのデータ展望です。

まずは出走予定馬をみていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アクティブミノル
牡355.0藤岡康
アフォード
牡757.0
ウキヨノカゼ
牝555.0四位
ウリウリ
牝555.0岩田
コパノリチャード
牡557.0Mデムーロ
サクラゴスペル
牡757.0横山典
スギノエンデバー
牡757.0松山
ストレイトガール
牝655.0戸崎圭
セイコーライコウ
牡857.0柴田善
ティーハーフ
牡557.0国分優
ハクサンムーン
牡657.0酒井
バーバラ
牝655.0
ビッグアーサー
牡457.0藤岡康
フラアンジェリコ
牡757.0田辺
ベステゲシェンク
牡557.0北村宏
ベルカント
牝455.0武豊
マジンプロスパー
牡857.0三浦
マヤノリュウジン
牡857.0
ミッキーアイル
牡457.0浜中
リッチタペストリー
セ757.0ルメール
リトルゲルダ
牝655.0川田
レッドオーヴァル
牝555.0
※騎手は予定となります。

以上、海外馬1頭を含む、計22頭が登録されています。

フルゲート16頭となり、除外対象は以下の通り。
アフォード
セイコーライコウ
バーバラ
ビッグアーサー
ベステゲシェンク
マヤノリュウジン

の6頭。

先日ニュースにもなりましたが、賞金的には足りていないレッドオーヴァルがレーティングで5位となり、レーティング上位馬には優先出走権が与えられるとのことで、ビッグアーサーが一転、除外対象に入ることとなりました。出走となれば、人気の1頭とだと思うので、なんとか出走してほしいですね(´・ω・`)。




続いてnetkeibaさんの予想オッズを。
人気馬名予想オッズ
1ベルカント4.1
2ウリウリ4.2
3ストレイトガール4.4
4ミッキーアイル9.4
5ティーハーフ10.5
6ハクサンムーン11.3
7ビッグアーサー14.1
8ウキヨノカゼ14.6
9アクティブミノル16.7
10リッチタペストリー27.1


1番人気予想は、ベルカント
この夏、アイビスサマーダッシュ、北九州記念を連勝。今まさに充実期といったところでしょうか。前走北九州記念組は、過去10年、2-0-1-6(連対率22.2%、複勝率33.3%)で、2008年のスリープレスナイトや2007年のアストンマーチャンといった優勝馬も出しています。また前走北九州記念の該当馬9頭の内、当日人気になったのは、優勝馬の2頭となりますので(他7頭は全て当日二桁人気)、数は少ないですが、過去の優勝馬に続けるかもしれない傾向となっていますね。


2番人気予想は、ウリウリ
これまでマイル前後の距離を主に使っ てきていましたが、前々走CBC賞を制し、前走セントウルステークスで2着と短距離でも高い能力を見せています。脚質的に中山舞台はどうかというところが ありますが、確実に伸びてくる脚はありますので、大きく崩れることは考えにくいという印象ですね。アタマはなくとも掲示板内の最有力といったところでしょ うか。


3番人気予想は、ストレイトガール
前走セントウルステークスでは4着と馬券対象にはならなかったものの、勝ち馬とタイム差はなくそこまで悲観するものではなかったと思います。希望を言えば、もう少し馬体が増えていたらもっと良かったといえますが、6歳という年齢を加味すれば、前哨戦としてはまずまずの内容だったのではないでしょうか。これまでG1舞台では善戦が多い1頭となりますので、実績を考えればここは侮れない1頭となるとみています。


4番人気予想は、ミッキーアイル
前々走高松宮記念では初の1200mを克服し3着と好走。天気、馬場、展開に恵まれたところが大きかったとは思いますが、まだ底を見せていないというところでは魅力を感じますね。また前走安田記念組は、過去10年、1-0-1-7(連対率11.1%、複勝率22.2%)とほめられる路線ではありません。好走馬2頭は2005年のサイレントウィットネスとアドマイヤマックス。サイレントウィットネスは成績を見て頂ければ分かるように、2003年からこの年まではかなり安定して走れていました。アドマイヤマックスは同年高松宮記念の覇者で、2003年にスプリンターズステークスで3着と好走歴がある実績馬でしたので、過去の好走馬2頭と比較すると、少し見劣りは感じますね。

ここまでが予想オッズの一桁台となります。


除外対象ということもありますが、ビッグアーサーは出走となれば、3番人気くらいになるのではないかと考えています。
そんなビッグアーサーはデビューから5連勝で挑んだ、前走北九州記念では、ベルカントに敗れるも、重賞でも通用する力を見せてくれました。デビューから馬体も徐々に増えていき、まだまだ成長過程という印象がありますので、出走叶えばぜひ買いたい1頭と考えています。ただ、ベルカントとのところでも書いたように、前走北九州記念組というのはセントウルSなどに比べると王道路線とは言えませんので、このベルカントとビッグアーサーが2頭共に好走するということはなさそうかなと考えています。



ロードカナロアが引退後、スプリント戦線はずっと混戦模様となっていますので、どこから入るかというところでも、十分悩めそうですね(笑)。前哨戦が終わった時点では、どの馬が買っても驚きはないというのが、正直な感想としてありますので、あまり人気には影響されずに組み立てていければと考えています。


現時点では、ウリウリストレイトガールに注目しています。勝つかと言われると違う気もしますが、軸としては最適かなと考えています。
ウリウリは少々実績面でストレイトガールには劣りますが、末脚の破壊力は他の馬にはないものだと思いますし、前が早くなる可能性もありますので、展開的にも面白かと思います。
ストレイトガールは実績最上位ですね。今年の高松宮記念では大きく敗れましたが、遠征帰り、大外、位置取りが後ろで展開が向かないなどなど、悪いものが重なった印象があります。それまで安定して走れていることを考えれば、ここでは下手な競馬はしてこないとみています。



最後に現時点での穴馬候補を…
A人気ブログランキング(※サクラゴスペルでした)

先週の傾向が引き継がれればという想定ですが、ある血統に目が留まり、その内包馬というところで注目しています。力自体が及ばない可能性も高いんですが、自身もこの舞台を得意としていますし、臨戦過程もこの馬にとっては良いと思います。前走レース別の傾向からは全然手が出しづらいところもあるんですが、適正というところで魅力を感じている1頭と考えています。大穴候補の1頭なりますね。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。