専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 秋華賞

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

秋華賞(2021)の予想です。

土曜日は良での開催となりましたが、天気予報通り、関西は夜から雨が降ってきました。
日曜日の午前中には止む予報となっていますが、それでも雨は残るでしょうから、稍重くらいで考えていきました。
また土曜日の結果からは、まだまだ先行有利な馬場に映りました。

レースを引っ張っていくのはおそらくエイシンヒテンも、ペースのカギを握るのはソダシだとみています。エイシンヒテンのすぐ後ろ、2、3番手で競馬を進めていきそうで、これまでの走りからは、残り1000m~800mあたりから早めに動いていき、徐々にペースが上がっていく流れを想定しました。
瞬発力よりかは持続力勝負になるとみて、長く良い脚が使えそうな馬たちを中心に選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

秋華賞(2021)のデータ分析です。

今年は京都ではなく阪神開催となります。過去のデータは全く通用しない可能性もありますが、同じ関西圏・右回りコースという点では通ずるところはあると思っています。
ということで本日は、過去のデータからいくつか重視しようかなと考えている3つのデータについて見ていきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は秋華賞(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アールドヴィーヴル牝355.0kg松山
アカイトリノムスメ牝355.0kg戸崎圭
アナザーリリック牝355.0kg津村
アンドヴァラナウト牝355.0kg福永
エイシンチラー牝355.0kg
エイシンヒテン牝355.0kg松若
エンスージアズム牝355.0kg岩田望
クールキャット牝355.0kg和田竜
サトノアイ牝355.0kg坂井
サルファーコスモス牝355.0kg川田
ジェラルディーナ牝355.0kg
ステラリア牝355.0kg武豊
スライリー牝355.0kg石川
スルーセブンシーズ牝355.0kg大野
ソダシ牝355.0kg吉田隼
タガノパッション牝355.0kg岩田康
テーオーラフィット牝355.0kg
ファインルージュ牝355.0kgC.ルメール
ホウオウイクセル牝355.0kg丸田
マリアエレーナ牝355.0kg浜中
ミスフィガロ牝355.0kg
ユーバーレーベン牝355.0kgM.デムーロ

以上22頭が登録。

フルゲート18頭立てで、
エンスージアズム
サルファーコスモス
ステラリア
タガノパッション

の4頭が抽選対象(3頭/4頭)。

エイシンチラー
サトノアイ
ジェラルディーナ
テーオーラフィット
マリアエレーナ

の5頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

秋華賞(2020)の予想です。

土曜日の京都は雨の影響で重馬場開催。直線で内をあけるレースも目立っていましたね。ただ、夜にはすっかり雨も止みましたし、日曜日は晴れ予報となっているので、午後には良馬場へと回復していくんじゃないかとみています。
馬場傾向は読みづらいですが、土曜日と同じであれば、差しも効くフラットな馬場と想定しました。

今年は確たる逃げ馬がいないので、どの馬がレースを引っ張るかは難しいですが、内枠に先行馬が揃ったので、マルターズディオサホウオウピースフルあたりが筆頭かと。ただ、内枠の馬たちが牽制し合うと、外枠のウインマリリンアブレイズあたりが勢いをつけて、逃げる形もありそうかと。

ペースは平均かややハイペースを想定。スローペースを嫌う馬がいること、デアリングタクトの爆発力に対抗する策としては前で競馬をすることだと思うので、前への意識が高くなると考えました。

例年通り、差し馬が活躍しやすい流れになるとみていますので、好位から中団あたり、デアリングタクトよりも前の位置で競馬ができそうな馬たちを中心に狙っていきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

秋華賞(2020)のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去10年
枠別成績
成績
(1着-2着-3着-着外)
勝率 連対率 複勝率
11ミヤマザクラ牝355.0kg福永祐一0-3-2-140.0%15.8%26.3%
2リアアメリア牝355.0kg川田将雅
23マルターズディオサ牝355.0kg田辺裕信1-2-2-145.3%15.8%26.3%
4ホウオウピースフル牝355.0kg池添謙一
35ウインマイティー牝355.0kg和田竜二2-0-1-1710.0%10.0%15.0%
6ダンツエリーゼ牝355.0kg太宰啓介
47ムジカ牝355.0kg秋山真一郎1-2-0-175.0%15.0%15.0%
8ソフトフルート牝355.0kg藤岡康太
59サンクテュエール牝355.0kgC.ルメール0-2-0-180.0%10.0%10.0%
10クラヴァシュドール牝355.0kgM.デムーロ
611フィオリキアリ牝355.0kg北村友一1-0-2-175.0%5.0%15.0%
12マジックキャッスル牝355.0kg大野拓弥
713デアリングタクト牝355.0kg松山弘平3-1-3-2210.3%13.8%24.1%
14オーマイダーリン牝355.0kg幸英明
15ミスニューヨーク牝355.0kg長岡禎仁
816パラスアテナ牝355.0kg坂井瑠星2-0-0-286.7%6.7%6.7%
17ウインマリリン牝355.0kg横山武史
18アブレイズ牝355.0kg藤井勘一郎

枠順、出走馬、斤量、騎手に加え、過去10年の枠別成績を挙げています。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

秋華賞(2020)のデータ分析です。

本日は、無敗の3冠を狙うデアリングタクトの相手はここからと期待している、連対率50.0%の好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

カテゴリー

↑このページのトップヘ