当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は秋華賞(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アブレイズ牝355.0kg藤井勘
ウインマイティー牝355.0kg和田竜
ウインマリリン牝355.0kg横山武
オーマイダーリン牝355.0kg
クラヴァシュドール牝355.0kgM.デムーロ
クラヴェル牝355.0kg横山典
サンクテュエール牝355.0kg
ソフトフルート牝355.0kg
ダンツエリーゼ牝355.0kg太宰
デアリングタクト牝355.0kg松山
デゼル牝355.0kg武豊
パラスアテナ牝355.0kg坂井
フィオリキアリ牝355.0kg北村友
ホウオウピースフル牝355.0kg池添
マジックキャッスル牝355.0kg大野
マルターズディオサ牝355.0kg田辺
ミスニューヨーク牝355.0kg長岡
ミヤマザクラ牝355.0kg福永
ムジカ牝355.0kg秋山
リアアメリア牝355.0kg川田
レイパパレ牝355.0kgC.ルメール
※騎手は想定です。

以上21頭が登録。

フルゲート18頭立てで、
クラヴェル
ソフトフルート
ダンツエリーゼ
フィオリキアリ
ミスニューヨーク
レイパパレ

の6頭が抽選対象馬(3頭/6頭)となります。



秋華賞 2020 予想オッズ

続いてnetkeibaさんの予想オッズです。

人気馬名予想オッズ
1デアリングタクト1.2
2リアアメリア5.0
3ウインマリリン17.8
4マルターズディオサ22.0
5レイパパレ29.8
6ウインマイティー31.2
7クラヴァシュドール43.4
8ミヤマザクラ52.4
9マジックキャッスル67.9
10パラスアテナ73.5
11デゼル83.3
12ホウオウピースフル140.7
13ミスニューヨーク142.6
14ムジカ162.2
15クラヴェル164.7
16ソフトフルート188.0
17サンクテュエール194.9
18アブレイズ202.3
19オーマイダーリン250.0
20フィオリキアリ275.9
21ダンツエリーゼ326.9

牝馬3冠最終戦、秋華賞です。デビューから4戦無敗のデアリングタクトが、オークスから直行で無敗の3冠を目指します。歴史的快挙となるのか、本当に楽しみですね。


PR:【京都大賞典+東京盃 合わせて+2万円!】
やはり無料情報はココ!
春もクラシック強かったんですが、秋華賞を前に本領発揮してます!
─────────────────────

─────────────────────
【10月2週目実績(無料)】
◆10/11:京都大賞典
3連複13-2-17/32.8倍×400円
1万3120円/回収率234%
◆10/07:東京盃
ワイド3-7/4.4倍×4000円
1万7600円/回収率352%
─────────────────────

─────────────────────
9月メイン無料公開し4~900%
◆9/21:ブエナビスタC
3連複5-8-13/51倍×400円
2万400円/回収率425%
◆9/13:セントウルS
3連複3-7-16/136.8倍×400円
5万4720円/回収率912%
◆9/16:戸塚記念
ワイド4-13/4.8倍×3000円
1万4400円/回収率288%
─────────────────────
今週もやります!重賞無料開放
12日:マイルCS南部杯
18日:秋華賞

→地方中央重賞の無料情報
春は日本ダービー皐月賞とクラシックをことごとく的中!秋華賞も買いです。

秋華賞 2020 上位馬考察

※データは、過去10年分です。

デアリングタクト
前走はオークス1番人気1着。

前走オークス組は【2-0-0-11】。数年前までは直行組、休み明けは厳しい結果が続いていましたが、近年は結果が出るように競馬全体が変わってきています。昨年のクロノジェネシス、一昨年のアーモンドアイはオークスからの直行で、この秋華賞を制しています。
成績として見れば良くないものの、気にすることはないと思っています。

不安材料は、内回りコースと馬場傾向です。
末脚を武器にしている馬なので、直線の長い桜花賞、オークスに比べると、今回の秋華賞は舞台設定して、一番脚質に合っていないコースだと思います。
あとは馬場傾向。前が止まらない、差しか効きにくい馬場だと、脚質面はマイナスに働くとみています。


リアアメリア
前走はローズS3番人気1着。

前走ローズS組は【4-6-7-55】。最大のトライアルレースということで、毎年出走が多いこともあり、この10連続好走中となります。
前走1着は【1-2-2-4】の成績で、人気馬ばかりにはなるものの複勝率は55.6%。データ上は外せない1頭となりそうですね。

不安材料は、ペースです。
リアアメリアの好走条件は、前半ゆったりと流れてからの、後半上がり勝負だとみています。実際に大敗した桜花賞や阪神JFは、前半のペースが後半のペースよりも速いレースとなっていました。
前半からガンガンペースを上げるような先行馬が揃うと、この馬の出番はないかもしれないですね。


ウインマリリン
前走はオークス7番人気2着。

デアリングタクトと同じく、前走オークス組。先述通り、近年は直行組からも活躍馬が出てきています。ただ、好走しているのは、その年に1頭だけなので、データから考えると、デアリングタクトウインマリリンがともに馬券になるのは難しいかなと考えています。

不安材料は、臨戦過程です。
デアリングタクトのところでは、休み明けは気にしないと書いたものの、それは馬によって変わってきます。ウインマリリンに関してはオークスからの直行となる臨戦過程がマイナスに映っています。
前走、前々走と、春の活躍はコンスタントにレースに出走していた流れがあったので、成績からは叩き良化型とみています。ウインマリリンを狙うのは次走以降がいいかもしれません。


マルターズディオサ
前走は紫苑S5番人気1着。

前走紫苑S組(重賞昇格前を含む)は【3-2-0-42】。連対した5頭はみな当日人気馬で、当日4番人気以内だと【3-2-0-1】と好相性。このデータからは買わずにはいられないですね。
ただ、もうひとつ気になるデータもあります。それは前走人気別のデータです。連対した5頭はみな前走3番人気以内という共通点がありました。前走4番人気以下だと【0-0-0-28】。どちらのデータを重視するか、悩むことになりそうですね。

不安材料は、キズナ産駒です。
キズナ産駒はこれまで重賞7勝を上げ、GⅡ・GⅢでは多く活躍しているイメージがあるものの、GⅠでの成績は【0-1-0-14】と苦戦傾向にあります。
唯一の好走は、阪神JF時のマルターズディオサ自身なので、打ち破れる下地はあるものの、データとしては苦戦しても不思議はないと思っています。


画像

予想オッズの上位馬の中で、最も注目しているのは、もちろんデアリングタクトです。

これまでの4戦からはひとつもふたつも能力は抜けていると思います。単勝オッズ1倍台でも普通に軸にしたいですね。

あとは枠順と馬場傾向。極端な内枠や、極端に内が伸び、前が止まらないといった傾向でなければ問題はないと思っています。ひとまずは前日の競馬に注目したいですね。


秋華賞 2020 穴馬候補

最後に、現時点での穴馬候補の1頭を挙げたいと思います。

京都1[最強]競馬ブログランキングへです。

前走は結果を残せなかったですが、一番の敗因は状態面にあったとみています。本番を見据えた叩き台で、明らかに馬体が緩かったと思います。今回は上積みが見込めますので、パフォーマンスを上げてくるのではないかと注目しています。


1日1クリック、応援いただければ励みになります。
よろしくお願い致します。

最強競馬ブログランキング
ブログランキングとれまが
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ稼ぐ話