当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は紫苑ステークス(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
ウインマイティー牝354.0kg和田竜
エバーマノ牝354.0kg
クロスセル牝354.0kg内田博
コトブキテティス牝354.0kg
シーズンズギフト牝354.0kgC.ルメール
ショウナンハレルヤ牝354.0kg丸山
スカイグルーヴ牝354.0kg戸崎圭
ストリートピアノ牝354.0kg武藤
スマートリアン牝354.0kg横山武
チェーンオブラブ牝354.0kg石橋脩
チャイカ牝354.0kg大野
デジマノハナ牝354.0kg横山典
トラストワージー牝354.0kgMデムーロ
ナリノクリスティー牝354.0kg
パラスアテナ牝354.0kg武豊
フェルマーテ牝354.0kg
フラワリングナイト牝354.0kg
ベデザンジュ牝354.0kg
ホウオウエミーズ牝354.0kg津村
ホウオウピースフル牝354.0kg池添
マジックキャッスル牝354.0kg浜中
マリノソフィア牝354.0kg柴田善
マルターズディオサ牝354.0kg田辺
ミスニューヨーク牝354.0kg加藤
ラヴユーライヴ牝354.0kg
レッドルレーヴ牝354.0kg三浦
※騎手は想定です。

以上26頭が登録。

フルゲート18頭立てで、
エバーマノ
コトブキテティス
チャイカ
トラストワージー
ナリノクリスティー
フェルマーテ
フラワリングナイト
ベデザンジュ
マリノソフィア
抽選対象(1頭/9頭)となります。

紫苑ステークス 2020 予想オッズ

続いてnetkeibaさんの予想オッズです。

人気馬名予想オッズ
1ウインマイティー3.2
2スカイグルーヴ3.8
3シーズンズギフト4.3
4ホウオウピースフル7.3
5マルターズディオサ8.5
6マジックキャッスル13.7
7パラスアテナ23.1
8レッドルレーヴ28
9ラヴユーライヴ44.4
10ミスニューヨーク48.5
11チェーンオブラブ57.0
12ショウナンハレルヤ61.2
13クロスセル103.6
14スマートリアン128.7
15デジマノハナ170
16コトブキテティス198.9
17ベデザンジュ213.5
18エバーマノ221.6
19フラワリングナイト239.8
20チャイカ250.1
21ホウオウエミーズ273.6
22ストリートピアノ273.6
23トラストワージー273.6
24フェルマーテ301.9
25マリノソフィア301.9
26ナリノクリスティー357.3

オークスで13番人気の低評価を覆し3着に好走したウインマイティーが登場。1番人気に支持されそうです。


PR:【今週の無料情報は紫苑S(GⅢ)とセントウルS(GⅡ)をご提供!】

紫苑ステークス 2020 上位馬考察

※データは、過去10年分(※2014年新潟開催を除き、重賞昇格前を含む)です。

ウインマイティー
前走はオークス13番人気3着。

前走オークス組は【1-2-4-19】。好走の多くは前走上位馬から出てきており、前走5着以内であれば【1-1-1-3】。このデータからは順当に評価して良さそうですね。

不安材料は、休み明けです。
これまでの成績からは叩き良化型に映ります。新馬戦、約3ヶ月レース間隔のあいたエルフィンSと、ともに着外です。休み明けは苦手なのかもしれません。


スカイグルーヴ
前走はフローラS1番人気5着。

前走フローラS組は【1-0-0-6】。該当馬の当日人気は7,12,2,5,2,16,11番人気で、唯一の勝利馬は、当日2番人気馬でした。数が少ないので評価は難しいですが、同じく人気を集める点はプラスに働くかもしれないですね。

不安材料は、キャリアの少なさです。
キャリア3戦以下の成績は【0-1-0-13】と苦戦しています。2着に好走したの2010年6番人気だったクラシックシード。中山舞台は2戦2勝と底を見せていませんでした。また2010年なので重賞昇格前、近年ほどレースレベルも高くはなかったかもしれません。
このキャリア数別のデータからは手が出しづらい印象を受けますね。


シーズンズギフト
前走はニュージランドT8番人気8着。

前走ニュージランドT組はレース間隔もあいており、該当馬がいませんでした。また前走中山組で見ていっても【0-0-0-5】。数は少ないですが、臨戦過程はマイナスに映りますね。

不安材料は、状態面です。
前走のレース後、骨折が判明。今回は怪我明けのレースとなります。出てくるからには問題ないとも考えられますが、春ほどの力が戻っていない可能性もあると思います。


ホウオウピースフル
前走はオークス10番人気8着。

ウインマイティーと同じくこちらも前走オークス組。先述通り、好走の多くは前走上位馬からで前走6着以下になると【0-1-3-16】となり、前走5着以内と比較すると数字は落ちます。ただ、昨年は2着、一昨年は3着、2017年は惜しくも4着も、2016年は3着と、近年は好調です。この流れからは注目したいですね。

不安材料は、気性面です。
前走は最後の直線で何度もクビを傾け、走るのを嫌がっているように見えました。スタート前から少しテンションが上がっていたようですが、走るのが嫌になっていないか心配がありますね。


マルターズディオサ
前走はオークス12番人気10着。

ウインマイティーホウオウピースフルと同じく前走オークス組。オークスでの着順は登録馬の中で最も下となりますが、昨年の2着馬フェアリーポルカは前走16着からの巻き返しでしたので、気にすることはないと考えています。

不安材料は、距離です。
前走は枠や距離が敗因だったとみていますが、2000mも長い可能性があります。現状の成績からはマイル戦がベスト。出番はここではないかもしれません。



予想オッズの上位馬の中で、最も注目しているのは、ホウオウピースフルです。

前々走のフローラSはクビ差の2着と敗れましたが、直線で前が塞がるロスがあり、追い出しが遅れました。負けて強しの内容で、スムーズであれば勝っていたと評価しています。

気性面には不安がありますが、前走から距離が短縮されるのはプラスに働くとみていますので、ここでの巻き返しを期待しています。


紫苑ステークス 2020 穴馬候補

最後に、現時点での穴馬候補の1頭を挙げたいと思います。

中山1[最強]競馬ブログランキングへです。

他の馬たちと比較すると実績は見劣りますが、堅実さは評価したいですね。また2000mという距離も合うのではないかと気になっています。


1日1クリック、応援いただければ励みになります。
よろしくお願い致します。

最強競馬ブログランキング
ブログランキングとれまが
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ稼ぐ話