札幌記念のデータ展望です。

本日は、過去の結果から、少し手が出しづらいなと感じる、ある組について見ていきたいと思います。
その、その手が出しづらい●●●組というのは…

前走から斤量増組

です。


以下は、前走から斤量変化別の成績を記載しています。データは2013年函館開催を除く、過去9年です。
■斤量増組
0-0-1-44(連対率0.0%、複勝率2.2%)

■斤量増減ナシ組
3-5-5-31(連対率18.2%、複勝率29.5%)

■斤量減組
6-4-3-27(連対率25.0%、複勝率32.5%)

ご覧のように、斤量増組はかなり低いですね。極端に該当馬が少ないということもないんですが、過去9年の中で、好走馬はわずか1頭のみ。しかも連対馬ではなく3着となっています。


登録馬の中で、前走から斤量が増える該当馬は…
サイモントルナーレ
ステラウインド
スワンボート
ダービーフィズ
ハギノハイブリッド
フレージャパン
ヤマカツエース

以上、7頭。

出走してこないだろう馬も含まれますが、今年は思っていた以上に該当馬が多く、当日そこそこ人気になりそうな、前走函館記念の上位馬3頭が全馬ここに該当しています。ここが、今回取り上げたかった、また注意しておきたいと思った、一つの大きな理由となりますね。

当初はこの中に注目馬がいたので、そこを軸になんてことを考えていましたが、いくかデータを見渡し、今回取り上げた複勝率2.2%というのを考えると、さすが手が出しづらいなと(; -д-)。この中から買い目には入れる馬は、数頭出てくるとは思いますが、あえて狙いにいくのは危険かなと感じています。



最後に、今回挙げた7頭以外から、注目したい軸馬候補を。
D人気ブログランキング(※ディサイファでした)

馬場適性は未知数なところがありますが、血統面、距離適性というところでは、ここでは上位争いをしてくれるのではないかと期待したい1頭と考えています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。