札幌記念のデータ展望です。

まずは出走馬予定馬を見ていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
サイモントルナーレ
牡957.0丸田
サクラアルディート
牡757.0北村宏
ステラウインド
牡657.0蛯名
スワンボート
牡557.0吉田隼
ダービーフィズ
牡557.0岩田
ディサイファ
牡657.0四位
トーホウジャッカル
牡457.0酒井
トウケイヘイロー
牡657.0柴田善
ハギノハイブリッド
牡457.0藤岡康
ハナズリベンジ
牝455.0
ヒットザターゲット
牡757.0小牧
フレージャパン
牡657.0国分恭
ヤマカツエース
牡354.0池添
ラキシス
牝555.0ルメール
ラストインパクト
牡557.0川田
※騎手は予定となります。

以上、15頭が登録されています。

ラキシスラストインパクトディサイファ、前走函館記念の上位3頭であるダービーフィズハギノハイブリッドヤマカツエースと、近走内容や実績からは、このあたりが当日人気を分けあいそうですね。また前走宝塚記念は長期休み明けとなりましたが、久しぶりに適度な間隔でレースに臨む菊花賞馬トーホウジャッカルが、どのくらいに位置づけるのか気になるところですね。



さて、本日注目したいのは血統面です。

まずはこちらをご覧ください。
2014年:1-0-0-4
2013年:0-1-1-4
2012年:1-0-1-3
2011年:1-1-1-3
2010年:0-1-1-3
2009年:0-1-1-4
2008年:1-0-0-3
2007年:1-1-0-4
2006年:0-0-1-3
2005年:1-0-0-3

上記は、過去10年、母父ノーザンダンサー系の成績となります。
(タイトル内の●●●は母父ノーザンダンサーでした。)

11年前の2004年は該当馬が5頭いて全馬敗れているので、そろそろ途切れる可能性もなきにしもですが、昨年ハープスターが勝利したことにより、2014~2005年の過去10年連続で好走馬が出ている1つの傾向となります。昨年に続いて、この傾向を追っていきたいなと考えています。


今年の登録馬の中で、母父ノーザンダンサー系なのは…
サクラアルディート
ステラウインド
ラキシス

の3頭。

今年は過去と比べると該当馬が少ない分、少しコワいところもあるんですが、その分絞り込みはしやすいかと考えています。また血統的には王道血統の1つですし、サクラアルディートステラウインドは前走連対、ラキシスは前走宝塚記念で2番人気を背負った実績馬、この3頭は全馬G2以上の重賞で好走歴がある馬たちとなりますので、ここから最低1頭は好走が期待できるのではないかと。現時点では該当馬も少ないので、すんなり軸馬候補をここから探そうかと考えています。年齢や実績を考えればラキシス>ステラウインド>サクラアルディートといった順で現時点では評価しています。



その他、注目したい血統の一つとしては、グレイソヴリン系内包馬もありますね。該当馬の中で、現時点で注目しているのは…
B人気ブログランキング(※ハギノハイブリッドでした)

父方の血統的には、この札幌はどうかなというところもあるんですが、それは前走も同じく思ったことなんですよね。この登録馬の中では、そこまで人気にもならないと思いますので、現時点では穴馬候補の1頭と考えています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。