札幌2歳ステークスの予想です。

これまで展望で見ていったところを中心に組み立てていきました。ではまず軸馬から。
軸馬は、プロフェット
前走スローで流れた部分はありますが、最後の3Fは11.8 - 11.2 - 11.2と、加速しまとめっていった部分を素直に評価しました。あの脚が使えれば、自ずと結果はついてくるとみています。父ハービンジャーもこの舞台で活躍していますし、鞍上はルメール騎手と心強いですね。またここ数年6枠から好走馬が出ていませんので、そろそろパターンも十分にあると思いますので、ここは逆らう必要はないと思います。


対抗馬は、アラバスター
プロフェット同様に父ハービンジャーで、母は阪神JFを制したレーヴディソールという良血。レーヴドスカー一族はクラシックでは活躍があまり見れないですが、2歳時には活躍が目立ちますので、ここは勝負時かと。こちらはプロフェットに比べると、前走内容が劣りますが、ジワジワとスタミナを活かせる脚は持っているように映りましたので、前走のように好位からの粘りこみを期待したいと思います。

2頭ともにハービンジャー産駒というところで、重賞ではワンパンチ足りないところはあるんですが、共にその他の血統背景がしっかりとしていますので、この時期、この舞台であれば、勝ち負けになってくれると期待しています。


続いて、合わせて2頭、対抗馬と穴馬を。ラヴアンドポップとF人気ブログランキング(※クロコスミアでした)。
前回の展望でも注目した2頭で、前走はそこまで差はなかったので、現在の人気ほどの差はないというところで、共に選出。好相性の組となりますので、ここは傾向通り好走を期待したいと思います。また出走馬の多くはハナを切ったり、先団につけたレースしか経験がない中で、この2頭は好位からの差し競馬を経験していますので、展開次第ではありますが大崩れは考えにくいかとみています。


冒頭にも挙げた通り、今週展望で注目したサンデーサイレンスの有無、前走レース別の傾向から順に選んでいった感じですね。もともと注目していた馬たちは、展望で挙げた傾向には合わない馬が多かったので、悩ましいところではありましたが、どこかの傾向が崩れても1つくらいではないかというところで、傾向を信じる形で組んでいきました。傾向が全く崩れなければ、ここから最低2頭以上は好走馬が期待できるのではないかと考えています。ただ、14頭立て以上になると波乱傾向があるレースなので、傾向に合っていない馬も“流し”に入れつつ勝負したいと思います。

<札幌2歳ステークス 2015 予想>
◎軸馬:10プロフェット
◯対抗馬1:3アラバスター
▲対抗馬2:5ラヴアンドポップ
△穴馬:F人気ブログランキング(※クロコスミアでした)
☆流し:6、7、8、9、14番以外
推奨馬・馬券について

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。