専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: ラジオNIKKEI賞

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ラジオNIKKEI賞(2022)のデータ分析です。

本日は、複勝率の高い好走データはありませんが、過去の好走馬の約7割が該当。今年も継続となるのか気になっている、10年連続勝利条件について見ていきたいと思います。

今回は各年該当馬が多いので、好走馬のみを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はラジオNIKKEI賞(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
オウケンボルト牡352.0kg
クロスマジェスティ牝353.0kg三浦
グランディア牡354.0kg坂井
ゴーゴーユタカ牡354.0kg田辺
サトノヘリオス牡355.0kg岩田望
ショウナンマグマ牡353.0kg菅原明
ソネットフレーズ牝354.0kg津村
タガノフィナーレ牝351.0kg吉田豊
フェーングロッテン牡355.0kg松若
ベジャール牡356.0kg戸崎圭
ホウオウノーサイド牡353.0kg永野
ボーンディスウェイ牡355.0kg石橋脩
ミッキーブンブン牡352.0kg菊沢

以上13頭が登録。
フルゲート16頭立てで、全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ラジオNIKKEI賞(2021)の予想です。

今週は前回の記事で勝ち負けを期待したい好走データを取り上げましたが、もうひとつ似たデータを見つけました。
どちらもデータの該当馬は3頭ずつ。被りはありません。
各々の好走データから勝ち負けとなる馬が出てくることを期待しつつ、今年は完全にデータ頼みで勝負してみたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ラジオNIKKEI賞(2021)のデータ分析です。

本日は、複勝率は高くはないものの、出走が2頭以上となればあれば必ず連対となっている好走データについて取り上げたいと思います。

まず過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はラジオNIKKEI賞(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイコンテーラー牝351.0kg亀田
アサマノイタズラ牡356.0kg嶋田
グランオフィシエ牡353.0kg大野
シュヴァリエローズ牡355.0kg吉田隼
ジュンブルースカイ牡354.0kg岩田望
スペシャルドラマ牡353.0kg戸崎圭
タイソウ牡353.0kg三浦
デルマセイシ牝351.0kg菅原明
ネクストストーリー牝351.0kg
ノースブリッジ牡354.0kg岩田康
プレイイットサム牡354.0kgM.デムーロ
ボーデン牡355.0kg武藤
リッケンバッカー牡356.0kg
ロードトゥフェイム牡353.0kg木幡巧
ワールドリバイバル牡353.0kg津村
ワザモノ牡353.0kg柴田善
ヴァイスメテオール牡354.0kg丸山
ヴェイルネビュラ牡355.0kg田辺

以上18頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
ヴェイルネビュラ
アサマノイタズラ
シュヴァリエローズ
リッケンバッカー

の4頭が賞金上位馬

ボーデン除外対象馬で、残り13頭が抽選対象(12頭/13頭)となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ラジオNIKKEI賞(2020)の予想です。

土曜日の福島芝は重でのスタート。ただ、雨はほとんど降っていなかったので、時計はかかっていましたが、開幕週なので馬場状態は良く映りましたね。そして芝の5レースは全て、逃げ馬が馬券に絡む結果に。前残りには警戒したいところ。

今年は前回の記事で取り上げた、好走データの該当馬から1頭、もともとから気になっていたあの馬から中心に勝負したいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ