大阪杯のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 騎手 過去10年
枠別成績
連対率 複勝率
1 1 ミッキースワロー 牡4 横山典 0-0-0-10
0.0% 0.0%
2 サトノダイヤモンド 牡5 戸崎圭
2 3 ヤマカツエース 牡6 池添 0-0-2-9 0.0% 18.2%
4 シュヴァルグラン 牡6 三浦
3 5 ペルシアンナイト 牡4 福永 1-3-1-9 28.6% 35.7%
6 スマートレイアー 牝8 四位
4 7 ゴールドアクター 牡7 吉田隼 2-0-1-11 14.3% 21.4%
8 アルアイン 牡4 川田
5 9 トリオンフ セ4 田辺
1-3-1-12 23.5% 29.4%
10 サトノノブレス 牡8
6 11 ウインブライト 牡4 松岡 1-1-2-15 10.5% 21.1%
12 ヤマカツライデン 牡6 酒井
7 13 マサハヤドリーム 牡6 北村友 3-2-1-13
26.3% 31.6%
14 ダンビュライト 牡4 浜中
8 15 スワーヴリチャード 牡4 M.デムーロ 2-1-2-14 15.8% 26.3%
16 メートルダール 牡5 松山

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年(G2時のものを含む)の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。


この10年の結果からは、内枠劣勢、外枠優勢というはっきりとした結果が出ています。
ただ、昨年G1昇格した年も含め、この10年ではフルゲート16頭立てになってことは1度もなく(最高は15頭立ても1回のみ。)、10頭前後の少頭数だった年が大半なので、枠傾向に関しては、前日・当日の馬場傾向をより重視したいなと考えています。

大阪杯 2018 好枠だと思う穴馬候補

当日人気となりそうな…
サトノダイヤモンドは、1枠2番
シュヴァルグランは、2枠4番
アルアインは、4枠8番
スワーヴリチャードは、8枠15番
に入りました。


サトノダイヤモンドは、1枠2番。
キャリアで初となる1枠です。これまでは6枠か8枠が多かったということもありますが、インを突いてくるイメージは全くないので、この枠をどう捌けるか気になるところ。
内回りコースは、外回りコースよりも最後の直線で内が密集しやすくなると思うので、包まれる心配も含め、少しマイナスな枠に入ったのではないかとみています。


シュヴァルグランは、2枠4番。
久しぶりの2000m戦、初騎乗となる三浦騎手というところで、どこから競馬を進めるか読みづらいですが、サトノダイヤモンドとは違い、馬群を割ってくる競馬も経験がありますので、極端な位置取りにならなければ、内過ぎないこの枠は悪くないとみています。


アルアインは、4枠8番。
ちょうど真ん中なのでレースは運びやすそうですし、偶数番というところも◯。普通に良い枠に入れたと思います。
ただ、枠の影響から、スワーヴリチャードサトノダイヤモンドよりも人気になる可能性も出てきたと思うので、あまりに人気になりすぎると、疑いたい気持ちが芽生えそうですね。


スワーヴリチャードは、8枠15番。
この枠なら包まれる心配もないでしょうし、差し脚質には合っていると思いますが、やはり少し外過ぎる印象を受けますね。枠順だけから考えれば、右回りコースの心配がさらに増したかなとみています。



現状、有力どころでは、無難ながらも真ん中に入れたアルアインが一歩リード、良い枠に入れたと思います。ただ、前日の結果、馬場次第では、内・外どちらにも向く可能性は残っているでしょうから、あとは明日の結果に注目しつつ、当日まで悩みたいと思います。




最後に、まだ馬場は読めないですが、今回の枠順だけを見て、少し気になってきた1頭を挙げたいと思います。
D人気ブログランキング
(※スマートレイアーでした)
です。

臨戦過程や年齢からは手が出しづらいですが、この馬にとっては良い枠に入れたとみています。当日は人気にもならないでしょうから、ひとまずは馬券に残しておきたい穴馬候補と注目しています。


1日1クリック、応援いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。