オークスの予想です。

今年は阪神JF馬であるメジャーエンブレムも、桜花賞馬であるジュエラーもいないオークス。これは2007年以来のことで、この年は、前走フローラステークスを勝利したベッラレイアが1番人気に支持されるも、桜花賞4着、チューリップ賞5着、阪神JF4着と、近走堅実な走りを見せていたローブデコルテが勝利。3着にはトライアルレースとしてはほとんど好走馬が出てきていない、前走スイートピーステークス組から3着馬が出てきました。

この2007年の結果に注目して、歴史は繰り返されるのではないかということで、前走スイートピーステークス組の連対馬である、フロムハイマートとジェラシーで勝負しようと考えていたんですが、やっぱりあまり人気はないんですよね。2回目の展望で挙げた勝利数別の傾向からは難しいのかなと。

そんな前々回の展望で注目した傾向は、以下の通り。
・2勝馬で単勝オッズ20.0倍未満

4-2-3-21(連対率20.0%、複勝率30.0%)

2勝馬で単勝オッズ20.0倍以上
0-0-0-57


・1勝馬で単勝オッズ40.0倍未満

0-2-2-8(連対率16.7%、複勝率33.3%)

・1勝馬で単勝オッズ40.0倍以上
0-0-0-30


この傾向を見ていただければ察しがつくと思いますが、勝利数に関係なく、この10年、単勝オッズ40倍以上の馬は全く走れていないんですよね。もちろん、もっと過去を遡れば、単勝オッズ100倍以上ついた馬の好走もありますが、この傾向を考えれば、スイートピーステークス組の2頭は少し狙い過ぎなのかと感じました。

そこでこの勝利数別の傾向や、単勝オッズ40倍未満というのを一つの目安に、少し波乱を期待しつつ、その他の馬たちから組み立てていくことにしました。ではここから予想です。


オークス 2016 予想

軸馬は、シンハライト
これまでも挙げてきましたが、買いたい理由としては…
・これまでに3勝以上を上げている。2回目の展望で挙げたように、3勝以上の馬はずっと連に絡んでいます。

・上位人気の多くには父非サンデー系に対し、この馬はサンデー系。且つ、ここ4年連続で連対馬を出しているディープインパクト産駒。

・王道のステップレースである前走桜花賞組で、最先着馬。

・今年のG1舞台で、3着以内の好走が目立つ池添騎手。


と、他にも細かく挙げていけば、好走データをいくつも持った馬となりますので、ここは逆らえないな感じています。もちろん、前走ハナ差敗れていますので、前走のように早めに先頭に立つと、良い目標にされる可能性もありますが、それは池添騎手も反省しているとのことなので、今回は勝利を期待したいですね。



対抗馬は、チェッキーノ
シンハライトを買うならこの馬は避けても良かったんですが、やはりこちらもシンハライト同様に、3勝馬で、前走フローラステークスの臨戦過程としても良く、好走データにいくつか該当していますので、無視はできないなと。

もちろん、1回目の展望でも挙げたように、父キングカメハメハとなりますので、過去の好走馬は、後に3冠牝馬となったアパパネくらいしかいませんが、父サンデー系に比べれば該当馬自体が非常に少ないということもあります。当日人気になった馬もあまりいませんので、そろそろ好走してくれるパターンに期待したいと思います。

シンハライトは無難に走ってくれると信じていますが、シンハライトが連を外すようなことがあれば、同じ3勝馬であるこちらがカバーしてくれるとということで、2番手評価となります。


と、結局1、2番人気を選ぶ形となってしまったんですが、その他もベタに傾向を追っていけば、現在そこそこ人気になっている馬たちにたどりついてしまうところがあるんですよね。傾向を考えれば波乱はないということなんでしょうが、今回も1、2番人気は入れていますので、そのへんはカバーできるとみていますので、ここからは昨年のリベンジもかねて穴馬を狙っていきたいと思います。


まず穴馬1頭目は、ペプチドサプル
展望でも注目した穴馬なんですが、傾向的には選んではいけない馬ですね(´Д` ;)。冒頭にも2回目の展望でも挙げたように、2勝馬で、単勝オッズ20倍未満の馬は、この10年馬券に絡んでいません。現在のオッズ的には消しの1頭なんですよね。ただ、単勝オッズ40倍未満にはいますので、少しデータの幅が出てきてくれればチャンスがありそうかなと、都合良く考えました。

臨戦過程も全然良くないので、こなくても不思議ではない馬なんですが、この馬に注目したいと考えたのは…
・父マンハッタンカフェ=父サンデー系であること。
・チェッキーノとは、3走前のアネモネステークスで、0.2秒差の3着。
・シンハライトとは、4走前の紅梅ステークスで、0.2秒差の4着。

・5走前の阪神JFで、アットザシーサイドより僅かに先着して4着と掲示板を確保。
と、舞台は違えど現在人気になっている2頭とも差の競馬をしていますし、別路線となりますが、それなりの相手とやりあって堅実な走りをみせています。また父サンデー系の活躍が目立つこのオークスということを考えれば、そこそこやれるだけの下地はあるのではないかと。

またこの馬は、前々走忘れな草賞で2着と、一応ステップレースに出ているんですよね。これは阪神JF馬、桜花賞馬が不在となった2007年に3着となったラブカーナとカブるところがありますので、なんとも怪しいなと。思いっきり傾向に反する馬ではありますが、期待してみたいと考えました。



最後にもう1頭穴馬は、F人気ブログランキング(※フロンティアクイーンでした)。
こちらはペプチドサプルとは違い、勝利数別の傾向、単勝オッズの傾向的に合った1頭から選んでいきました。もちろん、前走レース別の傾向からは着順だけが少し気にはなるものの、内容としては、中団につけた馬、追込馬たちが上位を占める中で、唯一先団グループで上位争いに加われましたので、力は示した内容だったと思います。また前走は少し試した走りのようにも感じましたので、前走の内容がこのオークスで活かさるのではないかと考えました。

またこの馬自身、東京でも実績がありますし、このオークスで実績もある鞍上も強い味方。これまで相手なりに走れており、それでいて近走大崩れはありません。前走同様、最後の直線で上位争いに加わっていれば、しぶとい脚が使える馬だと思いますので、前走よりも一つでも上の着順を期待したいですね。


<オークス 2016 予想>
◎軸馬:シンハライト
◯対抗馬1:チェッキーノ
▲穴馬1:ペプチドサプル
△穴馬2:F人気ブログランキング(※フロンティアクイーンでした)
☆流し:1、2、7、9、10、15、16、18番以外
推奨馬・馬券について

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。