日本ダービーのデータ展望です。

まずは出走予定馬を挙げていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
アグネスフォルテ
牡357.0松山
アジュールローズ
牡357.0ボウマン
イモータル
牡357.0石川
エアスピネル
牡357.0武豊
サトノダイヤモンド
牡357.0C.ルメール
シャドウアプローチ
牡357.0
ジョルジュサンク
牡357.0
スマートオーディン
牡357.0戸崎圭
ディーマジェスティ
牡357.0蛯名
ブラックスピネル
牡357.0ルメール
ブレイブスマッシュ
牡357.0横山典
プロディガルサン
牡357.0田辺
プロフェット
牡357.0浜中
マイネルハニー
牡357.0柴田大
マイネルラフレシア
牡357.0
マウントロブソン
牡357.0T.ベリー
マカヒキ
牡357.0川田
リオンディーズ
牡357.0M.デムーロ
レインボーライン
牡357.0福永
レッドエルディスト
牡357.0四位
ロードクエスト
牡357.0
ロイカバード
牡357.0
ヴァンキッシュラン
牡357.0内田博
※騎手は予定となります。

以上、23頭が登録されています。

除外対象は…
ジョルジュサンク
シャドウアプローチ
ブラックスピネル
マイネルラフレシア
ロイカバード
の5頭。

日本ダービー 2016 予想オッズと上位人気馬について

ここからは、netkeibaさんの予想オッズと、上位人気馬についてみていきたいと思います。
人気馬名予想オッズ
1マカヒキ2.8
2ディーマジェスティ3.8
3サトノダイヤモンド3.9
4リオンディーズ5.7
5スマートオーディン10.1
6ヴァンキッシュラン10.6
7エアスピネル25.0
8プロディガルサン65.9
9レッドエルディスト77.1
10マウントロブソン78.5
※上位10頭を記載しています。


皐月賞は、2歳チャンピオンであるリオンディーズ、前哨戦弥生賞でそのリオンディーズを破ったマカヒキ、別路線から3戦無敗だったサトノダイヤモンドと、この3頭が当日人気を分け合う形となり、「3強」と言われていましたが、結果としてはこの3頭から皐月賞馬は出てこず、当日8番人気だったディーマジェスティ―が勝利しました。現時点での予想オッズでは、前走皐月賞で人気した3頭に、皐月賞馬が加わる予想オッズとなっています。リオンディーズはやや差があるものの、残りの3頭はほぼ横並びで、当日もそんな形になる可能性がありそうですね。



ではここから、予想オッズの上位人気馬たちについてみていきます。

1番人気予想:マカヒキ

前走皐月賞では、最速上りの脚で2着と好走。これまでキャリア4戦全て上がり最速と、確実に伸びくる末脚は魅力を感じますね。これまでの走りからは大崩れするイメージは持てないですし、最後の最後には上位に加わってくれるとみていますが、やはり気になるは、位置取りと展開ですね。

脚質的にどうしても位置取りが後ろになりますので、前走のように展開が向いてくれれば良いですが、展開が向なかった場合は、前走同様、勝利には届かないということがありそうかと。過去にはキズナ、オルフェーヴル、ディープスカイあたりが、 後ろから追い込んでダービー馬に輝きましたが、その他の年は中団や前目の位置取りをつけた馬たちが勝利しています。

騎乗予定の川田騎手もその点は分かっていると思いますので、何かしら工夫はしてきそうですが、有力馬たちの中では、この馬が一番後ろに位置取りそうなので、それがプラスになるか、マイナスになるかですね。現時点では、ちょっと選びづらい1頭と考えています。



2番人気予想:ディーマジェスティ

前走は3強を見事破り、皐月賞馬に輝きました。蛯名騎手曰く、前走はハマったと言っていましたが、掲示板内に載った馬たちは、オッズ通り当日上位に支持された人気馬たちのみでしたので、いくら展開がハマったとはいえ、力がなければ勝つことはできなかったでしょうから、引き続き、注目したい1頭になりそうですね。

前走は人気がなかった分、マークされることはなかったと思いますが、皐月賞馬になった今、今回はある程度、他の馬たちにマークされる立場になりますので、その点は少し不安点ではありますね。

また馬とは別の話になりますが、注目したいこといえば、鞍上予定の蛯名騎手ですね。22年連続でこのダービーに騎乗、これで24回目の挑戦となりますが、未だダービーは未勝利。近年で言えば、2014年の皐月賞馬イスラボニータで2着と惜しいところまできていますので、そろそろがありそうですが、馬自身は2冠という高いハードルもありますので、また取れないということがあっても不思議はなさそうですね。



3番人気予想:サトノダイヤモンド

前走皐月賞では1番人気に支持されましたが、結果は3着。前走きさらぎ賞からの参戦ということで、他の馬たちよりも臨戦過程が良くなかったことを考えれば、この3着は十分に力を見せつけた結果だったと思います。また前走は、位置取りが連対馬2頭よりも前だったので、同じ様な位置取りで競馬ができれば、もう少し結果は違っていたという見方もできますね。

陣営はデビュー当時からずっとダービーが最大の目標と掲げていました。きさらぎ賞→皐月賞という臨戦過程もそのためのものでしたので、前走を叩き台と考えれば、引き続き、ここは期待したいところがありますね。

と、 臨戦過程、前走の走りからはもちろんここでも有力だとみていますが、一つ気になることがあるんですね。それは名前です。失礼なのは承知の上で書かせていただきますが、「サトノ」という名前がどうしても気になります。競馬に詳しい方の中では有名な話だそうですが、「サトノ」の馬でG1馬になった馬は未だ出てきていません。 サトノダイヤモンドはこれまで所有された馬の中でも最高傑作ということですが、どうしてもこの名前が気になりますね。。。能力、臨戦過程、前走レース別の 傾向など良いデータは揃っていますので、この馬には大いに期待していますが、現時点では2着までかなと考えています。



4番人気予想:リオンディーズ

これまでどの馬も達成できなかったキャリア1戦でのG1制覇をやってのけた2歳王者。前走皐月賞では、スタートから行きっぷりが良く、3コーナーで先頭に立ってしまい、最後の直線は失速。若干の妨害もあり降着となり、結果は5着となっています。

前走は、前の位置取りで、後ろに有利なペースということを考えれば、5着に残れたのは、高い能力があるからだという見方もできますが、この馬の能力を最大限に活かせた走りかというと、そうではないように映っています。個人的には、朝日杯FSで見せた末脚が印象的なので、あそこまで後方からでなくても、もう少し後ろ、中団あたりから競馬ができれば理想と考えていますが、この馬の気性もあり、近走は前に行きたがるところがありますので、その点は非常に不安点ですね。

前走とは違う位置取りで競馬ができれば、十分巻き返す力はあるとみていますが、前走と同じ様な競馬になってしまうと、前走と同じ様な結果になるでしょうね。


以上が、予想オッズの単勝オッズ一桁台の4頭となります。


今回挙げた4頭、現時点での評価としては、以下の通りと考えています。
1着候補:ディーマジェスティリオンディーズ
2、3着候補:マカヒキサトノダイヤモンド

正直、どの馬たちも力がある馬だと思っていますので、どれがきても納得なんでしょうが、「勝つ」ということに関しては、ディーマジェスティリオンディーズ、この2頭に注目しています。


サトノダイヤモンドマカヒキは先に挙げた通り。またこの2頭は、東京舞台、左回りが初というのも気になるところ。

リオンディーズも2頭と同様に、東京舞台、左回りは初となりますが、この馬に関しては、個人的に応援したい馬ということで、偏った見方となりますね(*・ω・)ノ 他の馬たちよりも能力は少し上にあると感じているので、先にも挙げた通り、中団あたりで折り合ってくれれば勝てる力はあると思うんですが、どうなるでしょうね。


そして、個人的な感情を抜きに考えれば、ディーマジェスティが最有力とみています。有力馬たちの中で、唯一東京実績がありますし、そこで勝利しているということは適性も高そうで、ここはアドバンテージになると思います。また前走は後ろからの競馬となりましたが、これまでの走りからは、中団からも競馬ができる馬なので、極端な位置取りにならないというところでは、展開面での不安も少ないと思います。また明日以降、ダービーに関してはデータ展望を行っていく予定ですが、現時点では、ディーマジェスティが最も不安が少ないというところで、現時点での軸馬候補の1頭と考えています。



最後に、今年は堅く決まりそうな気もしていますが、現時点で気になっている穴馬候補挙げたいと思います。
A人気ブログランキング
(※エアスピネルでした)
です。

ここ数戦の結果からすでに勝負付けはついてしまった馬のようにも感じますが、前走はペースや位置取りを考えれば力を見せた1頭だと思います。もちろん、この馬が勝つことはないと思っていますが、前走よりかは展開はこの馬に向く可能性があるとみていますので、好走のチャンスは残っているのではないかと考えています。人気もここでグッと下がってくれれば妙味もありそうなので、穴馬候補の1頭として注目しています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。