新潟2歳Sのデータ展望です。

まずは出走予定馬を見ていきます。
馬名性齢負担
重量
騎手
ウインファビラス
牝254.0松岡
ウインミレーユ
牝254.0内田
エポック
牡254.0石橋
カネノイロ
牡254.0柴田善
カミノライデン
牡254.0西田
キャプテンペリー
牡254.0大野
シトロン
牝254.0嘉藤
タニセンビクトリー
牡254.0江田照
トウショウドラフタ
牡254.0吉田豊
トモジャクール
牝254.0田中勝
ノーフォロワー
牡254.0丸山
ヒプノティスト
牡254.0柴田善
ファド
牝254.0津村
プリンシパルスター
牡254.0
ペルソナリテ
牝254.0柴田大
マコトルーメン
牡254.0勝浦
ルグランフリソン
牡254.0北村宏
ロードクエスト
牡254.0田辺裕
※騎手は予定となります。

以上、18頭が登録されています。何もなければ全馬出走となりますね。


続いて、現時点でのnetkeibaさん予想オッズと、上位に予想されている該当馬について。
人気馬名予想オッズ
1ロードクエスト2.7
2ペルソナリテ4.6
3プリンシパルスター6.2
4ウインミレーユ6.8
5ルグランフリソン7.6
6ヒプノティスト9.8
7タニセンビクトリー19.6
8ファド28.0
9マコトルーメン39.8
10ウインファビラス40.3
11カネノイロ44.3
12トウショウドラフタ55.2
13キャプテンペリー80.8
14エポック86.5
15シトロン93.7
16カミノライデン140.9
17トモジャクール288.5
18ノーフォロワー443.2

1番人気予想は、ロードクエスト
前走東京マイル戦で最速上がり33.2秒の末脚で豪快に差しきり勝ち。2着馬の上がりが33.9秒で2位だったんですが、それよりも0.7秒も速い脚を使ったということになりますね。新潟の長い直線でどれだけ弾けるのか注目が集まるのも分かりますね。

2番人気予想は、ペルソナリテ
前走ダリア賞を僅差で制し、出走馬中唯一の2勝馬となります。ダリア賞には、ロードクエストが新馬戦で対戦したシトロンが参戦しており、ペルソナリテとは0.4秒差でした。一方、ロードクエストが勝利した新馬戦ではシトロンが3着、0.7秒差だったので、単純な計算で考えれば、ロードクエストがダリア賞に出走していれば、ペルソナリテよりも0.3秒前にいたということで、この差が出ているんでしょうね。またペルソナリテは2勝したレースが共に1400mとなりますので、適正というところから、ロードクエスト>ペルソナリテという順になっているんでしょうね。

3番人気予想は、プリンシパルスター
ペルソナリテがダリア賞で勝利した翌日に、同じ新潟1400mでデビューした当馬。ダリア賞の勝ちタイムが1:23:0に対し、こちらは1:22.3と、単純な持ちタイムで考えれば、こちらの方が上となります。またレースのラップを比較しても、こちらの方が厳しい流れではあったので、評価したいところはありますが、それをマイル戦でできるかどうかというところがありますね。1400m巧者またはスプリンター寄りという可能性も考えられなくはないかなと。

4番人気予想は、ウインミレーユ
先に挙げた3頭は同じ舞台の経験がありませんが、この馬は前走同じ新潟1600mを勝ち上がってきた1頭。この時2着だったドラゴンテリーの通過が11-13、上がり3Fタイム最速33.6秒に対し、ウインミレーユは通過が3-3で同じ33.6秒の脚を使い、4馬身差の完勝。斤量差もありましたし、ハナを切った馬が4着に残るという全体のペースだったの、パフォーマンス程評価ができるかと言われると微妙なラインかなという印象ですが、この新潟2歳ステークスは、後傾ラップになりやすいところがありますので、前走と同じように前につけるのであれば、少しコワい存在になるかも知れないですね。

5番人気予想は、ルグランフリソン
こちらも前走同じ舞台を勝ち上がってきた1頭。前半ゆったりと流れたところはありますが、ハナを切ってレースを進め、上がり3Fタイム3位の33.5秒はなかなか評価できるかと。前走とは違い、本番はもう少し道中のペースが上がることが想定されますので、そこでどれくらいの脚を残せるのかというところが注目した点ですね。

6番人気予想は、ヒプノティスト
前走東京1800mを勝ち上がってきた1頭。中団待機で最速上がりと、極端な競馬ではなく、正攻法で勝利した印象で、デビュー戦であれができれば上々ではないかと。ただ、昨年も取り上げましたが、前走からの距離短縮組は全体的にはあまり良くありません。そんなことを言いながら、昨年はアヴニールマルシェ(1番人気ではありましたが)にあっさりやれてましたので、今年はこの傾向が続くのか、はたまた過去の傾向に戻るのか、取捨が難しい1頭になりそうですね。

と、ここまでが、予想オッズ一桁台の該当馬となります。当日も、この予想オッズに近い形になれば、結構混戦という印象ですね。

ぱっと見、現時点では、ペルソナリテプリンシパルスターの2頭が軸馬候補かと考えています。先に挙げた6頭の中で、前走が前傾ラップだったのはこの2頭で、後傾ラップになりやすいこの新潟2歳ステークスを考えれば、その部分はコワいんですが、脚質的に極端なこともないですし、やはり血統面からは外しづらい2頭と考えています。



最後に、現時点で穴馬候補として注目している該当馬を挙げたいと思います。
C人気ブログランキング(※カネノイロでした)
キャプテンペリー
ヒプノティスト

の3頭。

近年の結果、また先週の結果から、少し気になっている血統面があるんですが、その該当馬の中から注目したい3頭となります。傾向が続くかは土曜日の結果次第なんですが、どの馬も人気にはならなさそうですし、現時点で狙いをつけたいなと考えている穴馬候補となります。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。