当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はNHKマイルカップ(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アナザーリリック牝355.0kg津村
エリザベスタワー牝355.0kg
グレイイングリーン牡357.0kg武藤
グレナディアガーズ牡357.0kg川田
ゴールドチャリス牝355.0kg田中勝
シティレインボー牡357.0kg三浦
シュネルマイスター牡357.0kgC.ルメール
ショックアクション牡357.0kg田辺
スペシャルドラマ牡357.0kg石川
ソングライン牝355.0kg池添
タイムトゥヘヴン牡357.0kgM.デムーロ
ダディーズビビッド牡357.0kg
ニシノアジャスト牡357.0kg大野
バスラットレオン牡357.0kg藤岡佑
ピクシーナイト牡357.0kg福永
ホウオウアマゾン牡357.0kg武豊
ランドオブリバティ牡357.0kg石橋脩
リッケンバッカー牡357.0kg横山武
ルークズネスト牡357.0kg
レイモンドバローズ牡357.0kg浜中
ロードマックス牡357.0kg岩田望
ワザモノ牡357.0kg
ヴィアルークス牡357.0kg
ヴィジュネル牡357.0kg内田博
ヴェイルネビュラ牡357.0kg戸崎圭

以上25頭が登録。

フルゲート18頭立てで…
ヴィジュネル
グレイイングリーン
スペシャルドラマ
ダディーズビビッド
ニシノアジャスト
ワザモノ
ヴィアルークス

の7頭が除外対象となります。

NHKマイルカップ 2021 予想オッズ

続いてnetkeibaさんの予想オッズです。

人気馬名予想オッズ
1グレナディアガーズ2.5
2バスラットレオン3.9
3シュネルマイスター4.4
4ホウオウアマゾン6.2
5ピクシーナイト17.4
6ルークズネスト19.8
7アナザーリリック28.5
8ソングライン28.6
9タイムトゥヘヴン32.2
10ランドオブリバティ43.9
11リッケンバッカー91.2
12エリザベスタワー94.3
13ロードマックス113.2
14レイモンドバローズ134.8
15ショックアクション149
16ヴェイルネビュラ180.9
17ヴィジュネル197.8
18ワザモノ243.2
19ゴールドチャリス243.2
20グレイイングリーン274.8
21ダディーズビビッド284.0
22シティレインボー293.9
23スペシャルドラマ304.4
24ヴィアルークス341.2
25ニシノアジャスト371.2

朝日杯FSの勝ち馬グレナディアガーズ
連勝でニュージーランドTを制したバスラットレオン
前走弥生賞で2着に好走したシュネルマイスター
アーリントンCの勝ち馬ホウオウアマゾン
ここまで予想オッズの一桁台、上位4頭となります。


PR:【『新聞杯』大得意?】
京都新聞杯・無料期待
『新聞杯』はお任せ!昨年の京都新聞杯
的中から今年は東京新聞杯で高配当だしてます!
━━━━━━━━━━━━━━
◆無料情報:京都新聞杯2020
着順:6-11-10/3連複45.4倍
[払戻金]22,700円
[回収率]454%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
今年最高値も[新聞杯]
◆無料情報:東京新聞杯
着順:10-4-11/3連複455.6倍
[払戻金]227,800円
[回収率]4556%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
日曜日はNHKマイルC無料公開
レース前夜買い目はココから確認です↓
→週末重賞の無料予想
昨年はここから京王杯,ヴィクトリアM,日本ダービーと的中!今年も5月の快進撃に期待です◎

NHKマイルカップ 2021 上位馬考察

※データは過去10年分です。

馬名
(前走レース)
評価
の順に記載。

グレナディアガーズ
(ファルコンS 1番人気2着)
前走ファルコンS組は【1-1-0-12】。好走した2頭はともに前走2番人気以内の連対馬でした。
前走2番人気以内且つ2着以内であれば【1-1-0-1】。好走馬は2頭しかいないので、今後は幅が出てくるかもしれませんが、同条件を満たしている点は評価したいですね。

前走のファルコンSは勝ち馬ルークズネストにアタマ差及ばなかったですが、斤量差1kgありましたし、本番を見据えたレースだったことを考えれば、十分な結果だったと思います。
一度使って上積みが見込めるでしょうから、当然ここは有力とみています。
渋った馬場の経験がなく、時計勝負に強い馬なので、お天気は少し心配ですが、良馬場なら順当に評価したいですね。


バスラットレオン
(ニュージーランドT 2番人気1着)
前走ニュージーランドT組は【4-0-3-50】。人気馬から二桁人気馬まで幅広く活躍しており、傾向は読みづらい組です。
ちなみに前走1着は【1-0-0-8】。唯一の好走は2012年の勝ち馬カレンブラックヒル。2013年以降は8年連続馬券外が続いていますので、そろそろ活躍があってもおかしくなさそうですが、データとしては不安のある臨戦過程に映っています。

前走のニュージーランドTは2着以下を5馬身差つける圧勝。非常に強い走りでしたね。前走含め、逃げたレースは3戦3勝、全て2着以下を大きく突き放しています。今回も気分良く走ることができれば面白いと思っています。
心配なのは先週(天皇賞春)ディープボンドのところでも書いた通り、キズナ産駒です。
キズナ産駒のG1での成績は【0-2-1-26】(先週のディープボンド2着を含む)。このデータからは評価できても相手までと考えています。


シュネルマイスター
(弥生賞 2番人気2着)
前走弥生賞組は【0-0-1-1】。好走馬は当日15番人気の穴馬でした。
数は少ないので前走G2組で見ていくと【0-1-2-6】。馬券になったのは弥生賞組1頭、スプリングS組2頭。スプリングS組から好走した2頭はともに人気馬でした。
勝ち馬が出てきていないのはマイナスに映るものの、出走が少ない中で人気馬・穴馬が活躍していますので、臨戦過程は悪くないとみています。

前走の弥生賞は2着に好走。勝ち馬タイトルホルダーは次走皐月賞で2着、3着はダノンザキッドですから、単純な物差しで考えれば、この馬も相当な能力があるとみています。
ただ、この馬も先程のバスラットレオンと同じく産駒としては狙いにくい印象。
父はKingman。まだまだデータは少ないですが、成績からは左回りより右回りコースの方が相性が良いので、舞台替わりはマイナスとみています。
引き続きルメール騎手なので無視はできないですが、現状はあまり買いたいと思っていません。


ホウオウアマゾン
(アーリントンC 1番人気1着)
前走アーリントンC組は【1-0-3-13】。好走馬の当日人気は6,7,9,1番人気で、穴馬の活躍が目立ちます。また前走1着は【1-0-0-4】。勝ち馬だからといって好走馬が多い訳でもないので、臨戦過程は可もなく不可もなくといった印象です。

前走のアーリントンCは馬場や展開を味方につけた印象も、しっかりと着差をつけて勝利。力を示した走りだったと思います。
先行できなかった朝日杯FSを除けば、全て連対。先行しやすそうな内めの枠に入れれば評価したいと考えています。


上位馬たちの現時点での評価は以下の通りです。
軸馬候補→ホウオウアマゾン
相手候補→グレナディアガーズバスラットレオン
流し候補→シュネルマイスター

ホウオウアマゾンは時計の速い・遅いに関わらず、また良でも重でも安定して走れている点を評価しています。
まだお天気は読めないですが、降っても降らなくても、どちらでも対応できる下地があるのは強み。外枠でなければ普通に買いたいと考えています。

画像

NHKマイルカップ 2021 穴馬候補

最後に、現時点での穴馬候補を挙げたいと思います。

東京[最強]競馬ブログランキングへです。

ベストはマイルだと思っているので、前走から距離が変わるのは好条件とみています。


1日1クリック、応援いただければ励みになります。
よろしくお願い致します。

最強競馬ブログランキング
ブログランキングとれまが
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ稼ぐ話