専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 京都牝馬ステークス

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京都牝馬ステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
明日は午後から降水確率が50%。レースの時間帯には70%の予報となっています。雨中でのレースになりそうで、稍重くらいで考えていました。

<展開予想>
ここ3戦1200mで逃げているアスタールビーがハナを主張しそう。その後ろにつけたい馬は多い印象なので、ペースはそれなりに速くなり、ややハイペースぎみに流れると想定しました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は京都牝馬ステークス(2022)の上位馬考察です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アクアミラビリス牝654.0kg藤岡佑
アスタールビー牝654.0kg城戸
オールアットワンス牝454.0kg藤岡康
ギルデッドミラー牝554.0kg福永
クリスティ牝555.0kg武豊
クリノプレミアム牝554.0kg江田照
コロラトゥーレ牝854.0kg
サンクテュエール牝554.0kg
シゲルピンクルビー牝454.0kg和田竜
ジュランビル牝654.0kg松若
スカイグルーヴ牝554.0kgC.ルメール
タンタラス牝654.0kg川田
ドナウデルタ牝656.0kg松山
ハッシュゴーゴー牝653.0kg
ビッククインバイオ牝554.0kg
ビップウインク牝554.0kg横山典
プールヴィル牝656.0kg秋山真
メイショウケイメイ牝654.0kg
リンゴアメ牝454.0kg
ロータスランド牝556.0kg岩田望

以上20頭が登録。
フルゲート18頭立てで、
リンゴアメ
ハッシュゴーゴー

の2頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京都牝馬ステークス(2021)の予想です。

今年は阪神開催。過去のデータは使えないので、展開をより重視して予想していきました。

レースを引っ張っていきそうなのは、カリオストロイベリス。どちらも逃げたレースは、平均ペース以上に流れていますので、先行争いが激しくなる・ならないに関わらず、前半は速くなると想定しました。
前半が速くなれば差しが決まりやすくなるとみて、前残りにも警戒しつつ、展開を味方につけれそうな差し馬を狙っていきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は京都牝馬ステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイラブテーラー牝555.0kg岩田康
アフランシール牝554.0kg秋山
アマルフィコースト牝654.0kg
アンリミット牝654.0kg城戸
イベリス牝554.0kg酒井
カリオストロ牝454.0kg北村友
ギルデッドミラー牝454.0kg福永
シャインガーネット牝454.0kg田辺
ビッククインバイオ牝454.0kg武豊
ブランノワール牝554.0kg団野
マリアズハート牝554.0kg
メイショウケイメイ牝554.0kg古川
メイショウショウブ牝554.0kg
ヤマカツマーメイド牝454.0kg
リバティハイツ牝656.0kg和田竜
リリーバレロ牝654.0kg松山
レイホーロマンス牝854.0kg

以上17頭が登録。全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京都牝馬ステークス(2020)の予想です。

今年は前回の記事でも取り上げた、昨年不発に終わった好走データから中心に予想を組み立てていきました。該当馬は全て外枠に入ってしまいましたが、それでもこの舞台なら狙いたいと思う1頭を軸馬に勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京都牝馬ステークス(2020)のデータ分析です。

本日は、予想の中心となる馬はここから選んでいきたいと注目している連続好走データについて見ていきたいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ