専ら軸馬 穴馬 2020 データ 血統 予想

【2020 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 京都大賞典

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京都大賞典(2020)の予想です。

京都は東京と同じく不良でのスタート。ただ東京と違い、午後からは雨が止みだしたので、最後の芝レースとなった11RオパールSでは重に回復していました。
日曜日は晴れ時々曇りの予報となっていますので、午前中は稍重でスタートになったとしても、午後には良まで回復するだろうとみています。

ハナを主張しそうなのは、1枠に入ったダンビュライトキセキキセキは逃げた方が強いと思っていますが、スタートに難がありますし、テン乗りの浜中騎手が思い切った競馬に出るかは少々疑問。次走に向けて控える競馬を試してくる可能性もあるので、ダンビュライトが逃げ濃厚とみています。

逃げるダンビュライトに競りかけていく馬はいないでしょうし、仮にいたらいたで2番手に控えるだけなので、前半はゆったり、後半下り坂から徐々にペースアップしていく、昨年と同じような展開を想定しています。

馬場が良まで回復すれば、開幕週なので内めを立ち回った馬が有利になるとみて、そんな馬場の恩恵を受けれそうな馬を中心に置いて勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京都大賞典(2020)のデータ分析です。

本日は、予想の中心となる馬はここから選んでいきたいと期待している、複勝率52.4%の好走データについて見ていきたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は京都大賞典(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイスバブル牡556.0kg
アルバート牡956.0kg岩田康
カセドラルベル牝454.0kg松山
キセキ牡657.0kg浜中
キングオブコージ牡457.0kg横山典
グローリーヴェイズ牡558.0kg川田
シルヴァンシャー牡556.0kg北村友
ステイフーリッシュ牡556.0kg藤岡佑
タイセイトレイル牡556.0kg川須
ダンビュライトセ656.0kg松若
ドゥオーモ牡756.0kg藤岡康
ノーブルマーズ牡756.0kg高倉
バイオスパーク牡556.0kg和田竜
バラックパリンカ牡456.0kg
パフォーマプロミス牡856.0kg福永
ミスマンマミーア牝554.0kg池添
モンドインテロ牡857.0kg嶋田
リッジマン牡756.0kg
※騎手は想定です。

以上18頭が登録。全頭出走可能となります。

京都大賞典(2019)の予想です。

土曜日の競馬からは時計が出ており、普通に高速馬場といった印象でした。今年は先行馬がまずまず揃っており、早めに動いていく馬もいると思うので、このコース形態でもある下り坂からのロングスパート勝負になると想定し組み立ていきました。

京都大賞典(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤジャスタ 牡353.0北村友
アルバート 牡856.0藤岡佑
ウインテンダネス 牡656.0菱田
ウラヌスチャーム 牝454.0大野
エアウィンザー 牡556.0三浦
エタリオウ 牡456.0横山典
クリンチャー 牡556.0池添
グローリーヴェイズ 牡457.0デムーロ
シルヴァンシャー 牡456.0浜中
ダンビュライト 牡557.0松若
チェスナットコート 牡556.0
ドレッドノータス セ656.0坂井
ノーブルマーズ 牡656.0高倉
パリンジェネシス 牡556.0松山
メートルダール 牡656.0和田
リッジマン 牡657.0蛯名
レノヴァール 牡456.0藤岡康
※騎手は想定です。

以上17頭が登録。フルゲート18頭立てとなりますので、全頭出走可能となります。

京都大賞典の予想です。

現在人気の方は、サトノダイヤモンドシュヴァルグランの2強ムード。
実績から考えれば力は抜けていると思いますが、2頭ともに全く不安がないと言えばそうではないように思えます。


サトノダイヤモンドは海外遠征後、まだ完全復活とは言えず。今週は追切の動きが良かったので、そろそろ復活があってもおかしくはなさそうですが、このまま復調しないという可能性もなくはないかなと。

シュヴァルグランは、昨年ジャパンカップを制し、前走天皇賞・春でも2着と、変わらず強い走りをしていますが、言ってもここは叩き台。
またハーツクライ産駒というところでも、この京都2400mがベストの舞台ではないと思います。


なので、この2頭がともに好走となってもワンツーフィニッシュはないかなというところに期待しつつ、他から相手を絞った形で今回は勝負したいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ