専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 小倉大賞典

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

小倉大賞典(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の小倉は雨の中、稍重スタート。午後からのレースは重での開催となりました。
夜からは止んだようですし、明日は曇りのち晴れと、これからは回復に向かっていくでしょうから、稍重~雨の残る良馬場くらいで考えていきました。

<展開予想>
乗り替わりで出方変わる可能性も考えられますが、近走逃げが続いているノルカソルカがレースを引っ張っていきそう。飛ばして逃げたい馬ではないので、そこまでペースは上がっていかず、平均ペースくらいを想定しました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は小倉大賞典(2022)の上位馬考察です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アールスター牡756.0kg長岡
アイスバブル牡754.0kg水口
アリーヴォ牡454.0kg横山和
エブリワンブラック牡554.0kg
カデナ牡857.5kg泉谷
クリノプレミアム牝552.0kg
サトノアーサー牡857.0kg荻野極
ジェネラーレウーノ牡755.0kg柴山
ジュランビル牝652.0kg
スーパーフェザーセ754.0kg浜中
スカーフェイス牡655.0kg団野
ソッサスブレイセ853.0kg
ダブルシャープ牡756.0kg酒井
トップウイナー牡654.0kg和田翼
ノルカソルカ牡554.0kg勝浦
ブラヴァス牡657.0kg西村淳
メイショウテンモン牡751.0kg
ランブリングアレー牝655.5kg藤岡康
レッドフラヴィア牝552.0kg津村
ワールドウインズセ556.0kg田中勝
ワールドリバイバル牡453.0kg菱田
ヴァイスメテオール牡455.0kg丸山
ヴェロックス牡656.0kg

以上23頭が登録。
フルゲート16頭立てで、
アールスター
ジュランビル
ノルカソルカ
ワールドウインズ
ワールドリバイバル
ソッサスブレイ
メイショウテンモン

の7頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

小倉大賞典(2021)の予想です。

Bコースに替わって今週で2週目。先週ほど逃げ馬の活躍は少なくなった印象も、まだまだ前が有利な馬場に映りました。

展開としては、前走逃げて快勝したトーラスジェミニがレースを引っ張っていきそう。
大外枠のディアンドルも近走逃げが続いていますが、結果が出ていないのと、乗り替わりもあるので、前につけるとしても控える競馬になると考えました。
他に競りかけていく馬もいなさそうなので、平均かややスロー気味を想定。中団か中団よりも前で競馬ができそうな馬たちを中心に狙っていきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

小倉大賞典(2021)のデータ分析です。

本日は、今年も継続となるか気になっている、4・5歳馬のデータについて取り上げたいと思います。

以下で挙げていくデータは、過去10年分です。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は小倉大賞典(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アーデントリー牡554.0kg丹内
アールスター牡656.0kg長岡
アドマイヤジャスタ牡556.0kg吉田隼
カデナ牡758.0kg菅原明
コスモカレンドゥラ牡554.0kg丹内
ショウナンバルディ牡554.0kg岩田康
テリトーリアル牡756.5kg石川
ディアンドル牝553.0kg団野
デンコウアンジュ牝856.0kg蛯名
トーラスジェミニ牡556.5kg吉田豊
ドゥオーモ牡853.0kg藤岡康
ノーブルマーズ牡856.0kg高倉
バイオスパーク牡657.0kg内田博
パンサラッサ牡455.0kg
ヒンドゥタイムズ牡556.0kg
フェアリーポルカ牝555.0kg和田竜
ベステンダンク牡957.0kg横山和
ボッケリーニ牡557.0kg浜中
レイホーロマンス牝851.0kg
ロードクエスト牡856.0kg西村淳
ヴァンケドミンゴ牡556.0kg藤岡佑
ヴァンランディ牡555.0kg杉原

以上22頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
アーデントリー
ヴァンランディ
ショウナンバルディ

の3頭が抽選対象(2頭/3頭)。

ノーブルマーズ
コスモカレンドゥラ
ヒンドゥタイムズ
パンサラッサ
レイホーロマンス

の5頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

小倉大賞典(2020)の予想です。

今年は昨年のクラシックで活躍を見せた、明け4歳ヴェロックスが参戦となります。単勝オッズは1倍だと抜けた人気にはなりますが、さすがにここでは崩れないと思いますので、対抗を2頭置いて、穴馬は"流し"に回す形で勝負したいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ