函館記念のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
エアアンセム 牡755.0藤岡佑
エテルナミノル 牝554.0四位
カデナ 牡456.0藤岡康
カレンラストショー 牡654.0北村友
クラウンディバイダ 牡554.0吉田隼
ゴールドサーベラス 牡654.0柴山
サクラアンプルール 牡757.5田辺
スズカデヴィアス 牡757.0三浦
トリコロールブルー 牡456.0ルメール
ナイトオブナイツ 牡556.0池添
ナスノセイカン 牡655.0丸山
ブラックバゴ 牡656.0岩田
ブレスジャーニー 牡456.0柴田善
マイネルハニー 牡557.0丹内
ヤマカツライデン 牡654.0国分恭
ロジチャリス 牡656.0蛯名
※騎手は想定です。

以上16頭が登録。全馬出走可能となります。

函館記念 2018 予想オッズ

続いてnetkeibaさんの予想オッズです。
人気 馬名 予想オッズ
1 トリコロールブルー 2.8
2 スズカデヴィアス 5.7
3 ブレスジャーニー 6.2
4 サクラアンプルール 6.3
5 エアアンセム 8.8
6 ナイトオブナイツ 9.5
7 ブラックバゴ 11.2
8 マイネルハニー 15.2
9 クラウンディバイダ 40.1
10 カデナ 42.4
11 ヤマカツライデン 43.2
12 ナスノセイカン 61.1
13 カレンラストショー 62.7
14 ゴールドサーベラス 88.0
15 エテルナミノル 96.2
16 ロジチャリス 153.5

4歳馬トリコロールブルーに人気が集中しそうですが、それ以下はまずまず割れる可能性がありそうな予想オッズとなっていますね。


函館記念 2018 データ:連対率50.0%の好走データ

本日は、昨年不発に終わった好走データについて再度注目したいと思います。

※データは、過去10年分(2009年札幌開催を除く)です

まずは過去の該当馬たちから挙げていきます。

2017年
8着(9番人気):レッドソロモン
14着(10番人気):ダンツプリウス

2015年
2着(10番人気):ハギノハイブリッド

2014年
1着2番人気):ラブイズブーシェ
13着(6番人気):アンコイルド

2013年
2着(7番人気):アンコイルド

2010年
1着2番人気):マイネルスターリー

2008年
2着1番人気):フィールドベアー
3着2番人気):マンハッタンスカイ
7着(8番人気):タスカータソルテ

以上10頭。

この10頭に共通している点は…
前走と同斤量
4、5歳
関西馬

この3点を満たした該当馬は→2-3-1-4】(連対率50.0%、複勝率60.0%)

昨年は該当馬が2頭共に下位人気ということもあり、穴馬の好走を期待していましたが、不発に終わったデータとなります。

昨年不発に終わったので、データの率が下がると想定していましたが、改めて過去10年の括りで見ていくと、変わらず連対率5割をキープしていましたので、今年も懲りずに追っていきたいなと注目しています。


競馬予想のウマニティ


データの該当馬

先述の3点(同斤量組4・5歳関西馬)を全て満たしている該当馬は…
カデナ
トリコロールブルー
ナイトオブナイツ
ブレスジャーニー

の4頭。

この10年では最多となる4頭の該当馬が出走予定となりますので、データの率から考えても、今年こそはここから好走馬が期待できるのではないかと。できれば勝ち馬が出てきてくれたら一番嬉しい結果となりますね。

該当馬が多い分、どの馬を選んでいくはかなり悩むことになりそうですが、現時点ではここから軸馬ないしは対抗馬候補を選んでいこうかなと考えています。


ということで最後に、この4頭の中で最も気になっている1頭を挙げたいと思います。
A人気ブログランキング(※ブレスジャーニーでした)
です。

脚質的には少々心配もありますが、その他3頭と比較すると、この馬が最も崩れにくいのではないかとみています。ひとまずは馬券の中心に加えたい軸馬候補の1頭と注目しています。


1日1クリック、応援いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。