専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 福島牝馬ステークス

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

福島牝馬ステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
先週の福島は開幕週ではありましたが、先行馬よりも道中から位置を押し上げて、最終コーナーで前めにつけた差し馬の活躍が目立っていたいと思います。
先週の結果からは、内有利には映らなかったのでフラットな馬場で考えていきました。

<展開予想>
七夕賞や中山牝馬Sで逃げて2着に好走したロザムールがハナを主張するとみています。内めに入ったシャーレイポピーハギノリュクスあたりも積極的に出ていく可能性があるので、前半からそれなりにペースは上がっていきそう。平均ペース以上で流れると想定しました。
好位~中団あたりから競馬ができそうな差し馬を中心に選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

福島牝馬ステークス(2022)のデータ分析です。

本日は、該当馬はみな人気馬になるものの、出走があれば必ず勝ち負けになっている複勝率58.8%の好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は福島牝馬ステークス(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アナザーリリック牝454.0kg津村
アブレイズ牝554.0kg菅原明
エヴァーガーデン牝554.0kg丹内
キタイ牝654.0kg古川吉
クリノプレミアム牝554.0kg松岡
サトノダムゼル牝654.0kg丸山
サンクテュエール牝554.0kg
シャーレイポピー牝454.0kg鮫島駿
シンハリング牝554.0kg
ジュランビル牝654.0kg松若
スライリー牝454.0kg石川
ハギノリュクス牝554.0kg菱田
フェアリーポルカ牝655.0kg三浦
ホウオウエミーズ牝554.0kg丸田
ムジカ牝554.0kg
ルビーカサブランカ牝554.0kg武豊
ロザムール牝654.0kg武藤

以上17頭が登録。
フルゲート16頭立てで、ムジカ除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

福島牝馬ステークス(2021)の予想です。

今年は福島ではなく新潟開催。先週から開幕となった新潟ですが、土・日ともに雨で重・不良での開催となりました。今週は良での開催となるでしょうから、先週馬場が荒れたとはいえ、比較的内めを通った馬が有利に働くのではないかと考えています。

逃げそうな馬は何頭かいるものの、どの馬たちも控える競馬もできるタイプなので、隊列はすんなり決まりそう。
前半ゆったりスローぎみに流れて、後半にかけての瞬発力勝負になると想定しました。そんな展開が向きそうな馬たちを選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は福島牝馬ステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アバルラータ牝754.0kg
アフランシール牝554.0kg丸田
アブレイズ牝454.0kg藤井勘
イズジョーノキセキ牝454.0kg
カリオストロ牝454.0kg亀田
クラヴァシュドール牝454.0kg藤岡佑
サンクテュエール牝454.0kg
シゲルピンクダイヤ牝554.0kg和田竜
セイウンヴィーナス牝454.0kg勝浦
ディアンドル牝555.0kg団野
デンコウアンジュ牝855.0kg柴田善
ドナアトラエンテ牝554.0kg川田
パッシングスルー牝554.0kg
パラスアテナ牝454.0kg坂井
フィリアプーラ牝554.0kg菊沢
ミスニューヨーク牝454.0kg加藤
ムジカ牝454.0kg秋山
リュヌルージュ牝654.0kg鮫島駿
ロザムール牝554.0kg北村宏

以上19頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
パラスアテナ
イズジョーノキセキ
セイウンヴィーナス

の3頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

福島牝馬ステークス(2020)の予想です。

このレースの一つの傾向としては、前走中山牝馬S組かそうではないかにあるとみています。

前走中山牝馬S組
7-7-3-45
(勝率11.3%、連対率22.6%、複勝率27.4%)

前走中山牝馬S以外の組
2-2-6-61
(勝率2.8%、連対率5.6%、複勝率14.1%)

※データは過去10年(2011年新潟開催を除く)です。

上記の通り、前走中山牝馬S組が優勢。また好走馬が多数出てきているというところで、このデータから読み取れないですが、波乱となった2016年、2015年を除けば、各年で連対馬が出てきています。
つまり、波乱がなければ前走中山牝馬S組から2頭もしくは3頭が馬券になっている傾向となります。


今年は出走馬16頭中半数にあたる8頭が前走中山牝馬S組。数として十分いますので、過去の結果を追いかける形で、中山牝馬S組を中心に予想を組み立てていきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ