専ら軸馬 穴馬 2021 データ 血統 予想

【2021 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ファルコンステークス(2021)の予想です。

気になっていたお天気ですが、夕方からは確実に雨が降りそうも、レースまではなんとか持ってくれそうですね。早めに降り出したとしてもそこまで影響はないみています。

先週は土日ともに雨だったので、馬場の傷み具合が心配なところも、言っても開催2週目。まだまだ馬場状態はきれいという想定で予想していきました。
差し馬が活躍しやすい傾向でもあるので、中団や好位から競馬ができそうな馬たちを中心に選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ファルコンステークス(2021)のデータ分析です。

本日は、3年前にも取り上げたことのあるキャリア数別のデータについて見ていきたいと思います。
どこまで続いていくのか気になっている、好走する・しないがはっきりと出ているデータとなります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はファルコンステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アスコルターレ牡357.0kg鮫島駿
インフィナイト牝354.0kg藤井勘
グレナディアガーズ牡357.0kg川田
ゲンパチミーティア牡356.0kg
サトノアイ牝354.0kg
サルビア牝354.0kg池添
ショックアクション牡357.0kg戸崎圭
トーセンウォーリア牡356.0kg菱田
ニシノアジャスト牡356.0kg勝浦
ファルヴォーレ牡356.0kg秋山
フォイアーロート牡356.0kg
フォティノース牝354.0kg
ホーキーポーキー牝354.0kg
マリーナ牝354.0kg
モントライゼ牡357.0kgC.ルメール
ラングロワ牝354.0kg
ルークズネスト牡356.0kg
ロードマックス牡356.0kg福永
ヴィジュネル牡356.0kg藤岡康

以上19頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
ゲンパチミーティア
サトノアイ
フォティノース
ホーキーポーキー
マリーナ
ラングロワ

の6頭が抽選対象(5頭/6頭)となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ファルコンステークス(2020)の予想です。

登録時から注目していたビアンフェは、内めの枠に入ることができれば軸馬にと考えていましたが、まさかの外枠。朝日杯FSの走りからはハナは取れるとみているものの、やはり同型馬の兼ね合いには不安もありますので、ここは2番手評価だった馬を軸馬に変更して勝負していきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はファルコンステークス(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アブソルティスモ牡356.0kg丸山
インザムービー牝354.0kg柴山
ウイングレイテスト牡356.0kgミナリク
エーティーメジャー牡356.0kg
エーポス牝354.0kg
エグレムニ牡356.0kg岩田望
コスモリモーネ牡356.0kg
シャイニーズラン牡356.0kg鮫島駿
シャインガーネット牝354.0kg田辺
セイウンパワフル牡356.0kg斎藤新
ゼンノジャスタ牡356.0kg福永
ソーユーフォリア牝354.0kg
ソングオブザハート牝354.0kg
タケルラスティ牡356.0kg
テーオーマルクス牡356.0kg川須
デンタルバルーン牝354.0kg西村淳
トリプルエース牡356.0kg藤岡康
ドゥーベ牡356.0kg中谷
パフェムリ牝354.0kg
ビアンフェ牡357.0kg藤岡佑
ペコリーノロマーノ牝354.0kg吉田隼
マイネルグリット牡357.0kg国分優
ライチェフェイス牡356.0kg藤井勘
ラウダシオン牡357.0kg武豊
ラボエーム牝354.0kg
レッドライデン牡356.0kg横山武
ワンスカイ牡356.0kg
ヴェスターヴァルト牡356.0kg菱田
※騎手は想定です。

以上28頭が登録。

フルゲート18頭立てで…
ビアンフェ
マイネルグリット
ラウダシオン
ウイングレイテスト
テーオーマルクス
トリプルエース
アブソルティスモ
ヴェスターヴァルト
エグレムニ
コスモリモーネ
シャインガーネット
ゼンノジャスタ
ソングオブザハート
デンタルバルーン
ペコリーノロマーノ

の15頭が、出走可能な賞金上位馬。

残りの13頭が抽選対象(3頭/13頭)となります。

ファルコンステークス(2019)の予想です。

今年は前回のデータ分析で取り上げた、毎年好走馬が続いているデータの該当馬たちを相手に置き、もともとから注目していたあの馬から中心に勝負していきたいと思います。

カテゴリー

↑このページのトップヘ