専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

アルテミスステークス(2021)の予想です。

過去の連対馬からは、ラッキーライラック、リスグラシュー、メジャーエンブレム、レッツゴードンキ、アユサンと後ののG1馬を輩出している出世レースのひとつ。
昨年の勝ち馬ソダシはここから阪神JFを制し、その勢いのまま翌年桜花賞馬にも輝きました。
過去の連対馬たちと同じように、今後の大舞台で活躍を期待したいあの馬を中心に置いて勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はアルテミスステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
サークルオブライフ牝254.0kgM.デムーロ
シゲルイワイザケ牝254.0kg福永
シンシアウィッシュ牝254.0kg武豊
シンティレーション牝254.0kg横山武
トーセンシュシュ牝254.0kg三浦
フォラブリューテ牝254.0kgC.ルメール
ベルクレスタ牝254.0kg松山
ボンクラージュ牝254.0kg津村
ミント牝254.0kg吉田隼
ロムネヤ牝254.0kg戸崎圭
ヴァンルーラー牝254.0kg田辺

以上11頭が登録。
フルゲート18頭立てで、全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

アルテミスステークス(2020)の予想です。

今年で9年目となる牝馬限定のマイル戦。昨年は勝利したリアアメリアがその後ローズSを勝利するなど、クラシックを盛り上げてくれました。
またもっと過去を遡ると、ラッキーライラック、リスグラシュー、メジャーエンブレム、レッツゴードンキと、連対馬から後のGⅠ馬が誕生している出世レースのひとつです。

1番人気は前走札幌2歳Sを勝利した白毛のソダシ。ただ単勝オッズはギリギリ3倍台と、そこそこオッズは割れています。人気馬上位馬はどの馬たちもそこそこ強そうには映るものの、この馬から買いたいと思える馬を見つけられず。。。今回は前回の記事にも書いた通り、データ頼みで、軸馬に穴馬を置いて勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はアルテミスステークス(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
ウインアグライア牝254.0kg横山武
オレンジフィズ牝254.0kg北村宏
クールキャット牝254.0kg津村
ククナ牝254.0kgルメール
シャドウファックス牝254.0kg大野
ストゥーティ牝254.0kg
スライリー牝254.0kg石川
ソダシ牝254.0kg吉田隼
タウゼントシェーン牝254.0kg戸崎圭
テンハッピーローズ牝254.0kg田辺
ニシノリース牝254.0kg内田博
ハイプリーステス牝254.0kg
ペイシャフェスタ牝254.0kg武士沢
ミルウ牝254.0kg岩田望
モリノカンナチャン牝254.0kg横山和
ユーバーレーベン牝254.0kg柴田大
ルクシオン牝254.0kg
ヴァーチャリティ牝254.0kg横山典
※騎手は想定です。

以上18頭が登録。全頭出走可能となります。

アルテミスステークス(2019)の予想です。

今年は9頭立てと寂しいメンバーとなりますが、この世代を代表する1頭になるのではないかと期待できる素質馬が出走となりますので、その馬を軸に、対抗馬に1頭のみ絞って、2頭軸という形で少し参加したいと思います。

アルテミスステークス(2019)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
オータムレッド 牝254.0石橋脩
オムニプレゼンス 牝254.0北村宏
カイアワセ 牝254.0武士沢
サンクテュエール 牝254.0ルメール
ショウナンハレルヤ 牝254.0三浦
ビッククインバイオ 牝254.0大野
ラインオブダンス 牝254.0Mデムー
リアアメリア 牝254.0川田
ルーチェデラヴィタ 牝254.0池添
ヴィースバーデン 牝254.0○○
※騎手は想定です。

以上10頭が登録。全頭出走可能となります。

カテゴリー

↑このページのトップヘ