専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: アーリントンカップ

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

アーリントンカップ(2022)の予想です。

<馬場想定>
先週同舞台で行われた桜花賞は1:32.9での決着でした。時計も上がりもそこそこ速く、予想時にも書いた通り、内や先行馬の活躍が目立つ馬場だったと思います。
開催も進み、先週よりかは内有利がなくなりつつあるとみて、フラットな馬場で考えていきました。

<展開予想>
ジャスパークローネメイケイバートンデュガドンフランキーと、1200mや1400mで逃げたことのある馬が揃っていますので、どの馬が逃げても前半からそれなりにペースは上がっていきそう。
平均ペース~ややハイペースを想定しました。
好位~中団で脚を溜めた馬たちが活躍するとみて予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

アーリントンカップ(2022)のデータ分析です。

本日は、出走が2頭以上となれば必ず馬券になっている複勝率45.0%の好走データについて見ていきたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はアーリントンカップ(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アスクコンナモンダ牡356.0kg藤岡佑
ウナギノボリ牡356.0kg和田竜
カワキタレブリー牡356.0kg藤岡康
キングエルメス牡356.0kg坂井
ジャスパークローネ牡356.0kg
ジュンブロッサム牡356.0kg吉田隼
ストロングウィル牡356.0kg
セルバーグ牡356.0kg古川吉
タイセイディバイン牡356.0kg松若
ダノンスコーピオン牡356.0kg川田
ディオ牡356.0kg岩田望
デュガ牡356.0kg武豊
トゥードジボン牡356.0kg福永
ドンフランキー牡356.0kg池添
ニシノスーベニア牡356.0kg
ヒルノショパン牡356.0kg横山典
ムーンリットナイト牡356.0kg浜中
メイケイバートン牡356.0kg

以上18頭が登録。
フルゲート18頭立てで、全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

アーリントンカップ(2021)の予想です。

先週同舞台で行われた桜花賞は1:31.1というレコード決着となりましたが、今週は雨予報です。
今晩から少しずつ降りそうで、明日は高い降水確率となっています。数字通りとなれば、雨中でのレースになるかなと想定しています。

今年はフルゲートながら重賞実績馬が2頭しかいないメンバー構成となりますので、順当に実績馬を評価しつつ、相手にデータの後押しのある馬たちを置いて勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

アーリントンカップ(2021)のデータ分析です。

本日は、複勝率は決して高くはないものの、出走が2頭以上となれば必ず馬券になっている複勝率46.7%の好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はアーリントンカップ(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤザーゲ牡356.0kg池添
グレイイングリーン牡356.0kg岩田望
サイモンメガライズ牡356.0kg
サトノラムセス牡356.0kg岩田康
サンデージャック牡356.0kg鮫島駿
ショウリュウレーヴ牡356.0kg団野
ジャスティンカフェ牡356.0kg北村友
ジュリオ牡356.0kgC.ルメール
タイフォン牡356.0kg
トーホウディアス牡356.0kg国分優
ノースザワールド牡356.0kg藤岡康
バクシン牡356.0kg斎藤新
バルドルブレイン牡356.0kg富田
ピクシーナイト牡356.0kg福永
ホウオウアマゾン牡356.0kg川田
リッケンバッカー牡356.0kg
レイモンドバローズ牡356.0kg浜中
ワールドバローズ牡356.0kg和田竜
ヴィアルークス牡356.0kg藤岡佑

以上21頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
ヴィアルークス
サイモンメガライズ
サトノラムセス
サンデージャック
ジャスティンカフェ
タイフォン
トーホウディアス
ノースザワールド
バルドルブレイン
リッケンバッカー
ワールドバローズ

の11頭が抽選対象馬(10頭/11頭)となります。

カテゴリー

↑このページのトップヘ