専ら軸馬 穴馬 2023 データ 血統 予想

【2023 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 2022 予想

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

阪神ジュベナイルフィリーズ(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日のメイン、同舞台で行われたリゲルS(オープン特別)は1:33.6で決着。
逃げ馬がそのまま勝利し、先行馬が上位を占める結果となりました。
リゲルS以外の芝レースも、なかなか前が止まらない、内・先行有利な馬場に映りました。
明日もこの傾向は続いていくとみて考えていきました。

<展開予想>
最内枠に入ったサンティーテソーロがレースを引っ張っていくとみています。
前走逃げて勝利したイティネラートルリバーラも逃げ馬候補ですが、ともに1600m戦は初めてとなるので、今回は控えるのではないかと考えました。
サンティーテソーロは飛ばして逃げたい馬には映らないので、平均ペースくらいを想定しました。
土曜日の結果からは、前有利な馬場に映りましたので、枠・脚質ともに馬場を味方につけれそうなあの馬を中心に勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

中日新聞杯(2022)の予想です。

<馬場想定>
先週から開幕となった中京競馬場。開幕週だったので、やや先行有利な馬場ではありましたが、先行馬だけでなく、ロスなく立ち回った差し馬も馬券に絡んでいました。まずまずフラットな馬場に映りました。
今週も大きくは変わらないとみて考えていきました。

<展開予想>
この中京2000mの舞台で逃げたことのあるギベオンアイコンテーラーのどちらかがレースを引っ張っていきそう。
ともに近走は逃げていないので、一方が出れば一方は控えるという形で、ペースは落ち着きそうかなと考えています。スローペースを想定しました。
先行馬やロスなく立ち回った差し馬が活躍するとみて、各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

チャンピオンズカップ(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の9R、同舞台で行われた鳴海特別(2勝クラス)は1:54.1で決着。少し時計のかかる馬場でしたね。
9Rの勝ち馬は1番人気の追込馬でしたが、同舞台で行われたその他のレースは、やはり先行馬の活躍が目立っていたと思います。
明日は雨の心配はありませんので、同様の馬場で考えていきました。

<展開予想>
クラウンプライドバーデンヴァイラーレッドソルダードあたりがレースを引っ張っていきそう。
どの馬も近走ずっと逃げている馬ではないので、何かが出れば他は控えるという形になりそうですね。
逃げ馬らしい逃げ馬はいなくとも、先行したい馬は数揃っていますので、極端にペースが遅くなることはないとみています。
平均ペースくらいを想定しました。
中団よりも前につけた馬たちが活躍するとみて予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ステイヤーズステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
中山は開幕週となります。文字通り、先行有利な馬場で考えていきました。

<展開予想>
最内枠ディアスティマがレースを引っ張っていくとみています。
他の馬たちは無理に競っていくことはないと思うので、前半はゆったり流れていきそう。 残り1000mあたりから徐々にペースアップ。例年通り、持久力勝負になると想定しています。
開幕週であり、直線の短い中山コースとなりますので、直線を向いた時にある程度の位置につけれそうな馬たちが活躍するとみて各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

チャレンジカップ(2022)の予想です。

<馬場想定>
先週の土曜日、同舞台で行われた京都2歳Sは2:00.5での決着でした。
先週からBコースに替わったこともあり、時計はまずまず出ていましたし、先行した馬がやや有利な馬場に映りました。
今週は少し雨が降りましたが、大きくは変わらないとみて考えていきました。

<展開予想>
ここ2走かかりにかかっているレッドベルオーブが今回もハナに立つとみています。
乗り替わりとなる福永騎手が上手く折り合うかもしれないですが、近走の行きっぷりの良さからは、無理に抑えずに馬のリズムで行かせる可能性の方が高いとみています。そうなれば自ずとペースは上がっていきそう。
遅くとも平均ペース、ややハイペースくらいに流れると想定しました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

京阪杯(2022)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の最終レース、同舞台で行われた3歳以上2勝クラスは1:08.1の決着。時計の出ている馬場でした。
また今週からBコース替わり。先週は完全に外差しの馬場でしたが、土曜日は先行馬の粘り込みや、内めをロスなく立ち回った差し馬がチラホラと馬券に絡んでいました。よりフラットな馬場になったという印象を受けました。
明日も同様の傾向で考えていきました。

<展開予想>
テイエムスパーダヴァトレニビアンフェと逃げ馬が揃っています。先行争いは激しくなりそうですね。
どの馬が逃げても前半から流れていきそうで、ハイペースを想定しました。
土曜日の馬場傾向からは、先行馬の前残りに注意したいところではありますが、展開的には差し・追込馬が活躍するとみて、各馬選んでいきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ