専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 2021 重賞 予想

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ホープフルステークス(2021)の予想です。

<馬場想定>
日曜日までの中山芝レースは、まだまだ馬場状態は良く、内めをロスなく立ち回った馬の活躍が目立っていたと思います。極端な追込馬や機動性の低そうな馬は割引きたいところ。

<展開予想>
前走で逃げたのはボーンディスウェイタイラーテソーロの2頭。ただ、どちらも逃げたくて逃げたのではなく、押し出される形でしたので、確たる逃げ馬は不在とみています。
良い位置にはつけたいけど、ハナには立ちたくないという馬が多いように映るので、各馬譲り合う形で、ペースは落ち着くと考えました。平均ペースかややスローペースを想定。
近年のホープフルステークスと同様、比較的前めで立ち回った馬たちが活躍するとみて予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

有馬記念(2021)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の中山は終日稍重での開催となりました。明日は回復に向かうでしょうから、前日よりかは時計が出やすい馬場となりそう。
また先週と変わらず、まだまだ内が有利な馬場に映りました。明日も同様の傾向とみています。

<展開予想>
パンサラッサが逃げ宣言をしているので、強気にハナを主張していきそう。距離は長いので道中は少しペースが緩み、後半にかけてスローの上がり勝負を嫌う馬たちが早めに動いていくと思います。例年通り、持久力勝負になると考えました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

阪神カップ(2021)の予想です。

<馬場想定>
先週の芝レースは直線で内をあけるレースが目立ちました。内めが傷んできていることもあり、先行馬の粘り込みよりも、差し馬の活躍が多く見られたと思います。
今週も傾向は変わらないとみて、差し有利の馬場と考えました。

<展開予想>
前走逃げたホウオウアマゾンファストフォースがレースを引っ張っていきそう。どちらも前半速い流れで好走したことがありますし、フルゲートで位置取り争いも激しくなるとみていますので、前半からペースは上がっていきそう。ハイペースを想定しました。
馬場としても展開としても差し馬有利な流れになるとみていますので、末脚堅実なあの馬を中心に予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

朝日杯フューチュリティステークス(2021)の予想です。

<馬場想定>
土曜日の10R、同舞台で行われた甲東特別(2勝クラス)は1:34.0の決着でした。3着馬が最速上がりで33.1秒をマーク。先週と同じく、時計はそこそこり、上がりは速いという馬場となっていました。
また直線で内をあけるシーンが多く見られました。徐々に内が伸びにくくなってきているということだと思いますので、直線での進路取りは重要になってきそうですね。

<展開予想>
前走逃げた馬が5頭おり、好位で控えたい馬も多い印象なので、先行争いはそれなりに激しくなるとみています。前半は34秒台前半、平均ペースよりやや速い流れになると想定しました。
先行馬の粘り込みにも注意しつつも、流れとしては差し馬有利になるとみて予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ターコイズステークス(2021)の予想です。

<馬場想定>
先週から開幕となった中山競馬場は、逃げ馬の活躍が目立つことはなかったものの、全体として先行有利な馬場だったと思います。
開幕してまだ2週目となるので、先週とほぼ変わらないとみて考えていきました。

<展開予想>
ここ2走逃げているクリノプレミアムか、主戦の柴田大知騎手に戻るスマイルカナのどちらかがハナを主張しそう。他にも先行馬はチラホラといるので、前半はまずまず流れていきそう。
前半は34秒台、平均ペースよりもやや速い流れを想定してました。
先行馬の粘り込みや中団からの差し馬が活躍するとみて予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

阪神ジュベナイルフィリーズ(2021)の予想です。

<馬場想定>
同舞台で行われた11RリゲルSは1:34.0の決着。1着馬は最速上がりがり32.6秒をマークしていました。
また9Rのエリカ賞(阪神芝2000m)ではレコードが出ていました。
阪神競馬場は長く使われていますが、先週からBコースに替わったこともあり、時計も出やすく、上がりも速い馬場という馬場でした。
明日も同様の馬場になるでしょうから、時計や上がりの速い馬場に対応できそうな馬を評価していきたいですね。

<展開予想>
前走逃げたトーホウラビアンパーソナルハイがレースを引っ張っていきそう。ただ、どちらも速いペースで逃げたことはないので、前半はゆったりとした流れになるとみています。
あまりにペースが落ち着くと早めに動いていく馬も出てくるかもしれないですが、平均~スローペースを想定しました。
先程も書いた通り、速い上がりが出る馬場なので、比較的前めでレースを進めた馬たちが有利になるとみて予想していきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ