専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 青葉賞

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

青葉賞(2022)の予想です。

<馬場想定>
本日金曜日は全国的に雨予報でした。東京は日付が変わる頃までは雨が続きそうですね。
明日は晴れ時々曇りも、前日の雨は残ると思うので、午前中重スタート、レース時には回復して稍重くらいで考えていきました。

<展開予想>
レヴァンジルオウケンボルトは過去に逃げたことはありますが、どちらも逃げ馬というイメージはないので、スタートが良かった馬が押し出される形でハナに立つとみています。
逃げ馬不在という見方をしているので、前半からペースが上がっていくことはなく、ややスローペースぎみに流れると想定しました。
スローからの瞬発力勝負に強そうな馬や、比較的前めにつけた馬たちが活躍するとみて、各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

青葉賞(2022)のデータ分析です。

本日は、好走馬の半数以上が該当しており、過去10年毎年馬券になっている複勝率53.1%の連続好走データについて見ていきたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は青葉賞(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アスクヴィヴァユー牡356.0kg菅原明
エターナルビクトリ牡356.0kg武豊
オウケンボルト牡356.0kgM.デムーロ
クワイエットホーク牡356.0kg岩田望
グランシエロ牡356.0kg三浦
サンライズエース牡356.0kg大野
ジャスティンスカイ牡356.0kg横山武
ジャスパージェット牡356.0kg
ダノンギャラクシー牡356.0kgC.ルメール
ディライトバローズ牡356.0kg戸崎圭
プラダリア牡356.0kg池添
マイネルクリソーラ牡356.0kg柴田大
メイショウウネビ牡356.0kg松岡
ラヤス牡356.0kg
レヴァンジル牡356.0kgD.レーン
ロードレゼル牡356.0kg川田
ロンギングエーオ牡356.0kg石橋脩

以上17頭が登録。
フルゲート18頭立てで、全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

青葉賞(2021)の予想です。

今週はいつも通り、週中にデータに関する記事を書きたいと思っていたんですが、久しぶりにパソコンの調子が悪くなり、色々と調整している間に、更新するタイミングを失ってしまいました。。。

当初記事にする予定だった好走データを少し取り上げつつ、そのデータの該当馬を中心に予想を組み立てていきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は青葉賞(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アウスヴァール牡356.0kg古川
アオイショー牡356.0kg大野
アランデル牡356.0kg横山武
キングストンボーイ牡356.0kgC.ルメール
グレアリングアイ牡356.0kg内田博
ゲヴィナー牡356.0kg戸崎圭
スワーヴエルメ牡356.0kg
タガノカイ牡356.0kg石川
テーオーロイヤル牡356.0kg
テンカハル牡356.0kg坂井
トーホウバロン牡356.0kg
ノースブリッジ牡356.0kg
バーボンハイボール牡356.0kg
マテンロウエール牡356.0kg横山典
モンテディオ牡356.0kg池添
リーブルミノル牡356.0kg三浦
レインフロムヘヴン牡356.0kg
レッドヴェロシティ牡356.0kgM.デムーロ
レンツシュピッツェ牡356.0kg武藤
ワンダフルタウン牡356.0kg和田竜
ワンデイモア牡356.0kg田辺
ヴェローチェオロ牡356.0kg

以上22頭が登録。

フルゲート18頭立てで、
アウスヴァール
アランデル
グレアリングアイ
ゲヴィナー
スワーヴエルメ
テンカハル
テーオーロイヤル
トーホウバロン
バーボンハイボール
マテンロウエール
モンテディオ
レンツシュピッツェ

の12頭が抽選対象(8頭/12頭)となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

青葉賞(2020)の予想です。

このレースは1番人気が非常に堅実な傾向で、過去10年、当日1番人気の成績は【4-2-3-1】。複勝率9割です。

馬券外になった1回は、2番人気馬が好走していましたので、基本的には人気馬を中心に買いたいレースだと思っています。

現在(05/02 0時時点)のオッズでは、フライライクバードが1番人気も、2、3番人気のフィリオアレグロオーソリティとのオッズ差はほとんどなく、明日には入れ替わっている可能性もありそうなので、今年は上位人気馬たちをそのまま相手に置く形で、予想を組み立てていきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ