平安Sの展望です。

平安Sは、東海Sを引き継ぐ形で、1月開催から5月開催となり、今年で2年目となります。
この時期、この距離での平安Sに変わってからは過去1年分だけですが、
昨年の結果から少し気になっていた部分があり、
今年は該当馬も多いので、その部分を狙っていければと考えています。

まずはその昨年の結果から、気になったある血統を挙げます。
それは、リボーの血です。
以下は、昨年の平安Sで、リボーの内包馬の成績になります。
0-1-1-4、複勝率33.3%。
複勝率はそこそこですが、着外の4頭の内2頭は掲示板までに入っており、
6頭中4頭が掲示板を占める結果となっていました。

次に、先週行われた京都ダート1900mは、2レースあり、
そこでも同じように、リボーの内包馬を検証してみました。
結果は以下のとおり。
5/17:0-1-1-1
5/16:1-0-0-2
計:1-1-1-3、複勝率50%。

直近の傾向からも、リボーの内包馬は好走する結果となっていますので、
ここから今年は考えたいと思っています。

ただ、該当馬はかなり多く、今年の登録馬の中では、
アクションスター
グランドシチー
グランプリブラッド
クリールパッション
サトノパンサー
ジュベルムーサ
ナイスミーチュー
ナムラビクター
ファイヤー
メイショウコロンボ
ラガートモヒーロ

以上、11頭。

明日出走馬が決まり、除外対象も含めれば、
もう少し少なくなるとは思いますが、これだけでは絞り込めません。

ここに、ダート1900mに変わってからの東海Sも含め、
毎年1頭以上の好走馬を出している、父または母父ミスプロ系だけに絞り込むと、
該当馬は、
グランドシチー
サトノパンサー
ナイスミーチュー
ナムラビクター
ファイヤー
ラガートモヒーロ

以上、6頭。

当日人気になりそうなナムラビクター、昨年2着のナイスミーチューも含まれますが、
その他は、下位人気になりそうな面子となりますので、
ここから穴馬候補を探していければと考えています。

現時点では、決め手がある以下2頭が穴馬候補。
まずはH人気ブログランキング
このクラスではどうかという部分はありますが、勢いと安定感、騎手との相性に注目したいですね。
もう1頭はH人気ブログランキング
すでに重賞でも実績がありますし、前走は大幅な馬体変化があった中、
通ったところも含め、善戦した部分を評価。
もしかすると、この距離が一番向くのではないかと思う部分もありますし、
馬体が整えれば、好勝負できるのはないでしょうか。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。