青葉賞の予想です。

これまでは、ダービーと直結するレースではなかったのですが、
昨年はアポロソニック、一昨年前はフェノーメノ、3年前はウインバリアシオンと、
勝ち馬こそ出ていませんが、ここ3年連続で好走馬を輩出しています。
4年連続で好走馬が出てくるのか注目です。

では、まず軸馬から。
軸馬は、ラングレー。
ラングレーは、東スポ杯2歳Sで4着。
このレースで6着までに入った馬たちがその後の重賞れーすで好走していきました。
唯一ラングレーだけ重賞好走歴がなかったので
その流れに乗って、毎日杯では好走すると考え、
前回軸にしたのですが、惜しくも4着。ならばここでしょうということになります。
血統面でもディープ産駒は無視できませんし、
展望で挙げた母方にヌレイエフ、ストームバードの血を持っており、
過去の好走馬とリンクする部分があります。
これまで戦ってきた相手関係もそうですが、ここは勝ち負けしてくれるのはないかと見ています。

対抗は、同じくディープ産駒のワールドインパクト。
これまで5戦100%連帯。東京は初となりますが、
左回りは中京で、直線坂のあるコースは阪神で経験していますので、
持ち前の安定感で、ここも問題なく走ってくれるのではないでしょうか。
相手は少し強化されますし、脚質的に包まれる不安もなくはないですが、
ラングレー同様に血統面の後押し、騎手の強化もありますので、
ディープ産駒のワンツーもあるのではないでしょうか。

ディープ産駒、現在1、2番人気、18頭立ての内ということで、
この2頭のどちらも飛ぶということは考えにくいです。

相手はかなり悩みました。
悩んだ時に、無理やり穴馬を選ぼうとした時は、
ほとんど好走しないということが自分の中であるので今回は穴馬なしでいきます。

気になった穴馬候補については、以下に挙げておきます。

このレースと相性の良い山吹賞組の、ゴールドアクター、ショウナンラグーン。
山吹賞2着、3着馬は、過去20年で、
2着馬:0-0-0-3
3着馬:0-0-0-4
と好走馬が1頭も出ていません。
好走馬のほとんどが1着馬となります。
2年前に前走4着から好走したステラウインドは、
好走馬を出しているゼンノロブロイ産駒でした。
分母は少ないのでそろそろパターンも考えられますし、
ゴールドアクターは前走良い脚を使っていましたが、このデータ上
好走馬が出ていないところから、あえて狙いにいく必要はないかと。

そして展望で挙げた穴馬候補アドミラルシップは、
ゼンノロブロイ産駒、母方の血統と、買える要素はありますが、
枠順として大外は過去好走馬が出ていませんし、
それでも買えると思っていましたが、
レース間隔があきすぎている面も、すこし怖い部分でありますので、
今回はとりあえず見送りたいと思います。

と、この3頭が穴馬の候補だったのですが、
2頭軸の1頭にするのは、少し手が出しづらいと判断しました。

と、今回は、2頭はある程度堅く決まると想定し、
ワールドインパクトとラングレーともに好走してほしいですが、
ここに相手として、マイネルフロストと人気ブログランキングを相手に挙げます。
共に、これまでの大崩れはないですし、
これまで出てきたレースを考えると、ここはメンバーが楽になる部分がありますので、
距離の部分で不安はありますが、能力で何とか乗り切ってくれそうです。

<青葉賞 2014 予想>
軸馬:5ラングレー
対抗:2ワールドインパクト、3マイネルフロスト、F人気ブログランキング
流し:1、4、7、9、12、14、15、16以外

堅く決まると思えないですが、2頭が堅いと想定しました。
それでも山吹賞組の2頭が気になるので、
点数絞って、少しだけ三連単も買ってみようかと考えています。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。