東海Sの回顧です。

<東海S 2014 予想>
軸馬:14ニホンピロアワーズ
相手:15ソリタリーキング、10サトノプリンシパル
穴馬:4ナムラタイタン、◎ダブルスター、でした
流し:1、3、5、6、9、11、13、16番以外

ニホンピロアワーズはやはりここでは力が違いすぎましたね。
直線抜けだすと、他馬を寄せ付けず、そのまま突き離しましたね。
次回は、フェブラリーSに出走でしょうか。
距離が短くなるので、道中忙しくなりますが、
左回りは問題なく回ってきましたね。
相手はかなり強化されると思いますが、次回も注目です。

相手は選んだサトノプリンシパルは、逃げた展開で
3着は確保できるかと思いましたが、最後の最後に
2頭に追いつかれてしまいました。

その突っ込んできた2頭の内1頭が穴馬推奨でしたダブルスターでした。
最後の直線ニホンピロアワーズの後ろで仕掛け、
同じようにとは行きませんが、いい感じであがってきました。
ただ、途中騎手が追うのを軽めたような、やめるような動きに見え
一瞬ですが、スピードが落ちたように感じました。
それが原因ではないでしょうが、惜しくも4着。

もう1頭突っ込んできたマイネルバイカ。
中京1800mでの勝利経験もありましたが、平安Sで負けすぎていたので、
重賞では力が違うかと思い、消しの方に回してしまいました。
こちらも穴にしていればと良かったのですが、その点は見直しが必要でした。

相手と穴馬が2頭掲示板なのは、ツメの甘さが出ているようです。

データは1年しかなかったですが、
前年は前走G1組(JCダートと東京大賞典組)の2頭
3着にオープン組連対馬で決まりました。
終わってみれば、今年も昨年の同様、
前走G1組2頭(JCダートと東京大賞典組)で、1,2着が決まり、
唯一の条件勝利馬が3着の組み合わせ。
やはりデータは少なくても見ていくべきでした。

来年もG1組+オープン好走馬、条件勝利馬は覚えておきたいですね。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。