京成杯のデータ展望です。

本日は穴馬探しです。まずは過去10年、人気別の結果から見ていきます。
<過去10年(2014年~2005年)、好走馬の当日人気>
1着馬 2着馬 3着馬 天候 馬場 出走数
2014 5番人気 1番人気 4番人気 16頭
2013 7番人気 5番人気 9番人気 12頭
2012 2番人気 5番人気 1番人気 16頭
2011 2番人気 8番人気 7番人気 16頭
2010 1番人気 3番人気 2番人気 13頭
2009 2番人気 1番人気 13番人気 13頭
2008 1番人気 12番人気 4番人気 16頭
2007 3番人気 1番人気 9番人気 12頭
2006 1番人気 5番人気 4番人気 稍重 11頭
2005 1番人気 4番人気 6番人気 不良 10頭
※上位5頭の人気馬を色分けしています。

過去10年、上位人気馬だけの決着が5回、下位人気馬の好走があったのが5回と、半々となっています。2年連続で上位人気馬だけで決着したということがないということを考えると、順番的には、今年は下位人気馬の好走が見られる年かも知れないですね。



さて、この10年、6番人気以下から好走した計8頭を見ていきました。数は少ないですが、いくつか注目したい点としては、以下の通り。
・前走芝1800m~2000m組
・近2走以内に上がり3Fタイム4位
・スタミナ色の強い血統
・父サンデー系または母父サンデーサイレンス
・馬番12番よりも内
の5つ。


一つ目は、前走距離
好走馬8頭中6頭が前走芝1800mか2000mに使われていました。残り2頭はダート戦で1700mとなっており、この2頭は共に芝レースの経験がありました。前走から一気の距離延長は下位人気馬にとっては厳しい傾向と考えられますね。


ニつ目は、前走の上がり3Fタイム
好走馬8頭中全馬、前走もしくは前々走で上がり3Fタイム4位以内を出していました。中山芝2000mというのは、スタミナが問われることが多いので、上がりの脚が必ずしも必要ということはないんですが、ある程度の上がりの速さを出せる馬でなければ厳しい傾向となっています。


三つ目、四つ目は、血統
好走馬8頭の血統を見ていくと、グレイソヴリン、ボールドルーラー、ネヴァーベンドといったナスルーラー系、リボー系、そしてリファール系といったスタミナ色の強い血統が目立ちました。

そしてそれに加えて、サンデーサイレンスの血です。
好走馬8頭中7頭は父サンデー系もしくは母父サンデーサイレンスとなっており、該当しなかった1頭は、2005年3着馬コスモオースティン。父オース(Fairy King)×母父コマンダーインチーフ(リファール)。スピード型ノーザンとスタミナ型ノーザンとの組み合わせとなっており、サンデーサイレンスの血は持っていませんでしたが、前走、前々走と同じ舞台であるホープフルSで4着、葉牡丹賞で3着、2戦ともに勝利馬から0.2秒差と、すでにこの舞台での適性を見せていました。


五つ目は、枠順
好走馬8頭全馬、馬番12番より内(馬番1~11番)に入った馬となっていました。馬番11番は好走馬を多く出しているラッキー馬番という印象がありますが、12番以降になると少々厳しい傾向となっています。6番人気以下の好走馬が出ていないということは、逆に言えば、馬番12番~16番からの好走馬は全て当日5番人気以内の馬たちとなりますので、どこまでこのデータが続くかは分かりませんが、一つ目の目安にしたいと考えています。


以上が、この10年、6番人気以下から好走した計8頭の注目点となります。一つ目、二つ目はほとんどの馬がクリアしてきそうな点となりますので、やはり中心は血統面と枠ではないかと考えています。枠順は明日決定となりますが、今回挙げた点、その他の点から現時点で注目したいのが…
D人気ブログランキング(※バルビエールでした。)

ザイディックメア


D人気ブログランキング(※ナスノセイカンでした。)
の3頭。

マイナスな面もあるんですが、特に父の血統面から気になる3頭となります。当日人気になるであろう有力馬たちの方が魅力を感じてるんですが、あとは枠順次第と前日傾向からもう少し悩んでみたいと思います。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。