専ら軸馬 穴馬 2021 データ 血統 予想

【2021 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

カテゴリ: 2020 重賞 予想

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

東京大賞典(2020)の予想です。

有馬記念、ホープフルステークスとJRAのGⅠレースは終わってしまいましたが、まだ年内のGⅠレースはひとつ残っています。東京大賞典です。

今年は3連覇の偉業がかかるオメガパフュームが抜けた人気。この1年ほどはクリソベリルにしか負けていませんし、そのライバルはいませんので、ここは人気通りの走りを期待できるとみています。

堅い傾向にあるレースですが、昨年よりかは紛れがありそうなメンバーに映りますので、少しだけ参加したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

有馬記念(2020)の予想です。

土曜日のメイン、ホープフルSは2:02.8。また同舞台で行われた12RグレイトフルSは2:37.4での決着。両レースともに過去と比較しても、かなり時計のかかった結果となりました。

例年以上に時計も上がりもかかる馬場となっていますので、今年はこのタフな馬場が追い風になりそうな馬たちを評価して各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

阪神カップ(2020)の予想です。

前走マイルCSで2着に好走したインディチャンプが抜けた1番人気。
距離はベストではないでしょうし、1着は怪しいと思うデータもあったので、疑ってみようとも考えましたが、昨年圧勝したグランアレグリアと同等の力があるとなれば、4着以下に崩れるイメージは全く持てなかったので、ひねらずにここから入りたいと思います。

相手にはこの舞台では外せないと思う実績馬と、ここで好走がなければもう買わないと気になっている穴馬を置いて勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ホープフルステークス(2020)の予想です。

昨年、一昨年は当日1、2、3番人気が馬券内を独占する堅い決着。GⅡ時を含め、重賞昇格となった2014年以降の過去6年は比較的人気馬が堅実な傾向にあります。

今年も人気どころで素質を感じる馬を順当に評価しつつ、穴馬を1頭絡めた形で予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

朝日杯フューチュリティステークス(2020)の予想です。

土曜日の芝レースは基本的に内めをロスなく立ち回った馬が多く活躍していたと思います。
先週からBコースに替わり、内めの馬場がきれいな状態もあってか、まだ内が伸びる馬場に映りました。

今年は絶対逃げたい馬というのが見当たらず、昨年ようなハイペースにはならないとみています。距離不安がある馬もチラホラといるので、2、3年前ような前半はゆったり流れるペースを想定して、好位で立ち回そうな馬、また上がり勝負になった時に対応できそう馬を評価して各馬選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ターコイズステークス(2020)の予想です。

重賞に昇格されてから今年で6年目。昨年のように人気馬同士で決まった年もあれば、初年度は二桁人気馬が上位を占める大波乱の結果と、両極端で難解なレースといった印象を持っています。

傾向が読みづらいということもあってか、どこからでも入っていけそうな割れたオッズとなっていますね。

現在1番人気のスマイルカナを筆頭に、今年は先行馬がまずまず揃った印象。ただ、ガンガン飛ばして逃げたい馬はいないと思うので、先行争いはそこまで激しくならないと考えました。
前半の方がペースは速くなるとみていますが、ハイペースというよりかはミドルペースを想定しました。中団よりも前で競馬ができそうな馬たちを評価しつつ、各馬選んでいきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ