京都金杯のデータ展望です。

前回は、血統面を見ていきました。注目していたニジンスキー内包馬は11頭から→6頭に絞り込まれましたね。十分な数ですし、ここから今年も好走馬を期待したいと思います。

本日は、開幕週ということで枠の優劣を見ていきます。以下は過去10年の枠別成績となります。
1枠:4-1-0-15
2枠:1-1-1-17
3枠:1-3-1-15
4枠:2-3-2-13
5枠:1-1-3-15
6枠:1-0-0-18
7枠:0-0-2-18
8枠:0-1-1-18

以上のように、圧倒的に外枠不利となっています。

本日決まった枠順は以下の通り。
1枠1番:エキストラエンド
1枠2番:マイネルメリエンダ
2枠3番:ショウナンワダチ
2枠4番:ウインフルブルーム
3枠5番:シェルビー
3枠6番:メイショウヤタロウ
4枠7番:フルーキー
4枠8番:グランデッツァ
5枠9番:アクションスター
5枠10番:ダノンヨーヨー
6枠11番:ブレイズアトレイル
6枠12番:レッドデイヴィス
7枠13番:コアレスドラード
7枠14番:シャイニーホーク
7枠15番:ニシノビークイック
8枠16番:アズマシャトル
8枠17番:ホウライアキコ
8枠18番:ミッキーラブソング

気になっていた馬が数頭6~8枠に入ってしまいました。。。この枠順では推奨することは厳しくなりましたね。昨年の有馬記念でも同じようなことを挙げましたが、外枠(6枠~8枠)から2頭の好走馬が出たことは、この京都金杯がマイル戦に変わった2000年以降、1度もありません

つまり、好走馬があっても1頭のみという傾向となっていますので、この傾向が今年も引き継いでくれれば…

①1枠~5枠の馬たちのみで決着
②1枠~5枠から2頭、6~8枠から1頭で決着

この二通りのどちらかで決まるということになります。

今年6~8枠に入った馬たちから1頭の好走馬が出る可能性があったとしても、あえて6枠以降の馬を推奨する気には私はなれないですね(  ̄っ ̄)

もし単系(単勝、馬単、3連単)を買うということがあれば、以下の可能性があるかなと思っています。それは…
・6枠から勝利馬
・7枠から3着馬
・8枠から3着馬

の3つです。

マイル戦へと変わった2000年まで遡っても、6枠からの好走馬は勝利しか取っていませんし、7枠からの好走馬は3着しか取っていません。8枠こそ1~3着まで万遍なく好走馬を出していますが、連対馬に関しては当日人気馬のみとなっていますので、今年8枠に入った3頭は来ても3着までかと。昨年もどこかのレースで同じような傾向といいますか、枠の偏りが見られましたので、あまり単系を買わない私が言うのは無責任ではありますが、もし外枠にどうしても買いたい馬がいる場合は、こういった買い方で、点数少なめに勝負してみるのも一つではないでしょうか。


最後に、これまでの流れも加味した上で、好枠を引いたのではないかと感じたのは…
E人気ブログランキング(※フルーキーでした。)

E人気ブログランキング(※グランデッツァでした。)
の2頭。

人気になるとは思いますが、過去の結果、流れを考えると必ずどちらか1頭は、2着までは入ってきてくれるだろうと考えている軸馬候補となります。

新参者ですが、応援の方、
よろしくお願い致します。