専ら軸馬 穴馬 2022 データ 血統 予想

【2022 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

安田記念(2022)のデータ分析です。

本日は、出走があれば必ず馬券になっている複勝率50.0%の連続好走データについて取り上げたいと思います。

まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は鳴尾記念(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アドマイヤジャスタ牡656.0kg
カイザーバローズ牡456.0kg川田
キングオブドラゴン牡556.0kg岩田望
ギベオン牡756.0kg西村淳
サンアップルトン牡656.0kg柴田善
サンレイポケット牡756.0kg鮫島駿
ショウナンバルディ牡656.0kg坂井
ジェラルディーナ牝454.0kg福永
パトリック牡656.0kg松山
ホウオウエクレール牡556.0kg
ヤシャマル牡556.0kg松田
ヴェルトライゼンデ牡556.0kgD.レーン

以上12頭が登録。
フルゲート18頭立てで、全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は安田記念(2022)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
イルーシヴパンサー牡458.0kg田辺
エアロロノア牡558.0kg
カテドラル牡658.0kg戸崎圭
カフェファラオ牡558.0kg福永
カラテ牡658.0kg菅原明
サリオス牡558.0kgD.レーン
シュネルマイスター牡458.0kgC.ルメール
ジャスティンカフェ牡458.0kg横山典
セリフォス牡354.0kg藤岡佑
ソウルラッシュ牡458.0kg浜中
ソングライン牝456.0kg池添
タイムトゥヘヴン牡458.0kg大野
ダイアトニック牡758.0kg岩田康
ダノンザキッド牡458.0kg川田
ナランフレグ牡658.0kg丸田
ファインルージュ牝456.0kg
ホウオウアマゾン牡458.0kg坂井
レシステンシア牝556.0kg横山武
ロータスランド牝556.0kgM.デムーロ
ワールドウインズセ558.0kg田中勝
ヴァンドギャルド牡658.0kg岩田望

以上21頭が登録。
フルゲート18頭立てで、
タイムトゥヘヴン
ジャスティンカフェ
ワールドウインズ

の3頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

目黒記念(2022)の予想です。

<馬場想定>
日本ダービーの予想記事でも書いた通り、東京はCコース替わりでしたが、土曜日は完全に内・先行有利な馬場には映りませんでした。2、3着に差し馬の活躍が目立っていたと思います。
比較的ロスなく立ち回った馬がプラスに働くとみて考えていきました。

<展開予想>
これといった逃げ馬不在のメンバー。どの馬が逃げても、前半はゆったりと流れていきそう。スローペースを想定しました。
最終コーナー、残り800mあたりから徐々にペースアップし、スローからの上がり勝負になるとみて予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

日本ダービー(2022)の予想です。

<馬場想定>
東京は今週からCコース替わり。土曜日はどれくらい内が有利になるのか気になっていましたが、前めにつけた馬が勝利することは多かったものの、前が止まらないという馬場には映りませんでした。2、3着には差し馬が飛んでくる、そんな馬場に映りました。
内が完全有利とは言えないものの、比較的ロスなく立ち回った馬がプラスに働くとみて考えていきました。

<展開予想>
皐月賞の前哨戦を逃げて勝利したビーアストニッシドデシエルトのどちらかがハナを主張するとみています。
ともに皐月賞は控える競馬を選択しましたが、結果的にあまり持ち味を活かしきれなかったと思うので、今回は強気に出ていくとみています。
ただ、どちらもガンガン飛ばしては逃げたい馬ではないと思うので、平均ペースくらいを想定しました。
明日になって馬場傾向が内有利に変わる可能性はありますが、土曜日の傾向からは差し馬にも十分チャンスはあるみて予想していきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

葵ステークス(2022)の予想です。

<馬場想定>
先週の結果からは先行馬の前残りもあれば外差しも届く、展開を重視したいフラットな馬場に映りました。
Aコースを使われたから今週で最終週。ガラッと変わることはないとみて、同様の馬場で考えていきました。

<展開予想>
逃げ馬・先行馬・多数いますので、どの馬が逃げてもそれなりに先行争いは激しくなりそう。前半からペースは上がっていくとみてハイペースを想定しました。
中団~好位で脚を溜めた馬が活躍するとみて、各馬選んでいきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ