専ら軸馬 穴馬 2020 データ 血統 予想

【2020 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ジャパンカップ(2020)のデータ分析です。

本日は、予想を組み立てていく上で重視したい、10年連続好走データについて取り上げたいと思います。

昨年取り上げたデータと合わせて、2つの好走条件を見ていきます。

※データは、過去10年分です。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は京都2歳ステークス(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
グラティトゥー牡255.0kg松山
グロリアムンディ牡255.0kg福永
シャークスポット牡255.0kg
タガノカイ牡255.0kg
ダノンドリーマー牡255.0kg岩田望
テリオスルイ牡255.0kg菱田
バスラットレオン牡255.0kg坂井
ビップランバン牡255.0kg
マカオンドール牡255.0kg岩田康
ラーゴム牡255.0kg武豊
ワンダフルタウン牡255.0kg和田竜
※騎手は想定です。

以上11頭が登録。全頭出走可能となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は京阪杯(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アンヴァル牝554.0kg酒井
カレンモエ牝454.0kg松若
クライムメジャー牡656.0kg鮫島駿
シヴァージ牡556.0kg藤岡佑
ジョーアラビカ牡656.0kg
ジョーカナチャン牝554.0kg菱田
ジョイフル牡656.0kg川又
タイセイアベニール牡556.0kg石橋脩
トゥラヴェスーラ牡556.0kg丸山
ビリーバー牝554.0kg杉原
フィアーノロマーノ牡657.0kg吉田隼
プリディカメント牝554.0kg藤岡康
プリモシーン牝556.0kg北村宏
メイショウカズヒメ牝654.0kg西村淳
ラブカンプー牝556.0kg斎藤新
リバティハイツ牝555.0kg団野
レッドアンシェル牡657.0kg
ロードアクア牡456.0kg田中健
ロードマイウェイ牡457.0kg
※騎手は想定です。

以上19頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
クライムメジャー
プリディカメント
メイショウカズヒメ

の3頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はジャパンカップ(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アーモンドアイ牝555.0kgルメール
ウェイトゥパリス牡757.0kgMデムー
カレンブーケドール牝455.0kg津村
キセキ牡657.0kg浜中
クレッシェンドラヴ牡657.0kg内田博
グローリーヴェイズ牡557.0kg川田
コントレイル牡355.0kg福永
サートゥルナーリア牡457.0kg池添
デアリングタクト牝353.0kg松山
トーラスジェミニ牡457.0kg
パフォーマプロミス牡857.0kg岩田望
マカヒキ牡757.0kg三浦
ミッキースワロー牡657.0kg戸崎圭
ユーキャンスマイル牡557.0kg岩田康
ヨシオ牡757.0kg
ラヴズオンリーユー牝455.0kg
ワールドプレミア牡457.0kg武豊
※騎手は想定です。

以上17頭が登録。全頭出走可能となります。

本日23日時点で、サートゥルナーリアが回避を発表しています。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

東京スポーツ杯2歳ステークス(2020)の予想です。

土・日と東京の芝レースは直線で内をあけるレースが目立っていました。ペースによっては先行有利も、外差しもしっかりと効く馬場になってきたとみています。

このレースはスローからの瞬発力勝負になりやすい傾向。少頭数、前走逃げた馬はタイトルホルダー1頭のみということで、今年も同様の流れになるとみて、後半にしっかりと脚を使える馬を中心に狙っていきたいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

マイルチャンピオンシップGⅠ(2020)の予想です。

本日10R瀬戸内海特別(2勝クラス・芝1400m)は1:21.1で決着。これは先週同舞台・同クラスとほぼ変わらない時計となりますので、今週も引き続き、時計の出やすい馬場とみてよさそう。
また馬場はまだまだきれいな状態で、外も伸びますが、内もしっかりと伸びていたので、やや内が有利な馬場に映りました。

次に展開面ですが、レースを引っ張っていくのはレシステンシアとみています。枠も良いですし、逃げてこそ強い馬なので、軽快に飛ばしてくれそう。また他にも先行馬は揃っているので、前半は34秒前後、ハイペースを想定しました。

時計勝負に対応できる、またハイペースを味方につけれそうな馬たちを評価して選んでいきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ