専ら軸馬 穴馬 2021 データ 血統 予想

【2021 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

マーメイドステークス(2021)のデータ分析です。

本日は、出走が2頭以上となれば必ず馬券になっており、過去10年で7勝を上げている複勝率42.3%の好走データについて見ていきたいと思います。

まず過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

ユニコーンステークス(2021)のデータ分析です。

本日は、過去10年中8年で馬券になっている複勝率46.2%の好走データについて取り上げたいと思います。

まず過去の該当馬たちを挙げていきます。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はマーメイドステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
アカイイト牝452.0kg松山
アッシェンプッテル牝554.0kg太宰
アブレイズ牝456.0kg浜中
アンドラステ牝555.0kg岩田望
イズジョーノキセキ牝452.0kg西村淳
イルマタル牝550.0kg酒井
カセドラルベル牝554.0kg和田竜
キングスタイル牝450.0kg
クラヴェル牝451.0kg横山典
サンクテュエール牝455.0kg川田
シャドウディーヴァ牝555.0kg福永
シャムロックヒル牝450.0kg藤懸
シャレード牝451.0kg斎藤新
ソフトフルート牝454.0kg横山和
パッシングスルー牝554.0kg荻野極
フィリアプーラ牝554.0kg菊沢
ペプチドフシチョウ牝549.0kg
ホウオウエミーズ牝450.0kg丸田
ミスニューヨーク牝453.0kg加藤
ミスマンマミーア牝655.0kg岩田康
ムジカ牝452.0kg秋山真
レッドベルディエス牝553.0kg
ロータスランド牝452.0kg藤岡康

以上23頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
アカイイト
イズジョーノキセキ
イルマタル
キングスタイル
クラヴェル
シャレード
ホウオウエミーズ
ロータスランド

の8頭が抽選対象(3頭/8頭)。

ムジカ
ペプチドフシチョウ

の2頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日はユニコーンステークス(2021)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。

馬名性齢負担
重量
騎手
イグナイター牡356.0kg
オセアダイナスティ牡356.0kg
カレンロマチェンコ牡356.0kg松若
クリーンスレイト牡356.0kg田辺
ケイアイロベージセ356.0kg三浦
ゲンパチフォルツァ牡356.0kg木幡巧
サンライズウルス牡356.0kg藤井勘
サヴァ牡356.0kg石川
スマッシャー牡356.0kg坂井
ティアップリオン牡356.0kg
ピンクカメハメハ牡356.0kg
ブラックアーメット牡356.0kg津村
プロバーティオ牡356.0kgMデムーロ
ラペルーズ牡356.0kgC.ルメール
ルーチェドーロ牡356.0kg戸崎圭
ルコルセール牡356.0kg
レディバグ牝354.0kg
ローウェル牡356.0kg団野
ヴィゴーレ牡356.0kg丸山

以上19頭が登録。

フルゲート16頭立てで、
レディバグ
オセアダイナスティ
ルコルセール

の3頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

エプソムカップ(2021)の予想です。

土曜日は良でスタート。先週と変わらず上がりの速い馬場でしたが、時計面は少し落ち着いたと思います。
また内を開けるレースが多く見られたので、脚質面から操縦性の乏しい馬は割引きたいと考えています。

先行馬がまずまず揃ったと思いますので、ペースとしては平均かやや前半が速い流れになると想定しました。
馬場傾向を含め、差し馬が活躍する展開になるとみて、好位や中団あたりで競馬ができそうな馬たちを中心に選んでいきました。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

函館スプリントステークス(2021)の予想です。

土曜日のメイン、同舞台で行われた大倉山特別は1:08.6の好時計で決着。他のレースでレコードが出たりと、開幕週らしい時計の出る馬場となっていました。明日もお天気は変わらずなので、良い時計が出そうですね。

また開幕週なので内が完全有利とみていましたが、外から差してくる馬もまずまず活躍があり、フラットな印象を受けました。
先行馬が揃っているので、ペースは速くなるでしょうから、差し馬にも警戒しつつ、各馬選んでいきました。

カテゴリー

↑このページのトップヘ