専ら軸馬 穴馬 2020 データ 血統 予想

【2020 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:2020

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は目黒記念(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アイスバブル牡555.0kg津村
アドマイヤアルバセ553.0kg吉田豊
アフリカンゴールドセ555.0kg福永
ウラヌスチャーム牝554.0kg松山
オセアグレイト牡455.0kgルメール
キングオブコージ牡454.0kg横山典
ゴールドギア牡553.0kg三浦
サトノクロニクル牡656.0kg武藤
サンレイポケット牡552.0kg
ステイフーリッシュ牡557.5kg坂井
タイセイトレイル牡555.0kgMデムーロ
チェスナットコート牡654.0kg
トラストケンシン牡553.0kg
ニシノデイジー牡456.0kg田辺
ノーブルマーズ牡756.0kg高倉
バラックパリンカ牡454.0kg和田
パリンジェネシスセ654.0kg
ヒシゲッコウ牡452.0kg石橋脩
ベイビーステップ牡652.0kg
ボスジラ牡454.0kg武豊
ポポカテペトル牡655.0kg北村友
ミスマンマミーア牝552.0kg
ミュゼエイリアンセ854.0kg
ミライヘノツバサ牡756.0kg木幡巧
メートルダール牡756.0kg浜中
※騎手は想定です。

以上25頭が登録。

フルゲート18頭立てで、

ポポカテペトル
アドマイヤアルバ
チェスナットコート
サンレイポケット
ヒシゲッコウ
ベイビーステップ
トラストケンシン

の7頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

本日は日本ダービー(2020)のデータ分析です。

まずは出走予定馬から挙げていきます。

馬名性齢負担
重量
騎手
アルジャンナ牡357.0kg浜中
ウインカーネリアン牡357.0kg田辺
エヒト牡357.0kg
ガロアクリーク牡357.0kg川田
キメラヴェリテ牡357.0kg横山和
コルテジア牡357.0kg松山
コントレイル牡357.0kg福永
サトノインプレッサ牡357.0kg坂井
サトノフラッグ牡357.0kg武豊
サリオス牡357.0kgレーン
ダーリントンホール牡357.0kgMデムーロ
ダノンファラオ牡357.0kg
ディープボンド牡357.0kg和田
ビターエンダー牡357.0kg津村
ブラックホール牡357.0kg石川
ブラックマジック牡357.0kg
マイラプソディ牡357.0kg横山典
マンオブスピリット牡357.0kg北村友
メイショウボサツ牡357.0kg吉田豊
レクセランス牡357.0kg石橋脩
ワーケア牡357.0kgルメール
ヴァルコス牡357.0kg三浦
ヴェルトライゼンデ牡357.0kg池添
※騎手は想定です。

以上25頭が登録。

フルゲート18頭立てで、

キメラヴェリテ
ダノンファラオ
ブラックマジック
メイショウボサツ
エヒト

の5頭が除外対象となります。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

オークス(2020)の予想です。

土曜日のメインレース、メイステークスは1:44.3の好時計で決着。他の芝レースもそうでしたが、先週に引き続いて、高速馬場となっています。

ペースが上がれば、差しも効いていましたが、それでもまだ内がやや有利に映りましたので、馬場を重視した上で、予想をしていきました。

当初は無敗の桜花賞馬デアリングタクトの2冠目を期待して、軸馬にと考えていたんですが、週中あたりから気になる馬たちがチラホラと出てきたので、その中から軸馬を選んで勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

平安ステークス(2020)の予想です。

今年はGⅠを複数勝利しているオメガパフュームゴールドドリームが参戦。GⅢとは思えないくらい好メンバーが揃ってくれました。

実績から考えれば、この2頭を順当に評価したいところはあるものの、ここは帝王賞への向けた叩き台でしょうし、GⅢ戦となるので斤量もそれなりに背負うことになります。このメンバーで崩れるイメージは持てないですが、今回は"実績"よりも"勢い"重視というところで、データの後押しもある、あの上がり馬を中心に勝負したいと思います。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

オークス(2020)のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。

馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去10年 枠別成績
成績
(1着-2着-3着-着外)
勝率 連対率 複勝率
11デゼル牝355.0kgD.レーン1-2-3-145.0%15.0%30.0%
2クラヴァシュドール牝355.0kgM.デムーロ
23アブレイズ牝355.0kg藤井勘一郎3-0-1-1416.7%16.7%22.2%
4デアリングタクト牝355.0kg松山弘平
35ホウオウピースフル牝355.0kg内田博幸0-0-2-180.0%0.0%10.0%
6リアアメリア牝355.0kg川田将雅
47ウインマイティー牝355.0kg和田竜二0-0-0-200.0%0.0%0.0%
8スマイルカナ牝355.0kg柴田大知
59インターミッション牝355.0kg石川裕紀人2-3-0-1510.0%25.0%25.0%
10ミヤマザクラ牝355.0kg武豊
611リリーピュアハート牝355.0kg福永祐一0-0-1-190.0%0.0%5.0%
12マジックキャッスル牝355.0kg浜中俊
713ウーマンズハート牝355.0kg藤岡康太3-3-1-2310.0%20.0%23.3%
14フィオリキアリ牝355.0kg田中勝春
15チェーンオブラブ牝355.0kg石橋脩
816ウインマリリン牝355.0kg横山典弘2-1-2-256.7%10.0%16.7%
17マルターズディオサ牝355.0kg田辺裕信
18サンクテュエール牝355.0kgC.ルメール

枠順、出走馬、斤量、騎手に加え、過去10年の枠別成績を挙げています。

当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

オークス(2020)のデータ分析です。

本日は、今年も継続してほしいと期待している、10年連続好走データについて見ていきたいと思います。

数は多くなりますが、まずは過去の該当馬たちを挙げていきます。

カテゴリー

↑このページのトップヘ