専ら軸馬 穴馬 2018 データ 血統 予想

【2018 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率150%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:2018

中京記念の予想です

今年は気になる馬が多数いたので、どの馬を軸馬にするか非常に悩みましたが、オッズとの兼ね合いから狙いがい十分だと思う1頭が見つかりましたので、穴馬から中心に波乱を期待する形で勝負したいと思います。

函館2歳ステークスの予想です。

今年は前回のデータ分析で取り上げた、前走同舞台組をそのまま評価。該当馬の中から中心となる馬を選んでいきました。

これまでの傾向通りとなってくれれば、該当馬の中から2頭以上の好走馬が出てきてくれるのではないかと期待しています。ではまず軸馬から。

中京記念のデータ分析です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 性齢 斤量 騎手 過去6年
(中京競馬場改装後)
枠別成績
連対率 複勝率
1 1 スマートオーディン 牡5 57.5 松山 1-1-0-10 16.7% 16.7%
2 ロワアブソリュー 牡5 54.0 北村友
2 3 ブラックムーン 牡6 57.5 1-0-0-11
8.3% 8.3%
4 リライアブルエース 牡5 54.0 戸崎圭
3 5 フロンティア 牡3 53.0 福永 1-1-1-9 16.7% 25.0%
6 コウエイタケル 牡7 54.0 鮫島駿
4 7 アメリカズカップ 牡4 57.0 松若 0-1-1-10 8.3% 16.7%
8 マイネルアウラート 牡7 55.0 国分優
5 9 ダイメイフジ 牝4 56.0 酒井 0-0-2-10 0.0% 16.7%
10 ガリバルディ 牡7 57.0 和田
6 11 ワントゥワン 牝5 52.0 Mデムーロ
0-1-1-10 8.3% 16.7%
12 ロジクライ 牡5 56.0 浜中
7 13 ウインガニオン 牡6 57.5 津村 1-1-0-10 16.7% 16.7%
14 ミエノサクシード 牝5 53.0 川島
8 15 ムーンクレスト 牡6 55.0 松田 2-1-1-8 25.0% 33.3%
16 グレーターロンドン 牡6 56.5 田辺

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去6年(中京競馬場改装後)の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。

中京記念のデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アメリカズカップ 牡457.0松若
ウインガニオン 牡657.5津村
ガリバルディ 牡757.0和田
グレーターロンドン 牡656.5田辺
コウエイタケル 牡754.0鮫島駿
ジョーストリクトリ 牡456.0高倉
スマートオーディン 牡557.5松山
タイセイサミット 牡556.0秋山
ダイメイフジ 牡456.0酒井
フロンティア 牡353.0福永
ブラックムーン 牡657.5
マイネルアウラート 牡755.0国分優
ミエノサクシード 牝553.0川島
ムーンクレスト 牡655.0松田
リライアブルエース 牡554.0戸崎圭
ロジクライ 牡556.0浜中
ロワアブソリュー 牡554.0北村友
ワンダープチュック 牡453.0
ワントゥワン 牝552.0Mデムーロ
※騎手は想定となります。

以上19頭が登録。

フルゲート16頭立てで…
ジョーストリクトリ
タイセイサミット
ワンダープチュック

の3頭が除外対象となります。

函館2歳ステークスのデータ分析です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アスターペガサス 牡254.0小崎
イチゴミルフィーユ 牝254.0伊藤
エムティアン 牝254.0三浦
カルリーノ 牡254.0藤岡佑
ガイセン 牡254.0藤岡康
ジゴロ 牡254.0
スズカカナロア 牡254.0池添
トーセンオパール 牝254.0勝浦
ナンヨーイザヨイ 牡254.0岩田
ニヴィアン 牝254.0吉田隼
ヒストリコ 牝254.0横山武
ホールドユアハンド 牡254.0ルメール
ラブミーファイン 牝254.0池添
ラブミーリッキー 牝254.0松岡
ラブリロンリロンス 牡254.0菱田
レコードチェイサー 牝254.0阿部龍
ロードワンダー 牡254.0
※騎手は想定となります。

以上17頭が登録。

函館記念の予想です。

土曜日の函館芝は、先行馬や内目を通った馬が多く活躍しており、まだ内の状態は良さそうな印象を受けました。明日は雨が降るか降らないか微妙な降水確率となっていますので、全然雨が降らなければ前日の馬場傾向がある程度引き継がれるのではないかと想定しています。

またヤマカツライデンが回避したことにより先行争いも落ち着きそうで、ハイペースになることはなくなったとみていますので、馬場の恩恵を受けられるであろう好位に取り付けそうな馬を狙っていきたいと思います。
カテゴリー
ブログランキング

↑このページのトップヘ