専ら軸馬・穴馬 2017 データ 血統 予想

【2017 競馬 重賞レース予想】重賞レースの軸馬、穴馬を発表します。予想は過去のデータを元に、血統面・サイン・法則を参考にしています。軸馬と穴馬から馬券を組み立て、回収率160%以上を目指します!新参者ですが、よろしくお願いします。

タグ:2017

函館記念のデータ展望です。

本日は、ここから穴馬が出てきてほしいなと淡い期待を持っている"連対率50.0%の好走データ"について取り上げたいと思います。

※データは2009年札幌開催を除く、過去10年分です。

函館記念のデータ展望です。

まずは出走予定馬から。
馬名性齢負担
重量
騎手
アングライフェン
牡555.0
カムフィー
牡854.0勝浦
ケイティープライド
牡752.0
サクラアンプルール
牡656.0蛯名
サトノアレス
牡354.0
ジョルジュサンク
牡453.0
スーパームーン
牡855.0
ステイインシアトル
牡657.0
タマモベストプレイ
牡756.5吉田隼
ダンツプリウス
牡456.0丸山
ツクバアズマオー
牡657.0吉田豊
トウシンモンステラ
牡753.0
ナリタハリケーン
牡854.0
パリカラノテガミ
牡653.0
マイネルミラノ
牡758.0丹内
ヤマカツライデン
牡555.0
ルミナスウォリアー
牡655.0
レッドソロモン
牡556.0
※騎手は想定となります。

以上、18頭が登録。

フルゲート16頭立てで、トウシンモンステラ、ジョルジュサンクの2頭が除外対象。

七夕賞の予想です。

今年は該当馬が最も多い6歳馬に注目してみました。そんな6歳馬の中で、ここが機能してほしいと考えている好走データの該当馬を中心に勝負したいと思います。

※以下で挙げていくデータは過去10年分(2011年中山開催を除く)です。

プロキオンステークスの予想です。

エイシンバッケンが回避となったことも影響し、現在1番人気はカフジテイク。これまでの走り、G1での実績を考えれば、当然評価が必要な1頭ではあるんですが、遠征帰りという臨戦過程、追込脚質というところで、エイシンバッケンほど信頼度が高い馬ではないと考えていましたので、代わりにするのは少しコワイというところで、馬券には残しつつも、ここを避けた馬たちから組んで勝負したいと思います。

七夕賞のデータ展望です。

出走馬と枠順が確定しました。
馬番 馬名 騎手 過去10年
枠別成績
連対率 複勝率
1 1 パドルウィール 牡6 石橋 脩 1-1-1-14 11.8% 17.6%
2 2 スズカデヴィアス 牡6 横山 典弘 2-2-0-14 22.2% 22.2%
3 3 フェルメッツァ 牡6 秋山 真一郎 1-1-0-16 11.1% 11.1%
4 4 フェイマスエンド 牡6 石川 裕紀人 2-2-4-10 22.2% 44.4%
5 5 バーディーイーグル 牡7 吉田 豊 1-1-3-13 11.1% 27.8%
6
ヴォージュ 牡4 内田 博幸
6 7 タツゴウゲキ 牡5 北村 宏司 1-2-1-14 16.7% 22.2%
8 ゼーヴィント 牡4 戸崎 圭太
7 9 マルターズアポジー 牡5 武士沢 友治 1-0-1-16
5.6% 11.1%
10 ウインインスパイア 牡6 木幡 巧也
8 11 マイネルフロスト 牡6 柴田 大知 0-0-0-18 0.0% 0.0%
12 ソールインパクト 牡5 大野 拓弥

枠順、出走馬、騎手に加えて、過去10年(2011年中山開催を除く)の枠別成績(連対率、複勝率)を記載しています。

プロキオンステークスのデータ展望です。

本日は、中京競馬場改装後の過去5年の中で、各年の好走馬が最低1頭は持ち合わせている、ある共通点について取り上げたいと思います。

まずは各年の該当馬たちを挙げていきます。
うまコラボ
カテゴリー
タグクラウド
ブログランキング

↑このページのトップヘ